地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年06月07日

橋本駅から「526」が消えた


橋本駅バス停の時刻表。



3月のダイヤ改正で、526が消えたことを記録していましたが、
今度は1-2が経路変更で1-6となり、1-4が乗り入れるようになり、怒涛の改編。



ああ「1-2」が消えてしまうんだ、写真どこかに最近撮ったのがあったよな、
とブログを検索しても見つからないのは、まだ掲載していないからというオチ。



橋本駅。



ミニバスはどうなりますでしょうか。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(2)福岡青

2017年05月27日

金山団地 名残桜2017


去年と同じような時期に、



同じようなコンセプトで、金山団地。
中当てに興じる小学生にドッヂボールぶつけられながら撮ってますw


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)福岡青

2017年05月27日

福陵町にあらためて注目する


福陵町



景色は少しずつ変わるわけです。国道202号線。



バス停後ろのマンションは、前回掲載時にすでに新しくなっていたので、
そうなると以前の団地態が懐かしくなる病。



交番はそのまま。



原交番前。



原交番の所在地は、荒江三丁目。
当方の自宅も原ですが、管轄は有田交番になっております。
実際、距離的にも有田の方がずっと近いです。



ホンダカーズが新しくなったとて、当方は何もワクワクできないのですが、
車を所有することに夢を持てる人が多いからこそ、これだけ自動車メーカーが栄えるわけです。

自分の好きなことの価値を何で量るか、というのは人生の課題のひとつと言えるでしょう。
求めている人の数が、社会的に経済的に価値があるのは間違いないです。
あとは、求められているからそっちに向かうのか、自分の欲求側を貫くのか、
どちらも自由ではあるのですが、両方の選択肢があることを自覚できた方がよいですよね。

私の場合、マネタイズに寄せるのであればこうやればいいのに、という目途はあるのですが、
どうもそっち側にそそられないので、自分の好きなことだけ細々とやっています。
他の人が読んでワクワクするであろう内容を書くのが、自分にとって苦しいというのは、
物書きを目指すとなれば致命的なので、おとなしく団体に所属して、自分を切り売りしています。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)福岡青

2017年05月25日

別府四丁目 弓の馬場


別府四丁目。



建て替わる商店街




病院とマンションに侵食されて、バス停までの部分だけが最後に残ります。
でも屋根は撤去されちゃいましたけどね。



交差点は弓の馬場、以前はバス停も弓の馬場だった記録があります。リアルタイムには知りません。



郊外向けバス停は、別府5丁目。これは行政区分が道路で区切られるので仕方のないことです。
バスが通るような大きな道なら、だいたい道路の両側は別の丁目。



だから、このバス停においては、都心向けが、



4丁目なんですよね、という証拠を探そうとしても、通り沿いバス停近くには見つからず。



脇道に入って見つけました。
中村大学の前まで、ずっと別府四丁目のようです。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 10:57Comments(0)福岡青

2017年05月16日

九大ビッグオレンジ前2017


学内輸送のバスに注目。



ゲートを通過するバスにも萌え。



離合する昭和バスは、ここでは珍しいものでもありません。



それにしても、良い天気ですね。



九大ビッグオレンジ前。



糸島市のコミュニティバスも。



前原塗装。



この日はオフ会にて、一気に志賀島まで乗り継ぎました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)福岡青