地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年12月11日

愛宕浜営業所、能古渡船場ではなく。


世の中、寒うございますな。



バスも寄り添って小春日にとキャプションを与えればそれっぽく見えますが撮影は8月です。



能古渡船場への人が多くなると、



こっち側からバスが入出庫するのに巻き込まれそうなアホ観光客が増えるので、



バスのほうが気を利かせて、奥から発着します。



午前中大量に出発する「301」よりも、外環2に反応する体質。



平日朝の出庫便だけ「11」。



「304」。



駅東ランプ合同庁舎経由



さてさて桧原営業所までの路線は、来年度も残るでしょうか。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 20:02Comments(0)福岡青

2017年12月06日

昭代三丁目旧西新駅前


これが駅前通りの名残。



これが西新駅前。



もと国鉄用地の名残で、いまもJR九州グループが所有しているわけです。



この社宅もおそらくJR所有だと思うんですが、証拠となるプレートなどは見当たらず。



バス停は「昭代三丁目」になって久しく。昔は「11」の終点がここでした。



ここから藤崎まで100円なので、天神まで行くのに地下鉄乗り換えもありかなぁと思います。



まあそれなりに。



弥生二丁目方面から。



昭代方面から。



六本松方面は行灯。



「18」が廃止になった際に、代替として「11」が増えて、
それがこの路線の充実の始まり。←個人的見解です。

「91」とか原止まりの「7」とかの時代は、原=荒江の側線的位置づけだった印象ですが、
いまはあまり代替性も感じられず、独立した独自路線感が増しています。



この表示が長く続きますように。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)福岡青

2017年12月05日

室見五丁目


室見川筑肥橋を渡って、



バス停。



野方と天神と両方面に。「502」は主張がありません。



「503」の充実ぶりと、「502」の通勤集中と、「7」の堅実。



東に通勤するのではなく、天神に背を向けて走ります。



先の交差点は、直進するものも曲がるものも、そして横切る「8」も。



こちらがメインの天神方面と言っていい現況。



7時台も8時台も8本ずつあります、天神方面。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)福岡青

2017年12月04日

室見川筑肥橋


西岸は愛宕、以前は庄、庄の南にあるから南庄。



橋に蒸気機関車の車輪を象った装飾。SLはスチームロコモーティブの略です。



じゃあこれは何なんだというご質問にはお答えできません。ベアリングではないと思います。



室見川筑肥橋。このあと記事が進むと、樋井川や那珂川にも筑肥橋が出て参ります。



バス通りから北を眺めて、近未来都市っぽく。バス見えます?



こちらは線路跡でもありバス通りでもあり。
「503」の振興により、筑肥線代替ではないバスも頻繁に走ります。



向こうにもバス来ました。



ということで、東岸の室見五丁目まで辿り着かずに、本日の記事を終わります。また明日。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 21:02Comments(0)福岡青

2017年12月03日

愛宕一丁目都市高速下じゃないほう


バス停の後ろに空き地ができまして、人だけしか通れない小さな路地が丸見えに。



道路側から見たほうがお分かりいただけるでしょうか。
左側の空き地に建物が建っていた時は、この真ん中の部分だけが、
こちら側の路地とバス通りを繋ぐ狭い通り道だったのです。私の萌えポイントのひとつです。



もと筑肥線の線路跡。



ここの直線ぶりは、線路よりは新街道の雰囲気です。。
線路を感じさせるのは、この先の緩やかなカーブのほうでしょう。



愛宕一丁目です。



天神に行くにあたって、ここは都市高速に乗った方が便利ですよね。
でも通勤時間帯は手厚くないのです。



姪浜駅を経由するものがここを通りますので、
通勤時間帯は郊外から直接にアクセスしてしまい、ここを通るものが減ります。

姪浜駅を通らないものが「505」「506」であり、その系統で姪浜を経由するのが「525」「526」、
つまり10の位の2なのが姪浜経由の区分なのですが、「507」も姪浜駅経由です。



この路線図、よくできているのですが、正確だからといって見る気になるかというと微妙。



線路跡を辿りますので、次は室見五丁目です。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 20:21Comments(2)福岡青