地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年06月16日

木屋瀬宿


木屋瀬宿をまずバスで通り抜けて、当時の雰囲気を味わいます。それからバスを降りて、



川沿いを回送するバスを見送りまして、



木屋瀬宿の好きな場所で、思い思いにカメラを構えます。
バスを降りたところまで徒歩で戻らないといけないので、面倒くさがりは宿場町の出口付近で。



バスと正対。



今回、この木屋瀬宿では、同じ区間をバスが2周するという暴挙(笑)が設定されました。
旧宿場町のポイントは、狭い道幅とクランクと、昔の雰囲気を残す建物だと思いますので、
2回目はすこし1回目より奥に進んで、鯉のぼりの近くで。
当方非常に悪目立ちする体格のため、これより後ろで撮影している人に気をつかいつつ。



最初の乗車通過から数えると、同じ区間を3回進んでいるわけです。運転士さんお疲れさまです。



八幡営業所3113、初回に続いて、八幡営業所の58MCにお世話になりました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)北九州

2017年06月15日

黒崎駅前出発までのイントロもしくはプレリュード


朝早くに、原往還を出発します。
だいたいの場合において、乗るバスが決まっているとギリギリにしかバス停に行きませんので、
地元ほど写真に残らない傾向が出てきます。珍しくひと便見送り。



天神でバスを乗り継いで、教育大前駅まで。つまりは赤間営業所までバス。
福岡体験バスチケットの一日券を使ってますので、
黒崎まで行くにも、なるべくバスで行けるところまではバスを使って節約。

実際問題としては、バスに乗る前後に飲み食いをしたりして散財するので、
普通に天神から高速バスに乗った方が安上がりな結果になることは自明です。
ただしバス乗りとして、「苦しければ苦しいほど尊い」という自己犠牲気質がありまして、
直行する速達系統を使わずに目的地に向かうこと自体が目的になっています。



時間さえあれば、ホリデーアクトパスを利用して、
赤間営業所→直方→黒崎とつなげばさらに費用面での節約が見込めますが、
今回は黒崎にて集合時間の制約がありますので、ここからはJRで向かいます。



黒崎駅前に到着、路地裏に停まるバス。アメリカ国旗の意味が分からないところが秀逸です。
意図がある行為というのは普遍性や再現性があって、それはそれで価値があるのですが、
創造性を求められた場合、筋道を追うだけでは辿り着かない着地点を探す必要があります。
それは演繹的な方法論で為されるとしても、根拠のない直観が大きく寄与するように感じます。



砂津本陣會による、西鉄バス廃止路線完全復活祭、4回目は直方付近を中心に。
前回で、一般車両通行止めのダム底を走るという派手な祭りをやらかしまして、
デイリーポータルZというウエブメディアにも取り上げられる栄誉にも浴して、
次は何かと言う期待のハードルは上がりっぱなしですが、さて、どうなりますでしょうか。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)北九州

2017年04月27日

西鉄黒崎バスセンター


ダイヤ改正前の黒崎バスセンター。



JCHO。



屋形船。載せたことがないですね。



「76」の少なさ。



消えた鶴松団地



市営バス。



電車代替の安定感。
「だいがえ」っていう誤読が世間に認められているようですが、
これだけは「でんしゃだいたい」って正しく呼ばれている気がします。



特快。



「22」の減り方。特に日中。



三萩野に行きたいときは、どうしたらよいですか。



北九州空港まで800円。



北九州から名古屋小牧、毎日2往復。FDA、フジドリームエアラインズ。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 00:02Comments(0)北九州

2017年04月03日

小倉高校下


ぞんざいな小倉高校下。



私の撮影コンセプト自体が、菜園場経由を下到津一丁目から青葉町まで撮って、
そのついでにここに来ていますので、ぞんざいなのはお互いさま。



戸畑方面バス停と資さんうどん。



戸畑にも若松にも黒崎にも。



3月の25日改正で、「70」の小石本村方面、向洋中学校行きが廃止になりました。



58が来たら、とりあえずカメラを向けることにしております。よろしくお願い致します。



元専用道へ向かわないバス停は、ちょっと先。



この違いを説明するために、何らかの簡易地図が欲しいところです。
もと路面電車の専用軌道だった筋と、並行してバス通りがあるという前提知識がないと、
この区間わかりづらいんですよね。多少歩く覚悟があれば、どっち乗ってもいいんでしょうけど。



と、向洋中学校の廃止に言及するつもりが、
「91」と「98」のどっちがどっちかよくわからなくなる話になっています。
「91」は黒崎まで行くけど、「98」は中央二丁目までになったのは理解しているくせに。



小倉方面バス停は、マックスバリュの前。



もと専用道側は工事中です。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)北九州

2017年04月02日

高野 西谷変電所の廃止も含めて


空き地の片隅にバス停。



向かいにジョイフル。



西谷変電所方面の「高野」。



平日3本土曜2本が、最後のダイヤ。



そして、2017年3月25日をもって、廃止となりました。



高野のバス停は4本。全てが交差点を通過した後に停車する方式。



東。



北。



北側は「12」と「45」岩鼻経由。



「21」は北側にあまり関係がないような。恵里で乗り換えますかね(笑)。



それぞれの路線図。



路線バス以外の大型車両は、朝通行止めの時間帯があります。



バス来ました。



北の区間は拡張が終わった場所も多く、ここも用地確保は既に終わっている雰囲気。



中谷で待っていると、長行校経由が過剰供給なくらいやって来る印象がありましたが、
それももう過去のものになっているということでしょうか。

ダイヤ改正において、路線の改廃には注目できるのですが、
「運行本数を変更します」には注目できないことが多いです。
極端な話、100往復が1往復になっても、本数変更なのですがね。



東側が「21」、そして「45」の南片三丁目経由。



「45」をどっちで待つか、悩ましいケースはないのでしょうか。
かといって交差点手前にバス停を設置するとしても、道路が拡がってしまえば、
右折するバスに対応するためには、かなり交差点から離れる必要が生じます。



ですので、こういう感じがそのまま続くのかもしれません。
年に1回来るかどうかの頻度では、何が正しいのかも感じられませんし。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)北九州