地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年10月23日

バス路線探検家の会(仮)開催告知

バス路線探検家の会(仮)
~九州エンパワーメント研究会福岡バス分会 サロンドちょんびん~

■日時
2017年11月10日(金) 18時~23時 途中入場途中退室歓迎

■内容
西鉄バスを中心とした公共交通に関して、まずバス路線探検家から問題提起を行い、
移動手段としてではなく娯楽の対象として楽しむ方法の考察、
さらには地域貢献の手法としての提案を目的とした議論、
という目標は高く掲げてるふりしてみましたけど路線図とか乗り継ぎとかバス停とかの面白さについて話し合うただの雑談会ですので気軽に来てください誰も反応してくれなかったらヘコみます見た目に反比例してチキンハートなんですお願いします、という会。

■料金
1000円/人 会場費および飲食品買出し費用として

■場所
AIPカフェ
福岡市中央区大名1丁目14-28 紺屋2023 第一松村ビル302号室
http://npo-aip.or.jp/aipcafe
この記事の下と、リンク先ページの一番下にも地図があります。

■参加表明
当日参加、当日キャンセルで構いませんが、買い出しの分量予測のため、
・当ブログ「ほぼ西鉄バスの旅」当該記事へのコメント
・ツイッターへのDMまたはリプ
・FACEBOOK沖浜貴彦へのDM・バス路線探検家ページへのコメント
などしていただけましたら、飲食物準備量の目安にします。

※参加表明していないのに「行きたかったけど別の用事で行けない」旨の偽善表明は不要です。
万障繰り合わせて参加してくださる方にも失礼ですので、ぜひお控えください。
参加するって書いちゃったけど後から行けなくなった場合は、この限りではありません。

■参加に関する注意事項
・当面、満18歳未満の方および高校生の単独参加をお断りします。
(内容が18禁に寄ることはありませんが、開催が夜間のため、
会場までの行き来等での事故の際に当方では責任が取れません。ご容赦ください)

・軽食(おそらくスーパーかコンビニの惣菜類)と多少の飲み物はこちらで準備します。
アルコール類、食品、甘味等差し入れ大喜びします。(主催者は呑めませんが)

・会場は禁煙・火気厳禁です。

・駐輪場・駐車場はありません。
せっかくのバス会なので、できる限り公共交通でお越しください。
(そう言いつつ主催者は各種資材準備があるので時として車で行きます)
 
※特に厳しいルールを設定するつもりはありませんが、
タバコと駐輪に関しては他団体がトラブルになったことがありますので、
会存続を最優先に考え、ルールおよび当方の考える社会規範を守れない方は容赦なく出禁にします。

あくまで私的団体の集まりですので、イデオロギーの違いを議論するつもりはありません。
考え方に賛同できないのであれば、どうぞ私の居ないところで幸せに暮らしてください。

そのうち日曜日の昼間に、誰でも参加できる会も開催する予定です。
18歳以上入場厳禁のサロンも面白いかもしれません。
まあ45歳オッサンがひとり会場係で混じりますけどね。

元ネタ 未来食堂 サロン18禁
http://miraishokudo.com/salon_18kin/


  


2017年09月28日

ニーズがなくてもトークライブをやる

10月中旬まで忙しくて、まる1日使っての

#福博バスあるき
#ちょんびん鬼ごっこ

をやれそうにないので、

平日の夕方から、オープンサロンをやろうかと。
■2017年10月20日(金) 18:00~22:00くらい
■天神のどこか

詳細決まりましたら続報入れます。
  


Posted by ちょんびん at 22:10Comments(0)妄想・虚言

2017年09月22日

『Y氏は暇人』からお越しくださった方へ

※2017年9月22日更新


今回の話題となりました「小笹南口」は、こちらから参照ください。

もともと小笹の中心地が団地付近だった際に、北から
団地→南口→駅前という順番でバス停の名前が付いたわけです。
この時点では、駅の付近は小笹の南端という位置づけだったのでしょう。

