地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年11月26日

みどりが丘団地入口


みどりが丘団地入口、前回と反対側から。



そこまで道幅が狭いわけでもないですけれど、大型バスの90度左折は、やはり大変そうで。



減ってゆく赤バス。



夕陽。  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:34Comments(0)福岡黄

2016年11月17日

福工大前駅入口


福工大前駅入口。福岡工業大学前に駅があって、その入口。構造として理解するのが難しいです。
そしてローマ字、不幸になってますし、駅が区切られてませんし、入口は無視ですし。

いま気づきましたが、新宮町のバスが写ってますね。



設備的には新しく見えますが、西公園が残っています。



そして、路線図。
昭和の50年代路線図は、カテゴリがありますので、資料としてはそちらをご参照ください。
ただ、バス停に掲示されているものは、風格というかロマンというか、一味違いますw

失われたのが、いま思いつくままに、杷木とか室見一丁目とか下原とか、
福間駅前とか九工大入口とか。

もう機能してないのですから、誰か強制的に撤去接収しませんかねw

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 22:20Comments(0)福岡黄

2016年11月10日

青葉五丁目集会所前


青葉五丁目集会所前。
手書きのバス停鉄板が少なくなった現在に、文字の配置で注目。郡築十一番町のように。



反対側も。72番とか西公園とか残ってます。



現在ここを走るのあ、73と78。経路は一緒。



隣の原土井病院まで見通せます。



突き当たり。



平日の通勤用にだけ、72C。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 21:28Comments(0)福岡黄

2016年11月01日

八田踏切


福岡市内近郊にて踏切を渡るバス路線の中でも、かなりバス頻度の高い場所。



そして土井団地方面へのバス路線は、かなりの高低差を一気に上下します。



土井四丁目方面への直通バスは無くなりましたが、回送はよく走ってます。



踏切から土井駅。



渡った先に交差点で、バスが直進したり右折したり、混沌とした場所です。



頻繁にバスが来るのが嬉しいので、とりあえず一通りカメラを向けてみましょう。



八田踏切バス停。但し、八田踏切は、ひとつ香椎側。
この記事の写真でバスが通っているのは、三平踏切といいます。
もともとは、八田踏切にもバスが走っておりました。
72は土井駅前経由便もありましたので、土井踏切にも。

ただ、元々のバス経路が八田踏切のほうだったのでバス停が八田踏切だったというより、
この辺一帯全部の地名が八田で、その中でバス通りの踏切近くなので、
という命名要素の方が強かったのではないかと思います。
みどりが丘団地とサニータウンのバス路線が繋がった頃、
ここから大きく離れた団地の隣のバス停も、確か八田緑地ではなかったかと。



踏切の反対側にもバス停がありますが、そちらも28Bの天神方面ですし、
土井という住宅密集地から、天神に都市高速で人を送り込むのが主眼のダイヤで、
もと72、いま77・78の天神方面は、あまり重要視されていないように見えます。



博多駅に向かう73は、昔から我が道を往く空気感なのですけれど。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡黄

2016年07月31日

藤棚祇園山笠


筑豊直方行き表示の西鉄1024。北九州の黒崎=折尾が廃止になるまで走ってたそうで。



尻を出した人々、はい、クローズアップするところが違いますね。



山笠の男衆です。櫛田さんに奉納するものではなく、西戸崎のもの。



バス停は、藤棚。志賀島から和白経由各停で帰るのは辛気臭くて、
21Bに乗り換えるのに、西鉄電車でも撮るか、バス停の名前もよいし、と思って降りたら、
祭りに巻き込まれる、の巻。



数分間ですが、バス通りの車を完全に通行止めにして、近くの神社まで山笠が舁かれます。



時刻表を撮るのは、ルーチンワーク。



西戸崎駅方向からもバスが来たんですが、このタイミングで乗る21Bも到着しまして、
小さくしか撮れませんでした。
しかも、乗った天神行きは香椎浜の新型エルガ。狙う方向間違ってます。
左の一番前に乗りまして、マニア席は無いのですが、
タイヤハウスを越えて全面眺望は悪くないと思います。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)福岡黄