地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年04月16日

野方遺跡前 通らなくなる「506」「526」に注目


仕事帰りの金曜日に寄り道。



野方遺跡前。天神、博多駅、姪浜駅方面。



「204」「504」の生松台経由で都心方面向け、「506」は野方止め、「526」は橋本駅までも。



野方方面の路線図。



時刻表。



「506」と「526」が消えます。



反対側、野方台方面。



生松台、宮の前団地を経由して、遠回りながら天神博多にも行けましたが、
所要時間も違いますし、バス停では無視。



ダイヤ改正前日の「506」。



実はこれが、野方遺跡前を通る最後の「506」だったようです。
あまり感慨に浸ることもできませんけどね、ここの全てのバスが消えるわけでもないので。



急に、行けるバス停の数は減りますよね。



野方中央公園。



史跡野方遺跡。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)福岡青ダイヤ改正

2017年04月15日

外環2運行開始と初乗車


3月25日のダイヤ改正で新設された、外環2番。
福博バスあるきのネタとして、多数の同好の皆さんと乗りました。

能古渡船場、マリノアシティ福岡、イオンモール橋本、福大前、桧原営業所。
福岡都市圏の外縁部と呼んだら、糸島半島の人が怒りますかね。私も実家は徳永なんですが。



桧原営業所の時刻表。9時台から毎時45分発。なぜか午後は43分発。



151・152の特快と快速を区分する必要はあるのかと問われましたが、
基本的にわたしは在るものをそのまま受容するのは得意です(笑)。
西鉄さんが分けてるんですから、文句を言わずに乗りなさい、と言いつつ文句は言います。



クルーズセンター、乗ったことはあるのですが、LEDは初獲得です。
これは「快速」152です。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)福岡青ダイヤ改正

2017年04月11日

「507」生の松原団地方面の路線短縮


下山門団地方面の「507」を姪浜駅で撮影。乗客は多いです。
生の松原団地方面の昭和バスを引き継いだイメージなのですが、
距離やルート的に一番需要があるのは、下山門団地近辺なのでしょうか。電光掲示も下山門団地。



カスペルスキーラッピング。



姪浜駅から野方までの、最も遠回りルートだったのですが、
さすがに趣味人以外で野方まで直通する阿呆もおらず、
途中バス停から野方までの需要も少なかったのか、三陽高校前終点に短縮。常識的変更です。



三陽高校前止めの系統はダイヤ改正前からありましたが、どっちにしろ野方まで回送でしょうし、
実車にすることで多少なりとも利用者がいればよかったんでしょうけどね。



この複雑な路線図が多少は簡素化するのでしょうか。
いや需要があるなら簡素化する必要もないんですよ。
それにしても生の松原団地まで、中村に行ってから小松原に戻るルート、
実際の生活で使おうとしたら腹立たしいレベルの遠回りですよね。



野方終点だった時代もあるんだよ、という記憶補完のようなもの。



金武五営業所行きが来たので、一応保存。
地下鉄3号線橋本駅の扱いも難しいですよね。
地下鉄が博多駅まで行くようになったら、人の流れは変わるでしょうか。キャナルに行く人とか。



1月の時点で、博多バスターミナルの路線図を撮っていたのは、
何かの暗示を感じたからかもしれません。まあただの偶然。
  


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)福岡青ダイヤ改正

2017年03月16日

2017年3月25日ダイヤ改正 飯倉にて複乗廃止三兄弟


西油山経由の早良営業所行きと、星の原団地経由の早良営業所行き。
どちらも今回の改正で廃止になる複乗系統です。



西油山ハイツも星の原団地も、終点到着後の入庫を実車にして、
多少なりとも客を拾うという意図だったのではないかと思いますが、
時刻表の掲載順序がどうにかならないのか、というのが私の意見。

星の原団地行きは、午後からほぼ毎時1本しかなく、
西油山ハイツに至っては、日中3時間空くような誤解を生じるじゃないですか。
この路線に関しては、全部ひとつの枠に掲載して、
早良営業所まで行くものを四角で囲む、というような運用のほうが適正。
そうやって個別に対応を変える難しさは分かるのですけれど。



飯倉のバス停の系統の豊富さ。
それは喜びの対象にもなり、分かりにくさの原因にもなり。



早良高校行きも脇山小学校行きになるので、複乗がなくなりまして、



星の原団地と、



西油山ハイツと、3種のLEDも来週末までとなります。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:58Comments(0)福岡青ダイヤ改正

2017年03月15日

2017年3月25日ダイヤ改正 星の原団地複乗廃止その2


大坪に移動して時刻表。
星の原団地方面のみ掲載の時刻表なのですが、早良営業所や博多駅行きがあるので、
両方向の時刻が併記されているような勘違いが起こる恐れがあります。
後から貼られたテプラのシールは、その回避のため星の原団地経由を主張しています。

大坪バス停の上りと下り、位置が少し離れているのもポイント。



今後は全てのバスが星の原団地終点になりますので、その混乱は回避されます。



干隈に移動。地元民は「ほしくま」と濁らず読んでいることが多いように感じますが、
世代的なものかもしれません。昔は中洲も「なかず」と呼ばれていましたし。

三階は関東では「さんがい」が一般的らしいですが、私は「さんかい」と読みますので、
これも意識していない博多方言で、鼻濁音が清音化する傾向なのでしょうか。
でも韓国語は、母音で挟まれた子音の濁音化はほぼ無条件であり、
関東より九州の方が韓国音に近いと推測すれば、こちらの方こそ濁音になりそうですが。



そんな干隈をどう読むか皆さんに丸投げしようと思えば、漢字で書けばよいのです。
日本語って便利です。西新だって、なんで「新」が「じん」なのか考えるとキリがありません。

星の原団地に寄ってから天神博多駅に行くのは、
情緒的には星の原団地に寄ってから早良営業所に行くより面倒くさいです。
都心に向かう時は何らかの目的を持って、待ち合わせ時間が決まった状態で行くからでしょう。



撮影に集中していて、お客さんがどのくらい乗ってるのか見るの忘れました。
この時間でも、普通の天神方面がそれなりに来ますんで、
速達性だけ考えたら乗らないと思います。私は好んで乗る側なのは、主張するまでもないですか。

行先表示も星の原団地が大きいのは、
天神行きたい人は乗らない方がよいと、ってスタンスですよね。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)福岡青ダイヤ改正