地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年03月22日

向洋中学校前


送電線とクレーンと、背景の特殊さは出色。



西鉄と北九州市営の並立の、北西端。



向洋中学校前。



地図をご確認ください。ここより北は海だったはずなのですが、
人間というのはどれだけの土地を生み出せば気が済むのか。



小石本村から第二小石本村に曲がるバスが多いので、
ここから西に向かうのは毎時1本ほどの脇田行きのみ。



向洋中学校は、ちょっと高いところにあって、



その脇に待機場。



さて、折り返し。



アップ。後ろは工業地帯の態。



静かな住宅地に向かって、バスは走り出します。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)北九州

2017年03月22日

小石本村


坂の街。



バス停。



右の用水路が、恐らく元の海岸線。



北九州市営バスの58MC。



北九州市営と西鉄のバス停並立。



小石本村。小倉方面。



平成29年3月25日(土)をもちまして、当バス停は廃止となります。



平日4本、土日祝3本。



市営バス、こっちからは若松営業所行きが多くて、大橋通方面へは反対側のバス停から。



市営バスの定番。



第二小石本村が、市街地方面。



若松区、小石本村町。佐賀県の大町町のようなもの?
廃止告知のバス停名が、小石本「町」と間違っていたのも、この影響かもw



向洋中学校前終点は、隣。



本数は同じ。折り返すだけなので、当然といえば当然。



区役所に若松を付けなくていいのは、元が若松市営だから。



ということで、ここに西鉄バス路線がある風景も、あと1週間。



市営バスは走ってくれますので、感情移入は今一つ。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)北九州

2017年03月21日

青葉町


直進は地下道へ。



バスは一方通行の側道にバス停があって、右折すると青葉車庫。
今回の「95」廃止区間は、下到津一丁目からここまで。



青葉町。



小倉から門司・門司港駅を経て、山手経由で田野浦まで。



最初に掲載した金田三丁目から、沿道風景は全部都市高速の高架下で、
思い入れのある建物も持たないよそ者にとっては、まあ似たようなもの。



下到津ランプも、恐らく下りたことないです。
北九州の都市高速は、福岡市民の割りには走ってるほうだと思いますが、
上に居る時にはあまり、下のバス通りには想いを馳せないもので。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 11:11Comments(0)北九州

2017年03月20日

愛宕神社


バスカット。車両進入用のスロープ。



愛宕神社。



平日訪問では1日1本しかバスが来ないので、さてどこで撮るか、という話になります。
菜園場も愛宕神社も青葉町も、名前としてはなかなか味わいがあると思います。
結果としては経由地として表現されている事実に敬意を表して、菜園場で撮りました。



後ろは神社への参道。



愛宕神社、小倉北区役所。



大量のドングリ。



写真では表現できませんが、公園の向こうには線路がありまして、電車が走るの見えます。



交差点は、右折車がこちらに向かうようで、横断歩道で待つの怖いです。
さすがにトラックには勝てないと思います。試してみる気もありません。



交差点の名前は、ここが菜園場です。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)北九州

2017年03月18日

2017年3月25日ダイヤ改正 「95」下到津一丁目廃止


下到津一丁目の「95」門司方面。



門司方面からここへのバス、平日は朝10時過ぎ。
早起きするのが面倒になって、8時過ぎてから自宅を出発し、
ここに到着したのは10時半前後だったので、ここ始発の便をどこで撮ろうか、
菜園場か、下到津一丁目か、と考えつつ、



すぐ南の道路は、ひっきりなしにバスが通過していきますし、
交差点の向こうには電車代替色の「1」も見えますので、その辺撮って雰囲気だけ伝えようかと、




思っていたら、20分以上遅れて、1日1本の「95」が到着しました。
交差点をこっちに曲がってきた時点で、「あれ?回送便もここ走るのか?」
といらんことを推測してしまったせいで、カメラを向けるのが遅れました。
本当は、もうすこし手前にバスが居る状態で、後ろの交差点の雰囲気も写し込みたかったです。

まあでも、本来は会えるはずのないバスに出会えましたので、基本的には幸運。
運転士さんは大変だったと思います。



青葉車庫まで回送。



平日の折返しは、10時53分。ここで待機するには長いですが、
車庫に行っても休憩する時間は殆どなく、トイレ行ったらすぐ折返し、という感じでしょうね。
おつかれさまです。いつも唐突にカメラ向けて済みません。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)北九州