地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年02月16日

西鉄バス停コラボチョコを語る#2


今回の西鉄バス停コラボチョコの中で、最もツッコミどころが少ないのが、恐らく宗像エリア。

■水産高校前←津屋崎千軒・なごみ入口→津屋崎浜
■宮司団地前←宮地嶽神社前→戸井手
■井牟田←神湊波止場→神湊西口
■神湊入口←道の駅むなかた→牟田尻
■荒開←宗像大社前→福田

初詣の定番神社がふたつと、津屋崎千軒と道の駅と、波止場。
地元密着のバス停を考えるのではなく、ある意味来店誘導みたいなもの。
でも地元の人が買うにしても、東とか大石下よりは、
宮地嶽神社とか宗像大社のほうがランドマーク的でよいのでしょうな。

特に隣接バス停に選択肢があるわけではないです。
分岐点にあるバス停が多いと、隣接バス停にどれを選択するか、という話になるのですが、
津屋崎千軒にしても宗像大社にしても、普通の一路線上のバス停なので。

このバス停表示、全部今から都心に向けて出る(帰る?)方向ですよね。
気になるのは、それくらい。

  


Posted by ちょんびん at 15:15Comments(0)宗像

2016年06月23日

西鉄新宮駅前


あまり終着駅のイメージもない、西鉄新宮駅。
ここから宮地岳線の津屋崎駅までが廃止になった日の晩、線路が剥されるのを見ていましたが、
もうあれから何年経ったのやら。

検索すれば正解はすぐ出てくる世の中ですが、解決を求めているのではなく、
あくまで感慨に浸っているだけだとご理解ください。



現在は区間便もなく、貝塚と西鉄新宮の往復です。



この先に続いていた線路をぶった切っているので、簡易のフェンスがあって道路があって、
行き止まり感も少なめ。



もともと線路が続いていた場所を使って、バスの発着所。



バス停2本。



西鉄バスの西鉄新宮駅前と、



新宮町コミュニティバスマリンクス、こちらも西鉄新宮駅。



宮地岳線の代替として、津屋崎橋と西鉄新宮駅を結んでいるわけですが、
福間あたりから都心に出るならJRなり26Aなりで足りるような気がして、
敢えてここから西鉄バスと西鉄電車を乗り継いだって、
結局貝塚でまた乗換だしなぁ、と中途半端感が拭えないのです。

西鉄電車がJR筑肥線のように西新あたりまで直通すると、また印象が違いますかね



路線図。



マリンクスの方が、町内の各地とJRの駅と西鉄の駅と相浦への港と、
一通りの主要個所を効率よく回っている感じで、渋滞さえなければもっと便利なのに。



山らいず線と相らんど線、導入以降何度となく、読みづらいことこの上ないとネタにしてきましたが、
貫けばもうそんなもんだと人口に膾炙するのかもしれません。
これだけ長い間同じ名前でいれば、もう帰る必要もないかな、という気分です。



広い待機場ですが、全てが埋まる時間帯があるのでしょうか。



津屋崎橋が終点ですが、経由地の津屋崎千軒が強調されるようになりました。
街興しの成功例だと思いますので、ぜひ皆さん注目してください。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)宗像

2016年06月21日

トリアスレストランモール前


久山のトリアス内を走る巡回バス。いまだに幕車。ちとくたびれがち。



金武エリアの廃止に関して、よく見てるのに記録してない場所、
なくなったら惜しいと感じそうな場所を考えたら、ここが出てきました、失礼。



コストコは長いこと会員やってまして、月に1度くらいは来ます。
そこでトリアス巡回のバスは頻繁に見ていますが、あんまり撮ってませんでした。

福岡都市圏でも、まだまだ奥は深いです。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(2)宗像

2016年05月25日

津屋崎小学校前にスーパー大栄


津屋崎小学校から勝浦浜方面にバス停と屋根。
小学生が通学にバスを使っているのかどうか。



津屋崎小学校前、光陽台六丁目行きと、光陽台六丁目行き。



同じ行先やん!というツッコミに対して、時刻表が答えを提示する感じ。
津屋崎橋まで複乗して、宮司団地経由で福間駅に行くのが1-1、日中は1-2。



土日の朝一に神湊波止場行きがあるのは、折り返しへの送り込みでしょうか。
道の駅むなかた経由の便も、1日1本ずつ。



バス停の後ろに、おなじみの路線図



残念ながら、メインは色褪せてしまって、読み取れないのですが、



福間駅では消えてしまった、折尾までの20番の路線図が、一部残存。



そういう、消えていくものを記憶に留めるのが目的ならば、これも残しておくべきでしょうか。
スーパー大栄。ダイエーが消え、大栄も。



箱崎から月見町への通りの途中にあった店は、学生時代に使ってました。
そういえば1年、筥松に住んでたんですよね。郷口町のバス停も撮っておきたかったです。
長く生きるということは、いろんなことを記憶の片隅に押しやるってことですね。
今回は当記事内にリンクもいくつか貼りましたが、書いたこと覚えてないことないこと(笑)。
それでもまだ、路線図がここ以外にどこにあったはずとか、
あやふやにでも記憶しているのは、ブログを書いている効果だと思います。

バスヲタの皆さま、備忘録に訪問記を書きましょう。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)宗像

2016年05月23日

奴山公民館前


ふくつミニバスの、奴山公民館前。



バス停の脇にあるのが公民館で、



奥に集落、という形で話を進めたかったのですが、このあと雨が激しくなり、
周辺の写真を撮らぬままに、ここを離れてしまいました。
奴山、生家、大石、在自と、高台の中腹を辿る昔からの道を、現在はふくつミニバスが走っています。

この区間にバス路線が引いてある、昭和40年前後の地図を持っているのですが、
西鉄の年史を見てもほかに情報がありません。
実はまさかの国鉄バスでした、なんてことはないと思うのですが。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 02:02Comments(0)宗像