それが駅廃止の時点では、団地より駅前のほうが中心地になっていたのですね。
バス路線が交差することもあり、主要地として「●●丁目」とか「交差点」とか付かない
「小笹」に改称されたのに、北にある「南口」はそのままにしたために、
ちょっと面白いことになっております。

当サイトは、北部九州のバス停とバス路線についてただ戯言を述べているブログです。
たまに僻地の路線について本に寄稿もしています。
『秘境路線バスをゆく』で検索いただけると幸いです。


※2016年10月8日14時52分掲載、9日7時7分更新
『Y氏は暇人』にネタ提供させていただきましたご縁で、
いつもの倍以上アクセスがありますので、緊急掲載です。

訪問ありがとうございます。
当ブログは、西鉄バスを中心として、
バス路線の沿線風景と終点バス停の風俗をひたすら載せ続けるだけの、
価値観が普通の方にはどこに反応してよいのか不明な内容となっておりますが、
何か楽しみを見つけていただければ幸いです。

ご自身のお住まいの地域や職場など、気になる場所がある場合、
当ブログの検索を使っていただくと、全てのキーワードに反応するため、
かなりの高確率で、ノイズが出ます笑。

そのため、グーグル先生で、「ほぼ西鉄 ○○」と、
○○の部分に気になっている場所の最寄バス停を記入していただいたほうが、
期待に近い記事がご覧いただけるのではないかと存じます。
よろしくお願い致します。

あと、特定の場所にこだわりがなく、ざっくりとした地域のバス停を見てみたい場合、
地図上で探していただくのがよいかと思います。

すこしお待ちいただくと、こんな感じで、最終的には真っ赤に染まりますので、
笑っていただければと思います。

こんなとこ載せて欲しいとか、こんな面白いとこあるよとか、
このバス路線、昔はこんなんだったんだよねぇ、というような情報を、
随時募集しております。ぜひコメントください。
  


Posted by ちょんびん at 12:07Comments(2)妄想・虚言目次福岡橙

2017年09月01日

ちょんびん鬼ごっこfeat.スタンドバー ザ・コーナーズ

このブログの管理人である「ちょんびん」が、乗っているバスをツイッターで呟くので、
西鉄バスナビアプリを使って追いかけてね、っていう遊びです。

■日時 9月3日(日) 7:00~19:00頃まで
ちょんびんのツイッター⇒@haraoukan

今回使用するのは「福岡市内1日フリー乗車券」。
つまり逃げる範囲は、福岡市から出ることはありません、基本的に。
※気分によっては課金して逃げる恐れもありますw

そして「西鉄を語る会」でもおなじみ、バー『コーナーズ』が井尻にオープンしたのを記念して、
今回はコラボ賞品を準備しました。ワンドリンク無料券です。
使用期限は9月30日(土)までなので、第12回西かたでも使えます。

第12回西鉄を語る会の詳細⇒このあたりw

コーナーズ新店舗のフェイスブックページ⇒地図は信用してはなりませぬw

日曜日お時間のあるかた、ちょんびんのバス旅にお付き合いいただけると幸いです。
  


Posted by ちょんびん at 19:14Comments(0)妄想・虚言

2017年07月17日

期待される六本松


ブログも10年目になりまして、基本的にはバス停を眺めながら何かを書くスタイルで、
あまり読者として誰に向けた文章なのかを意識せずに続けています。

六本松も、広く日本全国へ向けて書くなら、まず位置関係から語らねばならないですし、
このブログを初めて見る方のためには、このブログが目指すものから書くと親切でしょう。
そういうものを全部ほったらかしにして、ここは六本松です。西鉄バスです。

バス停名称以外に何の記載もされていないのは、バス停の位置が動いたから。
通常ならば、その動いた経緯や先のバス停まで案内するのが親切なのですが、
今回は企画として同じ日にみんなで取材して、ひとり5枚しか写真が載せられません。
ならば私に求められているものは何なのか、を改めて問わねばなりますまい。



