地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年04月05日

西鉄バス廃止路線完全復活祭 第三回京築伊良原ダム

西鉄バス廃止路線完全復活祭開催実績
第三回 旧京築交通 勝山行橋豊津犀川エリア 2017年3月12日(日) 



車両 筑豊22か595  田川営業所116(虹バス)
主な撮影訪問地 伊良原ダム・崎山・蓑島・豊津支所など
西鉄バス廃止路線完全復活祭#3京築ローカル伊良原ダム編撮影地一覧

使用車両は前回と同じ「虹バス」田川116で、
参加者は前回よりも増え、立席が出るほどに。
今回は、デイリーポータルZさんの取材も。



道の駅いとだを出発し、新仲哀トンネルを抜け、勝山から行橋へ、
行橋沖の終点「蓑島」では、海岸沿いの隘路を走り、
本来虹バスが走るはずのない海際の風景も撮影できました。



昼食を物産直売所「国府の郷」で済ませてからは、
豊津支所を経由して、伊良原ダムへ。
まもなくダム湖の底に沈む、かつてのバス路線を辿り、
ダム工事の方や地元の方にも同行いただいて、
もう二度とバスが走ることのないだろう道を進みました。



帆柱小学校終点跡を経由したあと、地元の販売店である「おこぼう庵」では、
おいしいお米と惣菜をふるまっていただくというサプライズ。
ああ、塩むすびって、こんなにおいしかったっけ、という感動の味。

廃止路線完全復活祭が目指す、地域の方々との触れ合いも
充分に果たすことができました。また訪問したいと思います。

運転士さんは前回と同じ方。
私たちの変態ぷりも理解いただき、どこにどう止めようかなど、
マニアの欲求を満たす手段も把握いただいたようで、
撮影は常にスムーズに進みました。

そして特筆すべきは、その運転テクニック。
前回から感じていたのですが、狭い道でも最小限のハンドルさばきで、
事もなげに進んでいかれます。
移動中の快適さは、運転士さんの技に負うところが大きいです。
本当にありがとうございました。

砂津本陣會とは?
廃止路線完全復活祭とは?  


Posted by ちょんびん at 18:39Comments(0)京築

2017年03月31日

2017年03月30日

崎山九州菊


九州菊の煙突。



目的地に到着するたび、散る参加者たち。



青いコンテナ。ここが崎山の終点車庫跡だそうです。



当時はバス通りもこの旧道側だったんですかね。
妄想は膨らむばかりなので、たまに針を刺して割らないといけません。



バスさえあれば、無粋な送電線の鉄塔ですら、味のあるものに見えます。疲れてますね。



林酒造場さん、ありがとうございました。
以上をもちまして、西鉄バス廃止路線完全復活祭#3の撮影写真掲載を終わります。
一覧化は別の記事でやりたいと思います。3月中に掲載できたので満足ですw

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 21:21Comments(4)京築

2017年03月29日

伊良原ダム荒戸橋


伊良原ダム水没エリアでの撮影タイム第2回、荒戸橋です。



橋を渡ったところで撮影した人の方が多かったようで。



さて、乗り込みましょう。



そして、堰堤のすぐ近くで記念撮影。参加者全員での写真も撮りました。



それから先ほどの展望台に戻って、バスだけが走り去ります。
ダムの工事現場を走ってるバスを上から眺めたいよね、という希望が通ることになります。
西鉄バス廃止路線完全復活祭、主催しているハンズマンと嗜好が共通なので、
彼が主導権を握っている限り、思い通りの趣向が楽しめそうな雰囲気があります。

ダム敷地内のバス運行は、折衝などが必要だったでしょうが、お疲れさまでした。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 21:21Comments(0)京築

2017年03月26日

おこぼう庵


伊良原の直売所に寄り道。



よか雰囲気ですよね。
このあと地元の方から、現地のおにぎりや野菜をごちそうになりました。
食べるのに一所懸命で、写真をまったく残していない失態。恥ずかしい限りです。

この付近、英彦山からの水が、集落や工場でまったく汚されることなく、
川をくだってきて周辺の田を潤すので、米がとてもおいしいのだそう。



おこぼう庵。詳しくはフェイスブックでご確認ください。
我々が訪問したことも掲載いただいています。



虹バスをチェーンソーで切ろうとするパフォーマンスを披露された、地元のおっちゃん。
食事といい、お話しといい、貴重な体験をありがとうございました。また来ます。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 10:10Comments(0)京築