地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年02月18日

マニアの遠足 福博バスあるき#1.75-4

能古島龍の宮バス停
先回は直前のインフルエンザ発症で失礼致しました。
暦の上では春になりましたので、もうあまり寒くはなるまい、
ということで、島に渡ってみたいと存じます。
ご興味を持ってくださる方、お付き合いください。
今回は、予定をひととおり立てて公開してみます。

2017年2月26日(日) 好きなとこ集合適当に解散
参加表明は特に必要ありません。
お昼ごはんも各自調達でお願いします。

〇原往還バス停郊外向け0755集合(笑)
※起床事故により不乗の可能性もあり
原往還0758→「2田隈新町経由」→金武営業所0823
金武営業所0838→「2田隈新町経由」→藤崎0914

①藤崎バスターミナル案内所前0930集合
藤崎0943→「69-1博多駅」→博多駅筑紫口1026

②博多バスターミナル1階案内所前1100集合
博多BT1115→「312」→能古渡船場1150

③能古渡船場きっぷうりば前1200集合
姪浜1215→「市営渡船」→能古1225 別途往復460円必要

15時発の船まで各自自由行動
能古島が楽しかった人は15時に渡船場に戻ってこないのも、もちろん可

ちょんびんは渡船場前1241→「龍の宮」→龍の宮1245
折り返しアイランドパーク行きは1251発だが見送り、
渡船場まで徒歩で戻って、1335発でアイランドパーク
そのあと展望台までは歩くかも。

能古1500→「市営渡船」→姪浜1510

能古渡船場1537→「98」→姪浜駅北口1550
姪浜駅南口1611→「507」→野方1646
野方→野方台 夕日に照らされる福岡都市圏を眺めて終了。

  


2017年02月16日

西鉄バス停コラボチョコを語る#2


今回の西鉄バス停コラボチョコの中で、最もツッコミどころが少ないのが、恐らく宗像エリア。

■水産高校前←津屋崎千軒・なごみ入口→津屋崎浜
■宮司団地前←宮地嶽神社前→戸井手
■井牟田←神湊波止場→神湊西口
■神湊入口←道の駅むなかた→牟田尻
■荒開←宗像大社前→福田

初詣の定番神社がふたつと、津屋崎千軒と道の駅と、波止場。
地元密着のバス停を考えるのではなく、ある意味来店誘導みたいなもの。
でも地元の人が買うにしても、東とか大石下よりは、
宮地嶽神社とか宗像大社のほうがランドマーク的でよいのでしょうな。

特に隣接バス停に選択肢があるわけではないです。
分岐点にあるバス停が多いと、隣接バス停にどれを選択するか、という話になるのですが、
津屋崎千軒にしても宗像大社にしても、普通の一路線上のバス停なので。

このバス停表示、全部今から都心に向けて出る(帰る?)方向ですよね。
気になるのは、それくらい。

  


Posted by ちょんびん at 15:15Comments(0)妄想・虚言宗像

2017年02月15日

秘境路線バスをゆく3発売



秘境路線バスをゆく3

2が出るのもびっくりだっだ『秘境路線バスをゆく』ですが、
おかげさまで3冊目が出ることになりました。

産交バス高森町民バス 尾下(おくだり)線
宮崎交通バス 西都村所線
西鉄バス 呑山観音寺線
堀川バス 横山線
祐徳バス 新篭線

以上5路線書いてます。

高森町民バスを色見循環まで全部ご紹介するには、
あと3冊必要です(笑)。ご協力をお願い致します。

秘境路線バスをゆく2

秘境路線バスをゆく

こちらにも記事協力してます。
車窓から日本を再発見! 全国ローカル路線バス (じっぴコンパクト新書)


  


Posted by ちょんびん at 19:02Comments(0)妄想・虚言

2017年02月15日

西鉄バス停コラボチョコを語る#1


通し番号を題名につけてみましたが、続くかどうかわかりません。

■大橋一丁目←西鉄大橋駅→南区役所前
これは「47」ですかね、通しで走ることからすると。
西鉄大橋のチョイスはいいとして、隣接は冒険が足りませんね(笑)。
大橋団地前←大橋→塩原四丁目のような、乗車不可能路線を作る遊びが欲しいところです。

■榊田町←アサヒビール前→竹下
ビール会社の選択というのは、スポンサード的にも最も難しいところ。
西鉄と蜜月関係があるわけでもないのに、アサヒビールという特定企業。
けっこう攻めの姿勢だと思います。
個人的には「46」なら、五十川が欲しかったです。

■那珂川営業所→道善
営業所を一通り、というのは当方ブログでも営業所一覧のアクセスが多いので、
実用的にも趣味的にも必要性が高いカテゴリーとして当然として、
なんで隣接が道善しかないのでしょうか。「61」現人橋経由です。

■板付七丁目→板付四丁目
板付七丁目は終点として長いこと君臨してますので、
丁目がついたバス停の中では選ばれて然るべきなのかもしれません。
「420」の存在は完全に無視して、隣接バス停表記が片側だけなのも好感が持てます(笑)。

■那珂川中学校北口←五郎丸天神→松の木
一連のブームは多少下火とはいえ、五郎丸さんには今後も活躍してほしいですし、
一世を風靡したものとして、五郎丸天神ゆかりのバス停採用は納得です。
どうせなら彼の実家最寄りとして、鶴田も一緒に作ればよかったのにと思います。
今回のチョイス、マニアに寄ってる感が強くて、一般の人が買うなら、
営業所よりも人名にありそうなバス停を多めにしたら面白かろうに、と思いました。

■雑餉隈営業所→山田
雑餉隈も隣接が山田だけ。
確かに山田から雑餉隈を経由して寿町二丁目に行くバスはないのですが、
そこはチョコなので、あまり厳密に求めなくてよかったのに、という「41」です。
山田バス停も欲しかったですね。

  


Posted by ちょんびん at 15:15Comments(0)妄想・虚言

2017年02月12日

城島酒蔵びらき

原→「201博多駅」→別府駅前 nimoca170円
別府→「地下鉄」→薬院 nimoca260円
薬院→「西鉄電車」→三瀦 nimoca730円

三瀦総合支所→「2酒蔵めぐり」→旭菊
旭菊→「2酒蔵めぐり」→萬年亀
萬年亀→「2酒蔵めぐり」→池亀
池亀~上城島駅跡~有薫
有薫→「3酒蔵めぐり」→メイン会場

メイン会場→「3酒蔵めぐり」→JR荒木駅 nimoca840円
荒木→「JR」→博多
博多BT→「312能古渡船場」→福岡タワー南口 nimoca230円
福岡タワー南口→「306藤崎」→藤崎 nimica乗継割引100円
藤崎→「2次郎丸経由金武営業所」→原往還 nimoca乗継割引100円

原から薬院まで270円、薬院から三瀦まで730円。往復すると1980円。
2060円のFUKUOKA 1DAY PASSでも元は取れそう。
でもどうせ往復以外のルートは通りそうにないし、
全部ニモカで払ってみる。

最初から、バス乗り放題券持っていたら絶対にしない乗継、
別府で地下鉄への乗り換えなぞしてみて、特急に間に合わせる。

城島のメイン会場で、三瀦駅に戻る1番はとても人が多く、
荒木行きは誰も待っていなくて座れたので、結果オーライ。
  


Posted by ちょんびん at 20:19Comments(0)妄想・虚言行程表