地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年11月10日

日赤看護大学


記事掲載の意図があったり本の原稿依頼されたりという必然性があるとき以外は、
だいたい引きこもりの人見知りなので外に出たくはないのです。

バスに乗るのは楽しみでもありますがコストがかかることでもあるので、
写真が大量に整理できず残っている昨今は時間がある日こそ優先してブログ書くべきでは、
という気持ちも心の片隅に置きつつ、殆どのケースでふらふらと彷徨に出かけます。

外に出ればああ西鉄香椎のロータリー部分に未乗があるなとか、
ここ日赤看護大学は終点なのに記事掲載していないなとか、何らかの発見は起こるのですが。



降車扱いを始めつつ幕回しも行われていたので、日赤看護大学の幕は諦め、
深夜バスのタイミングを狙って、リズム感のなさを露呈する結果に。



何か仕様がちょっと違う日赤看護大学。



天神行くのと赤間生野と、どっちも微妙に経路の違いがありまして、



と路線図からすれば時刻表が4枠になって然るべきなのですけれども、
イオン福津を通らない朝の時間帯に天神行きがないゆえ、天神行きは1系統のみ。

赤間駅南口行きは、広陵台団地方面に迂回するものと直行するものとの違い。



バス停。



エントランス棟。正式な名前は存じ上げず、いま私が命名しました。



トイレをお借りしましたら、こんなコーションが。まあ女子多いでしょうからね。
ここは男子トイレですけどね。

でも偶然学祭が行われておりまして、ちょっと内部にお邪魔しましたが、
思ったよりオトコが多いのでした。あとボルシチがおいしかったです。
食品関係がおしなべて単価低めだったのが嬉しい限り。焼きそばとトン汁もいただきました。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)宗像

2017年06月27日

赤間営業所構内進入


赤間営業所に進入して、トイレ休憩と方向転換。
構内に入ったことはないので、バス車内からいろいろと眺めます。



まあ、バスしか居ないですけど。



見分けもついていませんから、有難みの格差もわかりませんし。



バスのりばが遠いです。



バスの後ろに、



バス停も。

廃止路線復活祭#4も、以上で終わりです。さて次は何を載せましょうかね。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)宗像

2017年06月05日

東郷駅東口


東郷駅入口撮ってないよなーと思いつつ、東郷駅東口



鐘崎からの東郷駅行きは停まるのに、神湊からの東郷駅行きは停まらないってのも、
交差点の形が変わった経緯を知らない人が増えれば、混乱の元なのでしょう。



とはいえ26Aも、東郷まで行かないものが増えまして、定時性も心許ないですし、
天神から乗り継いで神湊へ、ってのはオススメしてよいものかどうか。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 18:47Comments(0)宗像

2017年06月02日

大島ターミナルとグランシマール時刻表


神湊と宗像大島の高速船。



大島に到着したフェリー。



下船して、乗ってきた船を振り返るの巻。



グランシマールの時刻表は、こういう感じになっております。1日6便。

各バス停の風景などは、こちらからどうぞ
  


Posted by ちょんびん at 18:28Comments(0)宗像

2017年05月21日

波津海水浴場前


高台の切り通しを抜けて、バスがやってきます。



波津海水浴場。



1時間に1本。



バス停の向こうに海。



錆びているのは、海風のせいでしょうか。



海水浴場は空の上に、というわけではないようですが、
この角度に反応している時点で、目を引くという案内表示の目的は達成しています。
トラックにでもぶつかられたのか、という印象を与えますけどね。

ウチの子たち、もう中学生になりますが、たぶん海で泳いだことがありません。
当方はアトピー持ちのため、海水浴は肌に良いとやらで、
小学生時代はよく生の松原まで通っておりました。




  

Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)宗像