地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年04月20日

西鉄バス北九州エリア完乗への障壁

※参考:福岡版はこちら
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1984903.html
福岡版では平日限定とか先にカテゴライズして並べてみましたが、
北九では番号順にすこしコメント入れてみます。

12国立小倉医療センター
南区役所=医療センター間は平日のみ運行
中谷側から来ると若園四丁目=企救中学校前が未乗になるので注意
ただし若園四丁目=企救中学校前は、土日祝も乗れる

24赤坂海岸朝夕
平日および土曜運行
朝は小倉駅=第四、夕方は第一=小倉駅で経路が違い、
かならず2回の乗車が求められて、しかも現地まで/現地からの移動手段がない
非常に難易度が高いというか面倒くさい

28/35サンアクア
平日のみ運行 朝夕で1往復×2系統
朝行って夕方帰るだけの往復だが、
舞ヶ丘から徒歩5分ほどの地点が終点のためアクセスは良好
夕方便もあるので乗りやすいほう

32徳力公団前駅
平日および土曜運行、本数もまばら
同区間は、なかたに号をはじめとする高速バスが頻繁に往来するので、
一般路線バスでという縛りがなければ無視してもよいのではなかろうか

36志井入口
殆ど朝夕だけ ただし日祝もあることはある
2018年版の路線図では往復で毛色が違うことになっているけれど、
実際は同じ道しか通らないので片道でいける

44八幡高校複乗
戸畑→猪倉が平日朝1往復のみ複乗
構内乗り入れをどう扱うかだが、常識的に考えると、校内スクールで足りる気もする
ただ完乗自体が非常識なので、常識的に考えるスタンス自体が間違っているのかも

47吉田団地非経由
平日および土曜朝2本片方向
吉田団地入口→上吉田の、吉田団地に寄らない短絡部分だけが独自区間
こういう場所を解消するために早起きしだすと、
どこかで自分の行為に疑問を抱くことになります

70東本町二丁目経由
日祝日も走るけれども、日祝日の最終便は朝5時台
平日は10本あるのに最終は朝6時56分という偏った片道系統
ただし朝早すぎるので逆に他との乗り継ぎは容易
赤坂海岸とか西小倉駅とか弥生が丘とかいろいろと繋げる

84築地町
ここまで書いてきたら非常に常識的な難乗のような気がしてきた
朝夕のみで日祝日運休だが、黒崎駅から待機時間ほぼ無しで往復できるので、
土曜日の夕方にこれに乗ってから帰ってくるのが、福岡民の正しい作法かも

95西小倉駅
平日朝1本のみ
存在さえ知っていれば見落とすことはないが、
これと何かを同日に扱うのが難しい時間帯に走るのが問題
地元の方なら、出勤前にちょっとだけ寄り道なんてことができるだろうが

99中央卸売市場
殆どが独自区間なので見落とさないし、日曜も走るし、
難乗ではあるが実は簡単に乗れるような気もする
ただ折り返しで市場内を通行するので、乗れないけれど撮影は萌える

132北方→下到津
平日朝2本、土曜1本のみの片側系統
北方ランプ経由は136が消えたため現在はこの132のみ
下到津四丁目への合流部分は111もあるが
どうせ北方ランプを経由しないといけないので、
111は無視して132を狙うのが現実的だろう

138弥生が丘団地内短絡
平日朝1本のみの片側系統らしい
弥生が丘の団地入口=第三を短絡する部分だけ独自区間
小倉南区版の路線図には掲載されていないオマケつき

143山路ランプ
平日および土曜の朝夕のみ運行 八幡南から八幡高校への通学路線
当方が乗った際、割子川おより引野口では満員通過だったので乗車注意
山路ランプの構造からして、道路ベースでの完乗を意識するなら
往復乗らないといかんのではないか、とはハンズマンの言

197大谷ランプ
平日のみ運行、大谷ランプを経由する唯一の一般路線バス系統
いとうづ号でいいじゃん、と当方は思うけど完乗を公言したいがために乗る羽目に

急行南朽網
平日朝7時小倉駅発のみのレア系統
ただし途中の日豊ニュータウン入口までは昭和池入口行きの急行と同じ経路だし、
福岡=行橋の高速バスも同区間を通るので、それで代替できることにしてもよいかも
当方は先に南朽網行きに乗ってしまい、なぜか昭和池入口が最終日まで残った

誤りなどあると思いますが、
ざっくりこんな感じ、と概観するのにお使いいただければ幸いです。

  


