地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年10月23日

星和公民館前(小学校跡)


樹。



坂。



三叉路



星和小学校前→星和公民館前



鳥居。



隣が星和終点で、すぐ折返し。



以前のバス路線。



廃止前は、こっちから。

■星和公民館前2015
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1917287.html



星和待機。



街へ。

■星和2015
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1917288.html

もう、産交バスは来ません。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)産交バス

2018年10月22日

満願寺


川とカーブ、バスが出てくる瞬間が勝負、とイメージトレーニング。



川沿いに登るバス、少し中央に寄せて、とイメージトレーニング。



平日3往復、土日祝2往復。2017年9月30日で廃止。



満願寺。温泉の佳きところ。



たぶんこれが満願寺。



リエッセⅡ



だいたイメージ通り。



以前は、この右側の道もバス通りでした。



  続きを読む


Posted by ちょんびん at 19:20Comments(0)産交バス

2018年10月12日

岳の湯2017

■岳の湯前回(2011年)
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e746858.html



湯気。



熱い石。座ると火傷するかもしれませんが、それを囲うのが安全対策なのか。
遊んではいけないと言われている池に落ちて死ぬのは、自己責任じゃだめなんですかねぇ。



バス通りと湯気



バス派とおらないですが、通してみたい。



転回場の後ろからも。地球が活動していることを感じる、などと大きく構えてみて、



でも追いかけてるのはバス停。



岳の湯。



夕方にチェックインして、翌朝に出発できないこともないのですよ。



微妙に10分の時刻変動は、通学関連か、ゆうステーションでの乗り継ぎか。



スクールバスを別便で走らせるなら、他の人も載せればいいのに、
とまあ法律や安全面やいろいろありますけどいちおう書いておきます。



噴気使用料金。



どこかしこ白いのに、バスとの絡め方がわかりません。



リエッセⅡ



道端で待機します。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)産交バス

2018年10月11日

戸井の口


茂みのトンネル。



この道路自体も国道です。この規格でも。



戸井の口。



麻生釣への玖珠観光がなくなりまして、産交が岳の湯まで。



29年10月のダイヤ改正前写真が、まだ処理できていない当方ブログ。



はげのゆ、漢字難しいですね。



現在地。



峠越え。



たぶん戸井の口は樋(とい)の口。



どこに水を運んでいるのか。



宮原線の遺構も。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)産交バス

2018年10月04日

中原南小国


牛の脇リエッセ。



産交バスでは非常に珍しいと思っている、フェンス貼りバス停。道幅の都合ですかね。



中原。



廃止前、最後のダイヤです。

■中原の以前
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e746864.html



西鉄さんが10月には大規模改正を行わないことが多いので、
例年9月は各県の田舎道で、彼岸花を愛でていることが多いように思います。

■上中原公民館前
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1319280.html


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)産交バス