地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年08月22日

元町・市立総合病院前


SSK経由と西小島経由が分岐するので、



系統はたくさんあって、



全容はちっとも把握していないので、



とりあえず掲載だけしておいて、また必要になったら考えます。

この時刻表、時間が経つと、なんやかんやと見たくなることが多いです。
最近、近所のむろみ団地に行ってみたら、「202」の本数がいつの間にか減っていて、
前は1時間に1本くらいあった気がするけど、幻覚?みたいな気分になりましたので。



ということで、



都心方面の西肥バス。



市営も。



バス停は、2本仲よく「元町市立総合病院前」。



特殊車両が好きな人は、これだけ1列に並ぶのは堪えられないのではないですか。



SSKと矢岳町の分岐。
道幅は広いのですが、信号の設定がうまくいっていて、
スムーズにバスが走っていきます。通勤時間帯はどうなんでしょう。



嬉野行きは、ここまで回送してきて、徐に出発していきます。
  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)松浦市営バス西肥バス

2015年08月17日

矢岳町


立体の街。三次元の街。



「矢岳町」。



夜景は、前回撮ったのですが、



今回は、明るい時に。



時刻表。



こちらは市営バス。



坂の街。



高速を通すために、工夫というか無理というか、



限られた土地に人が住もうとすると、こういう形になるのだなぁと、



あまり起伏の激しくない福岡の微高地に住んでいる私は、



見慣れない風景に、過敏に反応します。
  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)松浦市営バス佐世保市営バス

2015年05月18日

鷹島


鋭角に曲がって、細道へ。鷹島の中心部でのヒトコマ。



永く在り続けたものでも、無くなるときは一瞬のうちに。
松浦市営バスの車庫も、今はタクシーの待機場。
昭和バスも含めて、バスが並んでいたときが懐かしく。



「阿翁浦」までの運行を終えて、入野に回送で走るバス。
このヘアピンをバスが走る風景も、なかなか見られなくなってしまいました。
船溜の脇を走るバスはまた、それも麗しいのですけれども。
  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)松浦市営バス

2014年06月07日

鷹島変換

あらためて、松浦市営バスから昭和バスに転換されたバス停を、ご紹介します。



モンゴル村



阿翁浦



阿翁



阿翁入口



日比入口



神崎入口



里入口

ということで、病院前を撮り忘れてます。詰めの甘さ露呈。  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)松浦市営バス

2014年06月06日

阿翁


先回と同じ場所から同じ構図で、今度は昭和バス。



目指す終点は海のそば、阿翁浦



ここは山の中腹の集落、「阿翁」。



狭いところをものともせず、バスは往復します。
  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)松浦市営バス