地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年10月20日

九重インターチェンジ


高速バス九重インター。



大分交通、亀の井バス、西鉄バス、日田バス。



大分までの各停便は、今月10月末から休止です。



日田大分の1往復も、復活する望みは薄そうです。
でも日田って大分県ですから、大分への移動需要はそこそこありそうなんですけどね。
かといって頻発するほどの利用客が見込めず、
結局うまいこと取りこめていない感があります。



森町までは、利用想定というより、ただの車庫回送に近い雰囲気。



登山口まで8便土日祝、9月末で日田バスの運行は終了しています。



ゆふいん号が毎時1本残るとしても、日田=大分は解決しないんですよね。



日田バスの一般路線は、九重ICという表記でした。



  続きを読む


Posted by ちょんびん at 18:29Comments(0)大分交通日田バス亀の井バス

2016年10月19日

くじゅう登山口


登山口から廃止前日に乗車。小学生は8人くらい。登山口までも2人。



九重登山口、日田バスと亀の井バスと九州横断バス。



バス停がひとつ消えても、またひとつ増えるのは、まあめでたいこと。



この時刻表は、たぶん仕様踏襲されません。



最後の乗車は、筋湯経由で九重インター行きに。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)日田バス亀の井バス

2016年08月26日

別府駅西口


APU行きの5番幕車。別府市内の系統は把握していませんので、
乗ったことあるのかないのかよくわかりません。
1998年から2005年春まで、木工部品の営業をしておりまして、
別府にはよく泊まっており、朝だけよくバスに乗ってました。



鉄輪も何度となく行っていた当時ですが、もう10年くらいご無沙汰かも、と写真を見つつ思います。




西口近くに常宿があったのですが、当時からロータリーこんなんでしたっけ?
久しぶりに伺ったら、懐かしさではなく、そっちの感情が湧きました。



1のりば。別府医療センターと湯都ピア浜脇



とりあえず路線図とか時刻表とか撮っておいて、あとから把握した時点で何らかのコメントを。
ある日突然ピンときて、だんだん何かを思い出すこともあります。



2のりば。仙人田サファリはこちらから。



3のりば。別府に頻繁に通うようになって最初の印象は、
こんなに坂ばかりの地形なんだなぁ、ってことと、観海寺や鉄輪って駅から離れてるなぁ、ということ。
別府の温泉街って、地獄めぐりしても感じますけど、ほんと広くてどこからでも湯が出てますよね。



スギノイパレス行き、通勤者用ですか、通学用ですか、免許維持ですか。



私のいちばん興味のある付近、堺とか柚の木とか、郊外の終点に注目しがちです。



扇山団地は、登ったことありますね。



住宅団地の間を縫う、楽しい路線です。



2005年に大規模リニューアル工事完工、と書いてありますね。
ということは、転職する前にはもう工事始まってたんでしょうけど、記憶にないです。
忘れるのは素敵なことです。また新しい気持ちで向き合いたいと思います。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)亀の井バス

2016年08月25日

別府交通センターのバス


別府交通センター、私の感覚では裏側。
もともと観光地としての別府が、関西や瀬戸内からの客に向いていたのだとしたら、こちらがオモテ。



APUのバスは、カオスです。



最近の車も来るんですけど、どうしても目が向くのはトップドアの22ナンバーなど。



亀の井も載せときます。



海の向こうのバス。



産交もいました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)大分交通亀の井バス

2016年08月24日

別府交通センターつづき


別府交通センター裏の道。第二埠頭は四国愛媛の八幡浜に、第三埠頭は大阪に続きます。船です。



バスのりば看板、海のほうを向いています。船で着いた人へのメッセージです。



港の様子は、雨なのであまり近づくやる気もなく。



国道10号側の乗り場。



バス停6、なんて数字も振ってあるのですが、



現状は、国道上を東に行く1番と、ここ別府北浜方面の2番と、前記事の3盤のみ。



大分交通、別府駅大分駅、高崎山やうみたまごへ行くにはこのバス、
というと高崎山とうみたまごが別々の位置にありそうに聞こえますが、最寄りバス停は同じ。



亀の井バスは別府行き。



APUからの戻りは、美しい均等ダイヤです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(2)大分交通亀の井バス