地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年05月25日

大手門 八重桜2017


濠とビルと間にバスと。

誰かに必要とされないからといって、理由は大体の場合自身にあるはずですから、
それを嘆いたところで慰めてくれる人など居ないと考えるべきでしょう。
構ってくれる人がいたとしたら、むしろその人にとってのその行為のメリットを穿つべきかと。

とはいいつつも、こうやってブログを公開するということは、
この写真に誰か価値を見出してくれたらいいのに、という願望があることは否定できません。
それが少数派であることは自覚したうえで。



桜を撮って褒めてもらうのに最も必要なことは、
高価な機材でもカメラの腕でもなく、晴天に恵まれる運、もしくはその場に向かう情熱。
ということは、桜のシーズンずっと雨ということも稀でしょうから、
時間をどれだけやりくりできるかというマネジメント能力が求められています。
そういうのは、ちゃんと桜が撮影できるようになってから偉そうに述べてもらいたものです。



文章はその時の気分を投影しますので、書いているときのBGMは大事です。
本日は関取花さんの歌と共にブログを書いておりますので、
いつもより僻み多めでお送りします。
https://www.youtube.com/watch?v=mLwUpCJrEPM



で、書くことがなくなりました。



もてたい、やせたい、恋をしてみたい、すこしチヤホヤされてみたい。



なぜ私は、桜とバスを見ると、心が躍るのでしょうか。



食いしん坊ですが、食べてみたことはありません、どちらも。



父がこうやって常に夢見がちであること、息子たちはどういう気持ちで眺めているのでしょう。
自らの経験より、子が親を好きで居続けることに幻想を抱いてはいないので、
合理的に相互依存が継続できれば、それで充分です。とりあえず、自分に言い聞かす。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)福岡均一区間

2017年05月25日

別府四丁目 弓の馬場


別府四丁目。



建て替わる商店街




病院とマンションに侵食されて、バス停までの部分だけが最後に残ります。
でも屋根は撤去されちゃいましたけどね。



交差点は弓の馬場、以前はバス停も弓の馬場だった記録があります。リアルタイムには知りません。



郊外向けバス停は、別府5丁目。これは行政区分が道路で区切られるので仕方のないことです。
バスが通るような大きな道なら、だいたい道路の両側は別の丁目。



だから、このバス停においては、都心向けが、



4丁目なんですよね、という証拠を探そうとしても、通り沿いバス停近くには見つからず。



脇道に入って見つけました。
中村大学の前まで、ずっと別府四丁目のようです。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 10:57Comments(0)福岡青

2017年05月24日

中村大学前の表記ブレ


別府四丁目



境界感。



中村大学前、都心向けはCOLLEGE



これが大学。



そして郊外向けは、ローマ字表記。



バス停表記がブレた場合、頼りになるのは信号(笑)。中村大学交差点は、ひとつ東。
じゃあそこまで検証しに行けよ、というのは野暮ですからね、ご自身でどうぞ、興味があるなら。



近代的都市。



だからといって、統一してほしいわけではなく、
むしろこの旧来の行先表示を、あと何年も放置していただきたいのです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 18:01Comments(0)福岡均一区間