地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年04月04日

渓谷入口 由布川渓谷


バックは鶴見岳、亀の井バス。



「34」堺行きの幕。スピードに対応できず、ブレてますが一応掲載。


由布川渓谷案内板挾間町。



バス停は、そのまま「渓谷入口」



で、せっかくなので地図に導かれて進んでみたら、



季節の所為か、それとも水害関連で危険な場所でもあるのか、立入禁止。※2017.3.9現在。



確かに谷が深いですね。



棚田自体は、普通の谷川が流れてそうなのですが、一番端の畦とか歩きたくないですなぁ。



反対側の公園からも入れるということなので、



つり橋も渡ってみましたが、



やはり深いです。気軽に水面まで下りられるのかと思っていましたが、難しそうですね。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)亀の井バス

2017年04月03日

椿から椿公民館前まで


由布岳なのか鶴見岳なのか、まあその程度の認識。



谷部分から斜面にかけての棚田の美しさは、内成にも負けていないと思うのですが、
斜面の急峻さが足りないので、景色としての特異性には欠けるのかもしれません。
耕作地としては、こちらの方がずっと作業はしやすいと思います。

というあたりで、柚の木の谷筋訪問を一区切りしまして、



堺の方へ。



斜面中腹に道があって、住宅はどちらというと谷側に密集。



椿バス停。



柚の木が朝出て夕方戻るだけの路線なのに比べて、ここは別府から2往復できますので、
とても訪問しやすく本数の多い路線のように感じるのは、何かに騙されています。



公民館らしいもの。



やっぱりね、と自己満足。椿公民館前。



こちらのバス停には時刻表ないですけどね。



こっちむき、堺方面へバスを10人以上で待つことは無いと思います。



由布渓谷は深いのです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(3)亀の井バス

2017年04月02日

境の谷 由布市と別府市の境


亀の井バス、境の谷、さかいのたに。



だからって、バス停横のこれが谷ではないでしょうが。



朝焼けの逆光。



由布市。



反対向いて、



別府市。



境目に、道路工事の終点。ですが行政区分の境も谷ではなく。



このへんが、何かを分かつ境の谷なのでしょうか。普通の田園風景ですが。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)亀の井バス

2017年04月01日

ねじ山 ねじも山も何処に


バス停と融雪剤と、離れてベンチ。



座りたくないですなーw



ねじ山。



柚の木方面。



小杉から別府市街方面。



細道の先に、人家がありそうな雰囲気。バス停周辺は何もないですが。
当ブログを書きつつ地図を確認したところ、奥には商店もあってそこそこの集落。
ちなみに、ねじ山は「捏山」と書くようです。



明日はこっちだと誘導する迂回路看板。先行き不安な人生に朗報。


  


Posted by ちょんびん at 19:19Comments(0)亀の井バス

2017年03月30日

平原は亀の井バス ユーバスは平原入口


道路工事中の坂道を登る大分バスの回送。



交差点の朝。
夕方に亀の井のバスで戻ったら、すでに先の区間で道が拡がっていました。
狭隘こそが萌え、という方は、今すぐにでも行った方がいいです、別府市と由布市の境界付近。



平原、亀の井バス。



時刻表紛失。



数日おきにしか走らない乗合タクシーの時刻表は存在。



由布市のユーバスは、平原入口。経由地が違って、丘の上の集落も経由するからでしょう。



時刻表は、掲載する設備も無し。
これは公共交通なのではなく、特定輸送なのですよ(苦笑)。



雪が残る谷間の棚田。



北大津留側は工事完了している区間もあります。



そして突然の終了。



予算をつけて、区間を区切って拡幅って行われますので、
境界部分に大きなコントラストが現れます。
個人的には、手前の道幅のところにバスが走ってくれる方が幸せになれますが、
生活として車を走らせるのであれば、整備されているに越したことはないのです。わかります。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)亀の井バス