地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年10月19日

阿佐ヶ谷駅前


都営バスと京王バスの渋谷駅前行き「渋66」。



バス停名称を見ても地名に馴染みが無いので、駅を基準にしてだいたいの位置関係を推測します。



12分スパンならまあ待てるかなぁと思います。ぶらっとやって来ても。



で、駅。



阿佐ヶ谷駅。杉並区?



すぎ丸に浜田山から乗って、起きたら阿佐ヶ谷駅でした。



途中経路は素晴らしいらしいので、誰かご紹介ください。



こちら都営バス。



浜田山駅ゆきバスのりば。ポンチョなのは狭い道対応だからのはずです。



ナンバリング、阿佐ヶ谷駅がゼロ。そして出発するすぎ丸。



北側に移動。関東バス午前中だけの偏り。



次に乗りたい路線は荻窪駅からの出発なので、



とりあえず関東バスに乗ります。

  続きを読む
タグ :阿佐ヶ谷駅


Posted by ちょんびん at 23:58Comments(1)

2017年10月18日

福岡市最東端の西鉄バス停:今里


JR南福岡駅から、「43」の福岡方面に乗りまして、



「今里」。いちど大野城市に出てからまた福岡市に戻ってきて最初のバス停なので、
福岡市内限定の一日乗車券も使えます。



福岡空港方面は40分に1本ほど、そして月隈小学校通学用の月隈行き。さらに撮影してるオッサンの影。



金の隈三丁目、表記には「の」が入ります。



バス停のすぐそばに境界線ありそう。



近くに設置された住宅地図で確認。



大野城市側まで、この距離感です。

で、このバス停、福工大前駅とか土井とかあっちの方より東にありまして、福岡市最東端のようです。
ちなみに西鉄バスに限定しないと、JRバスの「筑前蒲田」がいちばん東。
わたくしの肌感覚とはまったく一致しませんな。地図見ても福岡市域の傾きに違和感あります。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 22:55Comments(0)福岡緑

2017年10月18日

自家用車で生月島に行ったのは初めてです

一部桟橋(生月バスターミナル)→「御崎」→御崎 現金350円
御崎→「一部桟橋」→一部桟橋 現金350円

御崎線の写真を撮りに行ったのですが、
最初の便で期待通りの撮れ高があったので、2便目に課金乗車。

雨が降ってきたので昼で生月島撤収。

平戸桟橋→「梅崎経由薄香循環平戸営業所」→薄香経由平戸新町 現金310円
平戸新町→「平戸口駅」→平戸口駅 現金290円
平戸口駅→「平戸桟橋」→平戸桟橋 現金290円

帰り道、平戸口桟橋から日向峠を越えて金武まで信号待ち無しという奇跡に遭遇。

夜はブログのセミナーに。偶然小中の同級生が隣に。


  


Posted by ちょんびん at 22:19Comments(0)行程表西肥バス