地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年06月23日

磯光=水町間の狭隘路往復


狭いカーブから顔を出す瞬間のバスが大好きです。
ただしタイミングを図るのは難しいので、カーブミラーを活用しましょう。
車でこの道を走っていて、正面からバスが来たら、心で泣きますけどね。



運転士さんのスキルが高すぎて、あまりにもスムーズに走られるのも考えものです(笑)。
すこし苦労しつつ行き詰った方が、狭隘感は出るのかもしれません。



ということで、水町にて方向転換しまして、



反対方向でまた撮影。今回は撮影ポイントでの走行が、
同じ区間を2周してみたり、こうやって往復してみたり、至れり尽くせりでした。



このあと横道から一般車両が出てくるアクシデント発生(笑)。
そうやって撮影中にカブられることがあるので、貸切で好きなだけ撮影しようというのが、
このツアー発足のきっかけだったはずなのに、どれだけ運が悪いのか。



学校の入口で待機。



廃止路線を辿るために、わざわざ通行許可をいただいております。
ダムの底を走るために県事務所に通ったり、今回は警察と折衝したり、
どんどんスキルアップしている気がします。本業にも役に立つ日が来ますかね。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 18:00Comments(0)筑豊

2017年06月21日

水町バス停 国鉄宮田線廃止代替


路線バスを除くと書いてあることが、路線バスが走っていた証左なのです。



今も地域のバスで使われる待機場に、ちょっとだけお邪魔する貸切バス。



宮若市乗合バスの「水町」。

勝野から筑前宮田までの鉄路が廃止になり、代替バスが設定された際に、
勝野→磯光→筑前宮田という経路が設定できなかったのです、道路網形状の都合で。

そのため、勝野→宮田の途中から分岐する形で磯光方面を別系統とし、
その終点が先の水町にできた、という流れ。



代替バス自体は短命だったのですけれども、今も宮若市役所まではバスで行けます。



宮田のターミナルを発着して、水町の付近は循環線運用です。



午前中に街に出て、午後に戻るのが郊外からの基本。



ゆったりとバスが停まれる空間。



このあとバスは狭隘路を走って、その姿を撮影する時間が設けられるため、待機場から徒歩離脱。



バスが旧宮田線代替区間の水町線を走る姿は、明日の掲載にて。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)筑豊

2017年06月20日

コンビニから河川敷


コンビニ前のバスカットで待機して、お昼ごはんなど調達休憩。



実は先に消えるのはセブンイレブンより58MCよりベスト電器だったりして。



そんな他愛もないことは全て消し去る悩みのない青空。
河川敷に下りてきましたバス。ここで駅弁のかしわめしを食べる贅沢。



向かって左側は川面への斜面になっているため、
仰角の視点で撮影する方々が匍匐しておられました。
シーンBさんの写真も撮ったんですが、掲載は見送りますw



午後からは、宮若でローソンにも寄りました。バスでのコンビニ立ち寄りって、ワクワクします。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 19:19Comments(0)筑豊

2017年06月19日

内ヶ磯


今も西鉄バスがやってくる内ヶ磯なので、ひまひとつの有難み。
ということは、JR九州バスを借り切ったほうがよいということですかね。



この駐車禁止は、国鉄バスの転回場仕様なのだそうです。

ここまでの往復、往きと帰りで別系統の廃止路線を走りました。
少なくとも中原経由は乗ってるはずなのですけど、記憶が曖昧です。



  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)筑豊

2017年06月18日

竜王峡


集会所の駐車場で方向転換。もともとここが終点、竜王峡。



バスを置いて、徒歩で坂を下ります。



ほいで、走ってくるバスを待つのです。



こいのぼりー。
さほど通行量の多い道路ではないはずなのですが、
バスが来たタイミングでちょうどかぶられた方もおられたようです。



集合場所は、もうすこし下。



直方の街並みが見える場所から、またバスに乗り込みます。
こうやってひと月以上過ぎてからなので淡々と文章を書いていますが、
現地ではめっちゃ高いテンションで撮影しております(笑)。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)筑豊