地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年10月14日

城南総合出張所


もとの町役場前にバス停。



「城南総合出張所」。




運転士さんの昼休みを挟んで、毎時1本。熊本市の南区役所を経由して、
国町駐車場、すなわち富合駅のすぐそばまで行きますので、JRとの接続も可能。



しかしながら、まったく利用がなかったのか、運転士さんも客を乗せる想定すらなく、
定刻より遅れ気味にやってきて、一時停止すらせずに出発していくのでした。
  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)熊本バス

2015年10月13日

城南営業所再訪。


熊本バスの「城南営業所」再訪。



同じものを同じ向きから撮って、ある日突然、何かが変わります。



熊本市内中心部へ、バス出発。



のりば。



9月30日で、大きく改編がおこなわれました。



特に、こっち方向。



郊外向け。



山崎、宇土、上郷、松橋方面。



天神方面が廃止となりました。



廃止前時刻表。



南区役所に行けなくなります、と思っていたら、
今も朝いち便は東木原経由のようで、



それは残ります。



下安見も、1日1本が現状維持。



城南の乗合タクシー、みどり号。



高公民館前行き。



JASは日本エアシステム。その前はTDA東亜国内航空。
平成生まれには、わかりますまい。



奥には、




22ナンバーの幕車。



車庫も、けっこう年代物ですよね。
  続きを読む


Posted by ちょんびん at 19:03Comments(0)熊本バス

2015年10月12日

天神


広い田圃の中を走る熊本バス、9月末での廃止区間。後ろには金峰山。



バス停は、旧集落に入ったら、祠の脇。



「天神」。バスターミナルはありません。



都心から川尻を経由して城南へ。朝夕へ一往復。
あとは平日に、城南総合出張所と南区役所を結ぶ便が日中に。



すべての系統が、9月30日をもって廃止されました。



中央線はないですが、車通りはそこそこ。



夕陽を背にして。



バスが走る姿は、もうすこし追いかけてみたかったな、と思うのですが、
縁の薄い熊本バス。この区間の廃止を把握したのが9月下旬だったので、
撮れただけでもよかったのかな、とも。
  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)熊本バス

2015年10月12日

国町駐車場


熊本バスの「国町駐車場」。9月末で廃止。



平日だけで、区役所に通う人が使うかなー、と期待したのだと思います。



産交バスも、「国町駐車場」。



宇土から松橋方面の路線も、過剰と判断されたのか、



こう、なりました。



国町始発の分も含めて、交通センターまでの方は、



まあ、そこそこ。



リエッセは、宇土三角を結んでるやつですかね、回送。



待機。



バス停、もうすでに産交だけになってるのでしょう。



最後に、産交の2色と、



熊本バスを、



一緒に撮れんかな、と期待したのですが、遅れてやってきて、
駐車場に停まることもなく、転回だけして着発。
  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)熊本バス

2015年10月03日

熊本交通センター最終日2:熊本バス


高速バスの最終便を見送って、22時台の後半から、
だんだん各社局の最終便が出発していきます。

あしたからも同じように続く日常であると思えば、なんということはないですが、
消える系統に想いを馳せれば、受ける印象も違ってきます。
コンテンツとコンテクスト、どっちを重視するか、という話。




路線図をひととおり残しておいた人を発見したので、自分は好きなとこだけ。



馬見原までの直行便が、なくなるのが一番大きな事件でしょうか。
路線として消えるわけではないので、それよりは城南~川尻とかのほうが、
利便性では大きく影響するのかもしれませんが。
もしくは、誰も大きな影響を受けない程度の利用しかないから、消えたのか。




当日最終便は、いつもと変わらず、笑顔に見える模様。南18城南行き。



まずは、熊本バスの見送りが完了です。
  


Posted by ちょんびん at 19:55Comments(0)熊本バス