地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年11月30日

九州本土の秘境バス四天王

あくまで個人的な見解ではありますが、
秘境路線バス」のお話をいただいたとき、ハンズマンさんシーンBさんと検討しまして、
以下の4つで間違いなかろう、ということになりました。

そう言いつつ、秘境の本は2も出まして
じゃあ2に掲載した路線は、以下の4つに劣るのかというと、そうでもなく、
さらに言えば、2が終わっても、まだ紹介したいところは尽きることなく。

まあ、あまり深く突き詰めずに、当方のオススメ、くらいにご理解の上、
ご自身の好きなのはどこなのか、と考える参考にしていただければ、と。
それから、皆様のイチオシも、お知らせいただけると幸いです。



宮崎交通祝子川温泉



熊本バス内大臣入口経由



三州自動車平山小循環



高森町民バス草部南部線

と、何故敢えて改めてこういうことを書くかというと、最近新規IPの訪問が増えておりまして、
長らくお読みくださっている方は、話の流れがわかっても、
突如このブログに来てみて脈絡のない5000本以上の記事を見せられた場合に、
何からツッコミを入れたら(笑)いいのか不明だろう、と思いまして。

まずは、この辺からご覧いただいたうえで、「わからん!」と思われた方は、
ご自身の最寄りバス停や馴染みのあるバス停を検索してみたりとか、
試していただければと存じます。よしなに。
  


Posted by ちょんびん at 21:41Comments(5)産交バス熊本バス宮崎交通三州自動車

2016年05月29日

馬見原仲町馬見原


馬見原、更地。



バス停だけが、ぽつんと。



菅尾経由がなくなって、全てが大野経由に。そして浜町までに。



宮崎県方面。小林までは有名な酷道265号。



街並みの中に、もと宮崎交通のバス停と、山都町のバス停。



山都町は仲町。



朝、高森まで出て、夕方、高森から栗山に戻るだけ。



五ヶ瀬町のコミュニティバスは、宮崎県から熊本県のここ馬見原まで乗り入れます。



こちらのバス停は、馬見原。



そして、馬見原恒例、肉屋に寄り道。



肉のみやべ。



ここの、馬肉を使ったコロッケ、さくらコロッケは、非常にうまいのです。
特産としてイケる、と山都町の方も思ったのか、山都コロッケパンフなるものが、
山都町商工会の手によってつくられていました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)熊本バス

2016年03月16日

熊本交通センター(仮)


ここのところ文字数の多い記事ばかりなので、きょうはざーっと。山鹿から。



取り壊される前の交通センター。



待機整列。そして過剰なまでの誘導員。



高速バスいろいろ。



多色整列。四字熟語みたいでしょ。



百花繚乱、というほど艶やかでも艶やかでもなく。
あでやかでもつややかでも、と読んでくださいw 
おとなげないだいにんき、みたいなもんです。たわごとざれごと、でも同じ。



南関上町直行。LED切れ。



熊本市内路線は、まだ把握していないところが各地にあるのですが、
全てを知ってしまいたくない、という気持ちも多分に。

  続きを読む


2015年12月14日

津久礼


つくれクリニック、とは産科にこそ(違)。



「津久礼」。地名です。



最期の時刻表。



バス停は病院の前。



九州横断バスとか、やまびこ号なんかも走る、国道57号バイパス路線。



郊外型店舗の並ぶ場所でした。
  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(2)熊本バス

2015年10月15日

ダイヤモンドシティクレアイオンモール熊本


クレア。ダイヤモンドシティルクルもそうですけど、
結局のところ現在の正式名称がなんなのか、知りません。
検索すればすぐ判明するのでしょうけど、どうせまた忘れますから、



クレアだったところ、と覚えておけばよいことにします。



熊本バスの幕は、別記事で載せましたが、堂々とクレアのまま。
フィルム幕だけでなく、LEDも。



時刻表の右上を見る限り、イオンモール熊本、ってのが正式ぽいですな。



改正前の時刻表。最終的に何がなくなったのか、全体は把握していませんが、
理解してしまうと哀しくなる恐れがあるので、目を背けておこうと思います。
玉虫行きがなくなったのが、個人的にはとても残念です。
  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)熊本バス