地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年07月21日

稲佐橋


目覚町から立山に上って、今度は下って「稲佐橋」。
立体的な長崎の街を満喫しております。



進行方向後ろ、交差点を右折しようとしている長崎バスが、
次に乗る予定だった「4西城山経由下大橋」w。
暑いし、バス停がどのあたりにあるかも知らないので、
走って追いかける気力もなく、次のにします。

時刻はすでに午後3時を過ぎ、もう帰ってもいいかなというテンション。
計画時点では、1日をなるべく有効活用して、
できる限り多くの路線を体験したいと考えるわけですが、
当日はかならず午後に精神的な中だるみが生じますね。



橋の袂から見える、山の上にビルが建っているところ、
あの辺が、ついさっきまでいた立山です。
八幡駅前に下りてきて、帆柱登山口を眺めるような気分だと思ってくださいw



稲佐山の麓側に、九州号の営業所を発見。



立神方面の道。立神から神の島、この日は結局いけませんでしたので、
ひっきりなしにやってくるバス、どんなところに行くのか興味だけが残りました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2011年07月18日

目覚町


ココウォーク茂里町から、



ひとつ東の通りへ。



県営バスと長崎バスの共同バス停、目覚町。
写真奥の分岐から、斜面側に狭い道を進むのが、立山方面。
これから乗る方向です。



長崎市は坂道が多いので、自転車はあまり活用できず、
バイク保有者が圧倒的に多い、てな知識は持っていますが、
実際に2軒並びのバイクショップなんか見ると、ほほう、と思います。  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)長崎バス

2011年07月18日

大橋


長崎の中心部?ここはもう北部になるんですかね?交通の要衝「大橋」。







南と長崎の中心地を貫く国道206号線と、



東、これから乗る江平方面のバス通り、



西側、ここは路面電車が専用路盤の区間です。
路面電車とJRの踏切を渡ると、野球場があります。
訪問日はちょうど夏の甲子園大会予選が始まった日で、
周辺に制服の高校生がたくさん見られました。
男子高校生の黒い集団は、見るだけでも暑いですw



大橋は交差点の北側に架かる橋。
河原には親水公園が設けられています。



東側の大橋バス停は、江平中学校経由の中央橋方面。
浦上天主堂から江平中学校までの複乗区間は、
斜面、道幅、住宅の密集具合、転回場、バス頻度と、
長崎市街のバス乗りの醍醐味を存分に味わえると思います。

とはいえ、普通に長崎の中心部に向かうには、遠回りになりますので、
近距離の特定区間移動以外には、乗る人も少なそうなバス停です。

ここで待っていたら、地元の人らしきおばちゃんが歩いてきて、
「ここのバス停はよく利用なさるの?」と聞いてきました。
正直に「初めてです」と答えたのですが、「そう」と肯いて、
可哀想な人を見るような一瞥を残して、国道側に去っていきました。
あとから考えると、中心部に行きたいのに、大通りのバス停を知らず、
間違えて遠回りのバス停で待っている奴に見られたのかもしれませんw

説明しても、すぐには理解してもらえませんからね、この趣味。  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2011年07月17日

虹が丘


千々、茂木、飯香の浦と郊外路線を楽しんだあと、
ココウォーク茂里町からは西町経由で「虹が丘」。

途中、ここにまっすぐ道を敷くかね、という高低差のあるところを経由し、
住宅密集の狭いところを抜けて、隘路好きとしては満足。



終点は、なんでここなの?という場所。
西町界隈の住宅地と長崎の中心部を繋げば、需要的には充足していて、
あとは長崎工業高校付近で転回できる場所を探したら、
ここだった、ってことのように感じられます。
もしかしたら、この先急に住宅が途切れるのかもしれませんが。



折り返し行程なので、来たバスに乗って帰るのだろうと思っていたら、
乗ってきたバスは回送でどこかに帰り、別のバスがやってきました。
狭い西町経由でも、日中15分間隔でバスが走る長崎、
車両の運用がすこしわかると、さらに面白みが増すのでしょう。  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(2)長崎バス

2011年07月17日

ココウォーク茂里町


飯香の浦から山越えで、戻ってきたのは「ココウォーク茂里町」。
鄙びた海のそばの集落から、長崎市の中心部へ、
僅か40分ほどの移動ですが、車窓風景は変化に富んでいます。



浦上駅のそば、路面電車とJRの線路に挟まれた狭い平地に、



観覧車が建物の上部に設置された、
珍しい複合商業施設です。



長崎バス系列の施設のため、1階にはバスターミナル併設。



5階には観覧車の乗り場があるのですが、



なんとこの5階にも、長崎バスが乗り入れていますw
中華街からここココウォークへの、片道路線ですww



長崎は坂の町なので、観覧車の頂点より両側の丘の住宅が上にあります。
そういう景色を楽しむものなんでしょうけど、
あんまり高い感じを受けないので、お金を払って乗る価値があるのかどうか。  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス