地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年04月20日

西鉄バス北九州エリア完乗への障壁

※参考:福岡版はこちら
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1984903.html
福岡版では平日限定とか先にカテゴライズして並べてみましたが、
北九では番号順にすこしコメント入れてみます。

12国立小倉医療センター
南区役所=医療センター間は平日のみ運行
中谷側から来ると若園四丁目=企救中学校前が未乗になるので注意
ただし若園四丁目=企救中学校前は、土日祝も乗れる

24赤坂海岸朝夕
平日および土曜運行
朝は小倉駅=第四、夕方は第一=小倉駅で経路が違い、
かならず2回の乗車が求められて、しかも現地まで/現地からの移動手段がない
非常に難易度が高いというか面倒くさい

28/35サンアクア
平日のみ運行 朝夕で1往復×2系統
朝行って夕方帰るだけの往復だが、
舞ヶ丘から徒歩5分ほどの地点が終点のためアクセスは良好
夕方便もあるので乗りやすいほう

32徳力公団前駅
平日および土曜運行、本数もまばら
同区間は、なかたに号をはじめとする高速バスが頻繁に往来するので、
一般路線バスでという縛りがなければ無視してもよいのではなかろうか

36志井入口
殆ど朝夕だけ ただし日祝もあることはある
2018年版の路線図では往復で毛色が違うことになっているけれど、
実際は同じ道しか通らないので片道でいける

44八幡高校複乗
戸畑→猪倉が平日朝1往復のみ複乗
構内乗り入れをどう扱うかだが、常識的に考えると、校内スクールで足りる気もする
ただ完乗自体が非常識なので、常識的に考えるスタンス自体が間違っているのかも

47吉田団地非経由
平日および土曜朝2本片方向
吉田団地入口→上吉田の、吉田団地に寄らない短絡部分だけが独自区間
こういう場所を解消するために早起きしだすと、
どこかで自分の行為に疑問を抱くことになります

70東本町二丁目経由
日祝日も走るけれども、日祝日の最終便は朝5時台
平日は10本あるのに最終は朝6時56分という偏った片道系統
ただし朝早すぎるので逆に他との乗り継ぎは容易
赤坂海岸とか西小倉駅とか弥生が丘とかいろいろと繋げる

84築地町
ここまで書いてきたら非常に常識的な難乗のような気がしてきた
朝夕のみで日祝日運休だが、黒崎駅から待機時間ほぼ無しで往復できるので、
土曜日の夕方にこれに乗ってから帰ってくるのが、福岡民の正しい作法かも

95西小倉駅
平日朝1本のみ
存在さえ知っていれば見落とすことはないが、
これと何かを同日に扱うのが難しい時間帯に走るのが問題
地元の方なら、出勤前にちょっとだけ寄り道なんてことができるだろうが

99中央卸売市場
殆どが独自区間なので見落とさないし、日曜も走るし、
難乗ではあるが実は簡単に乗れるような気もする
ただ折り返しで市場内を通行するので、乗れないけれど撮影は萌える

132北方→下到津
平日朝2本、土曜1本のみの片側系統
北方ランプ経由は136が消えたため現在はこの132のみ
下到津四丁目への合流部分は111もあるが
どうせ北方ランプを経由しないといけないので、
111は無視して132を狙うのが現実的だろう

138弥生が丘団地内短絡
平日朝1本のみの片側系統らしい
弥生が丘の団地入口=第三を短絡する部分だけ独自区間
小倉南区版の路線図には掲載されていないオマケつき

143山路ランプ
平日および土曜の朝夕のみ運行 八幡南から八幡高校への通学路線
当方が乗った際、割子川おより引野口では満員通過だったので乗車注意
山路ランプの構造からして、道路ベースでの完乗を意識するなら
往復乗らないといかんのではないか、とはハンズマンの言

197大谷ランプ
平日のみ運行、大谷ランプを経由する唯一の一般路線バス系統
いとうづ号でいいじゃん、と当方は思うけど完乗を公言したいがために乗る羽目に

急行南朽網
平日朝7時小倉駅発のみのレア系統
ただし途中の日豊ニュータウン入口までは昭和池入口行きの急行と同じ経路だし、
福岡=行橋の高速バスも同区間を通るので、それで代替できることにしてもよいかも
当方は先に南朽網行きに乗ってしまい、なぜか昭和池入口が最終日まで残った

誤りなどあると思いますが、
ざっくりこんな感じ、と概観するのにお使いいただければ幸いです。

  