そらまめさんは路線の今後について語らせれば鉄板でしょうし、
六本松の乗り継ぎについて考察されても高い品質を保たれるでしょう。
そんな相手の得意分野に足を踏み入れて喧嘩する必要はまったくありません。
自分より上手にできる人を各分野で集めて、他人の褌で相撲を取るのが楽になる秘訣です。
少なくとも私はそう思っています。

ただ傍目八目と申しまして、他の人ならこう書けばいいんじゃないのと思いつくわりに、
自分の方向性というのは見えないものなのですよ、今回に限った話ではなく。
このバス停ブログ、面白い、例えば1日に1本しか来ないバス停の紹介とか、
福岡市の東西南北の端っことか、標高が一番高いとことか、
そういうネタとして堅いところを押さえておくことで効率よくアクセスを獲得できるとは思えど、
誰も注目しないであろうことを記録しておきたいという価値観が私の中にあるために。

そのためこんなふうに、バスナビが移設された後のねじ穴に注目して、
「ああバス停はさほどコストかからないから新設されて旧バス停は放置だけど、
バスナビのモニターは移設されちゃうんだよね、予算の問題だろうね」
って考えることに貴重な5枚の写真のうち2割を費やすわけです。



見えない将来を論じることが苦手なので、とりあえずフィールドワークに特化して、
ああこれは記録していたよ、よかったねぇ、ってコンセプトで進めればよいのだと思います。
ただ残念なことに、何回も申しておりまして恐縮ですが、
「後から何が惜しくなるのかは現時点で想像するのがとても難しい」のです。

昭和バスの城南線経由に博多駅交通センターの2階から乗った思い出とか、
空港直通の100番台の急行とか、できた時には一応押さえてはおきますけど、
時間と費用の兼ね合いもありまして、そんなに何回も同じ路線に乗れる気質ではないのです。

お友だちの中には、ぐりーんに数百回乗られた方もおられますが、
そんな人に比べたら私なんてひよっこ以外の何物でもないわけですよ。
バス停を論じるだけで5400本以上のブログを書いている変態なのは棚に上げて。

ですからこの六本松駅前の看板にしても、ああそういえばここは教養部前だったなと思った後で、
教養部前の看板は撮っていたっけ?と探すしかないわけです。
路線の改廃はある程度事前告知がありますし、ネット社会のお陰で把握しやすくなりましたけど、
交差点の名前を変えるなんて話、だれも知っても流布させませんからね。



新しくなったバス停も、そのものの位置や設えより、周辺の方に目が行きます。
バスカットが新しく設置されていますが、全体的に動線がうまくいっていないように見えて、
ここにバス停ができることは以前からの計画だったのか最近の思い付きなのか気になります。

ただどちらにせよ、六本松三丁目や大通りを通過するようになったり、車線を変更したり、
信号の矢印を設置したりと、かなり重点的に六本松交差点は改善を試行しているように見えます。
バス停ができたんで、この道路沿いは人や自転車が直行することはあまり想定していなくて、
南側に人の流れを誘導しようとしているのかもしれません。店もできていますし。



そして最後に、この路線図も押さえておきましょう。定期券売り場の裏にあります。
何が惜しくなるのかわからないのと共に、いつなくなるかわからないのもこの趣味の宿命。
時間と費用に制限がありますので、自分なりの優先順位を決めて記録活動する必要があります。

人間が小さいので、2009年に撮影したのにまだ残っていると、ちょっと残念な気にもなります。
撮影して掲載した直後に失われると、寝た子を起こしたような気分になって後悔するくせに。
さて、次は何に乗りに、何を撮りに行きましょうかね。

と、こんな感じで自分の記事を終えまして、
みなさんどんなことを書かれているのか楽しみにしつつ、
下記リンクよりご参照ください。

soramameさん『INSIDE SORAMAME
Kassyさん『それゆけ!! Kassy号〜♪
ハンズマンさん『ウエスタンビュー
小林香織さん『博多っ子になりたい。
かのさん『かののブログ
ちょんびん『ほぼ西鉄バスの旅
ちょんびんの悪ノリ「蚕豆さんの六本松記事を予想してみる