地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年11月30日

九州本土の秘境バス四天王

あくまで個人的な見解ではありますが、
秘境路線バス」のお話をいただいたとき、ハンズマンさんシーンBさんと検討しまして、
以下の4つで間違いなかろう、ということになりました。

そう言いつつ、秘境の本は2も出まして
じゃあ2に掲載した路線は、以下の4つに劣るのかというと、そうでもなく、
さらに言えば、2が終わっても、まだ紹介したいところは尽きることなく。

まあ、あまり深く突き詰めずに、当方のオススメ、くらいにご理解の上、
ご自身の好きなのはどこなのか、と考える参考にしていただければ、と。
それから、皆様のイチオシも、お知らせいただけると幸いです。



宮崎交通祝子川温泉



熊本バス内大臣入口経由



三州自動車平山小循環



高森町民バス草部南部線

と、何故敢えて改めてこういうことを書くかというと、最近新規IPの訪問が増えておりまして、
長らくお読みくださっている方は、話の流れがわかっても、
突如このブログに来てみて脈絡のない5000本以上の記事を見せられた場合に、
何からツッコミを入れたら(笑)いいのか不明だろう、と思いまして。

まずは、この辺からご覧いただいたうえで、「わからん!」と思われた方は、
ご自身の最寄りバス停や馴染みのあるバス停を検索してみたりとか、
試していただければと存じます。よしなに。
  


Posted by ちょんびん at 21:41Comments(5)産交バス熊本バス宮崎交通三州自動車

2016年09月12日

村所駅昼


朝は始発が走り出す前に、撮影ポイントを探して村所を離れたので、
ちゃんとバスが「走っている」風景を。



村所から、西米良温泉ゆたーとまで昼便は行くので、商店街の中を抜けます。



そして、川向こうの斜面中腹を、逆方向に。



村所驛における、小便の上手な仕方。
指定されたとおりに係の方に報告したら、苦笑されそうなのでやめました。



宮崎交通名物、すみません回送中です。



西都からの乗り継ぎ。



カリコボーズの駅。



村所駅、あくまで駅なのが、国鉄バスの名残。



村所線の時刻表。



そして、西都行きも。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(2)宮崎交通

2016年09月11日

村所駅朝


西米良で車中泊。



朝イチの幸せ、待機するバス。



村所から西都。



ヒト・ものハコぶエコロジーバス。ヤマト運輸と宮崎交通のコラボレーション。



昼の便は、川向こうの中腹、この写真の奥を走って、西米良温泉ゆたーとまで2便いきます。



屋根の下で待機するのが、この日の第一便。



隣は西米良村営バス。



湯前線は、熊本県まで。



宮崎交通バス停、村所。



西米良村営バスは、村所驛。
もともと国鉄バスの路線でしたので、ここもバスターミナルではなく、自動車駅という扱いでした。



バスが向かう方面。



道の駅。



人の姿もなく、静かに。



商店街。



ノンステップバス。



理容フレンド。



スナックあつみ、来来ラーメン。



今坂商店。



1日4往復です。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)宮崎交通

2016年07月15日

鳥ノ巣


向こう岸が、東米良診療所前。



湖面のゴミを集める船。



宮崎交通、鳥ノ巣バス停。



待合室かなー、と思ったら、



住宅跡のようで、トイレや押入も。



橋。バスが走ってくるのが望ましいのは理解しておりますが、
一日4往復では、撮影もままならず。そういいつつ、当日中に福岡に戻るのがしんどいので、
午後便は無視して、昼過ぎには村所から離れているのですが。

そのくせ、古屋敷から柳原には行っています。



診療所側から撮った方が、画になるように感じたもので。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)宮崎交通

2016年07月14日

越野尾


ダム湖をまっすぐな橋で渡るバス。



橋の袂にバス停。



西米良の村営バス。横のスペースが待機場所。



バス停は、JR九州バス時代のものが再利用されています。



吐の谷まで三往復。土日祝は、朝出て昼に戻る選択肢のみ。



で、分岐する道はこんな感じなので、吐の谷ってどの辺まで行ってんだ、と検索してみても、
現在は小川車庫で折り返しているんですよね。



そんな小川まで8キロ。けっこう香ばしい道を走ります。



国道の方は、郵便局とか、そこそこの集落。東側には越野尾校前バス停もあります。
すでに小学校は2005年に廃校になっているようですが。



バス停が、微妙に動いた跡。こうやって数十年後には、自分の家の前まで移動するのです(違)。



越野尾。こちらがちゃんとしたバス停、といえますかね。



これも恐らくは、JR九州バスの転用。



バス路線を表現したいのか、ただの道案内なのか、微妙なところ。



で、吐の谷行きの本数が3本から5本に増えるわけですが、
あまりに近接した時間に2本あり、その2本の時間がどちらも9分違いであることから、
先にどっか寄り道した吐の谷行きが、戻ってくる時間も記載されていると考えるのが妥当です。
そういうしょうもない解析能力は備わってきます。
コミュニティバス、大体の場合において、地元民以外を乗せる気がありません。



宮交のバス停も、どこに行くのかは当然知っている想定で、
ただ西都と村所を繋いでいるだけ。



バス停の待合は、非常によい雰囲気です。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)宮崎交通