Posted by ちょんびん at 16:21Comments(0)北九州

2018年04月12日

北九州完乗への道

仕事終わり→小笹中央公園前→八田西→多々良中央中学校前→大蔵
 ノアさんにミニオンズのチョコエッグ差し入れ→門司港で仮眠
門司5503 東門司一丁目→「70東本町二丁目経由戸畑渡場」→レトロ東本町一丁目
 砂津へ車移動で二度寝
門司5332 砂津→「95西小倉駅経由小倉北区役所前」→小倉北区役所
弥生丘5508 小倉北区役所→「27製鉄総合C」→ソレイユホールムーブ前
中谷5501 ソレイユホールムーブ前→「45岩鼻経由中谷」→中谷
中谷5502 中谷→「6門司駅」→守恒
中谷6222 守恒→「34砂津」→北方一丁目
 北方一丁目~小倉南区役所前
中谷2982 小倉南区役所前→「12中谷」→岩鼻
中谷1191 岩鼻→「45小倉記念病院」→恵里
中谷2914 恵里→「21砂津」→黄金町
 黄金町~三萩野
中谷5502 三萩野→「6中谷」→志井入口
 志井入口~神理教前
中谷9058 神理教前→「36砂津」→小倉駅BC
弥生丘5915 小倉駅BC→「急行昭和池入口」→湯川中学校前
戸畑9896 湯川中学校前→「93戸畑駅」→砂津
八幡9947 砂津→「特快1折尾駅」→黒崎BC
八幡2752 黒崎BC→「84築地町」→築地町
八幡2752 築地町→「84黒崎」→黒崎BC
八幡6010 黒崎BC→「特快1砂津」→八幡駅入口第一
 八幡のちゃんぽんかつ多い
八幡9945 八幡駅入口第一→「特快1砂津」→今度こそ七条
青葉8527 七条→「76八幡東NT第一」→山路ランプ入口
香月9952 山路ランプ入口→「143香月営業所」→引野口
北高8021 黒崎インター引野口→「いとうづ号砂津」→中央二丁目 nimoca320円
小倉9415 中央二丁目→「特快1砂津」→砂津
 上の府太郎丸とか八田とか多々良農協とか原往還とか

  


Posted by ちょんびん at 23:58Comments(0)行程表北九州

2018年03月01日

折尾駅の変化


西鉄便で到着。折尾駅のロータリー。



地上を走るDENCHAの姿も、そのうちレアものになります。
でも今を撮ったものは全ていつか失われるわけで、それはいま珍しいものに限った話ではありません。



北九州市営バスたち。



西工車というのも、そのうち消える運命ですが、それが悲劇かというとそうでもないです。
新しいものが生み出されれば、何かが忘れ去られてゆくのです。



砂津行き、1時間に2本ほど。昼には特快も。これ自体が電車の代替路線です。



西鉄仕様のバス停。



でも折尾駅の構内は、北九州市営バスの方が幅を利かせています。



西鉄の方が闖入者のような空気感。



福岡の西鉄では続々と減っている58MCっちゅうやつですが、北九州はもうちょい生き延びそうです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 18:26Comments(2)北九州北九州市営

2018年02月28日

屋形船車庫


第一屋形船から坂道を歩くとすぐにバス停、そして都市高速道路の高架。



奥のトラックが停まっているすぐ先が交差点なので、第一屋形船も徒歩圏内です。



屋形船車庫。



毎時2本。ほかに八幡駅から第一屋形船を経由して黒崎に行くバスがありますので、
バスが行ったばかりで40分待たねばならないタイミングでは、歩いた方がよいかもしれません。



そして高架沿いにある車庫。



構内にもバス停が立っていますが、乗車はこちらからです。

今年も6分の1終わりましたね。皆さまのおかげで楽しく過ごさせていただいています。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(2)北九州

2018年02月27日

第一屋形船


屋形船地域にバス停が2か所あって、第一第二が地名より先に来るのは北九州仕様。
福岡だと志免の桜丘のように、第一第二が地名の後ろにつくほうが一般的。
特にとちらがいいとかこだわりはありません。



美しい均等ダイヤ、黒崎駅まで日中3本。



イメージ通りの北九州の坂道。



このすぐ先で、車庫と八幡駅方面が分岐します。



3本のうち1本が八幡駅まで行く運用。



鳴水から黒崎駅方面へは、坂を下ります。



そしてこちらが、屋形船車庫へのバス通りです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)北九州