地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年11月26日

久留米高校前駅


高校前踏切を渡って、



バス通りから少し入って、



久留米高校前駅。
久留米高校が先にあって、駅があとから。その真ん中がバス停。

もし駅が先だったら、バス停は「久留米高校前駅前」になるのでしょうか。
高校が後だったとしても「久留米川南駅前高校」にならないのは、高校としての矜持でしょうか。
では駅は矜持よりも利便性を重視して、気軽に駅前が名乗れるのでしょうか。
書いている本人も何が伝えないのか分かりませんので、深く考えてはいけません。



運休中の多い時刻表。



光岡から日田までの間が、鉄橋流されてまして走りません。撤去促されてはいません。

日田花月川流失



代替バスも含めての時刻表。



路線図を描き換えなくてよいのは、運賃は鉄道と同条件だからです。



必要最小限の設備。



留まれないロータリーは正しいですか。



駅前にこのスペースは必要なんですかねぇ。ラッシュ時には来たくないので、永遠に検証はできません。



列車が来るまで踏切で待機して、



満足です。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)

2017年11月08日

新西鉄香椎


ロータリーがあたらしくなったので、西鉄香椎へ。



バスの駐車スペースが3台。



香椎浜と金武。



にしてつストアと隣接。



バス停2本。



日本語と外国語。



基本は香椎浜方面の折返しか。3号線沿いに行きたい場合は、
西鉄電車に乗れなのか、西鉄香椎駅前まで歩けなのか、それとも需要がないのか。



都市高速経由もないわけで。でもここから「29」に乗って博多駅に行くよりは、
JRの香椎駅まで歩いて、香椎線から長者原乗り換えで博多駅に行った方がまたマシな気が。

私はむしろ和白まで貝塚線に乗ったあとJRに乗り換えたりするタイプなので、
みなさまあまり真に受けない方がよいと本人も思うわけですが。



バスに戻りましょう。



「29」が先に出発。鹿児島本線に乗れば博多駅前で先回り待ち伏せできるはず。しませんけどね。



ロータリーをでて西側の交差点が、



一時的に未乗区間になったのかなと思いますが、片道乗れば解消です。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:06Comments(0)

2017年11月03日

横浜駅から沢渡循環


どこで撮ったか忘れました。鶴見駅か横浜駅か。



横浜駅では、まず一直線にこの乗り場に。「34」系統、沢渡循環。



10いくつかしかバス停のない、短い循環線です。横浜駅西口に戻ってきます。



1時間に3本ほど。



この日の夕方に飛行機で福岡に戻る予定のため、こちらは時刻表撮影のみ。



ひと回りして帰ってきました。学校前からの狭い坂道が楽しゅうございました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)その他

2017年11月01日

安善駅前


鶴見線の安善駅から、



改札を出て左。



横浜市営バスの安善駅前バス停。



美しい均等ダイヤ。



特に変哲もない住宅地ぽく見えますが。



こっちはちょっと雰囲気が違いますな。



これは市営バスではありません。こういう特定輸送ぽいのがあるのは工場地帯ってことで。



鶴見駅にゆきます。確かに代替輸送になれそうです。



こういう場所ではひとつの欄に全て鶴見駅行きと書いておいて、
経由地の違いは付記で対応するのが正しいと感じます。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)

2017年10月31日

安善駅


帰りは羽田空港から飛行機で福岡に戻るので、じゃあ川崎方面にでもってノリで勢い余って鶴見線。



もともとヴィジョンがあって来てるわけでもないので、こんな途中で降りてしまったりするのです。



あんぜん。



安田善次郎の頭文字とって安善。つまりは名前もなかった土地というか、土地ですらなかったというか。



乗車駅証明書発行機機能せず。



そこそこ、周辺に人はいました。その辺が九州とは郊外の概念が違うのかも。



振替乗車が想定されています。JRが停まったからって西鉄バスは振り替えませんよね。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)