Posted by ちょんびん at 16:21Comments(0)妄想・虚言北九州

2018年03月17日

いい大人として振舞わせていただくための概容

ツイッターやFB、ブログなどでお友だちになってくださっている未成年の方へ:

こんなオッサンの道楽に関わっていただいてありがとうございます。
当方、楽しそうにバスに乗ること以外にスキルがありませんが、
何かお役に立てることがあれば今後ともお申し付けください。

対人関係構築能力は高くないので、
あらゆる方と潤滑に交流できることはあり得ないと思います。
どうぞご自身のご都合により、気の向くままの取捨選択をお願いします。

とはいうものの、

当方も高校生と中学生の父親でありまして、そちら側の立場で考えると、
自身の子が「ネットで知り合った45才のマニアのオッサンに誘われたから」と
一緒にイベントに行ったり遠出したりしている情況は、
一抹の不安が生じるであろうこと、想像に難くありません。

そこで、

一応、わたくし普通に一般企業に所属勤務しておりますし、
そこそこの社会性も持ち合わせておりますので、
みなさんのご家族が、「あいつ本当に信用していいのか」と懸念された場合は、
ひとことご挨拶に参上するなんてことも厭いませんので、ご検討のほど。

※但し、

お会いした上で「さらにうさんくさく感じられた」という印象をもたれた場合(笑)、
当方にできる改善には限りがありますので、そこはご容赦ください。

今後も遊んでいただくことが続きそうなので、ここで確認まで。

  


Posted by ちょんびん at 11:11Comments(0)妄想・虚言

2018年03月16日

コザル小学校卒業

■コザルさん初登場
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e123900.html

■コザルさん最大の可愛らしさ(これがMAXかよというツッコミ禁止)
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e123905.html


ブログ初出当時2才半だった彼が、12才になれたことに感謝いたします。

3000グラムあまりで普通に生まれた彼でしたが、
生後2週間で体重が出生時より500グラム以上減り、
そのまま久留米の某病院に緊急入院となりました。

症状として母乳が吸収できず吐き続けるにもかかわらず、
検査しても内臓器官にもアレルギー反応にも原因が見当たらず、
ただ点滴で栄養を補給し生命を維持する時間が長く続きました。

保育器の中に入れられていて、私が手を差し伸べると、
小さな指で一所懸命に握ろうとするのですが、その力は弱く、
ああ、この子は長く生きられないのだろうなと覚悟を重ねる毎日。

結局、何の原因も病気も特定されないながらも、
消化器系に重度の疾患がある乳児向けの栄養剤なら摂取「できそう」ということで、
文字通り消化不良なままの退院となったのです。

と こ ろ が

その栄養剤との相性はよかったようで、「すくすく」というほど順調ではないにせよ、
嘔吐を起こすこともなく、発育不良を疑われることもなく、
普通に歩き、普通に遊び、普通に喋るようになっていきました。

そして2才くらいからは、アレルギーリスクの高い数品目は避けるながらも、
米や肉野菜など、そこそこ食べられるものも増えてきて、
茫漠とした乳児期を過ごした3才年上の兄と比べても、ずっと活動的になりました。

ブログを始めたのはそんな時期です。

彼が成長して行く幸せを感じつつも、いつかこの子は、
「ある朝、気が付いてみたら息が止まっているかもしれない」と心配しつつ、
どこかで客観的に距離を起きながら接しているところがあります。

何もリスクを想定しないままに突然訪れる悲しみには、
きっと耐えられないだろうと思うからです。
不毛かもしれませんが、自分の心に多少の保険をかけているのです。

そして、もしかして他の人より短い期間しか生きられないとしても、
ここに彼が居た証を、いろいろなところに記録しておきたいという気持ちがあり「ました」。

すっかり過去の話です。

実際のブログがいまどんな状態になっているかは、
お読みくださっている皆さまがご存じの通りです。
まさか「当初は息子の成長記録に代えて」というコンセプトを含む予定だったと申しても、
誰も信じてはくださいますまい。まあ実際半分くらいは嘘かもしれませんし。

出生当初の栄養不足が関係しているのか、
彼は今でも小柄ではあるんですけどね、現時点でまだ140センチに満たないです。

しかし彼への扱いは年々ぞんざいとなっております。
我が家で当時の彼は「生きるのをサボってた時期」と表現される始末。

そんな彼のひと区切りにおいて、これまでの12年を共有してくださっている方々に、
あらためまして感謝申し上げます。長文をお読みくださってありがとうございます。

父はそんな日も仕事をし、バスに乗り、ツイッターが動かないと呻いておりましたが、
そこそこ幸せに暮らしていけています。
こういう体験の暴露が、誰か何か苦しんでいる人の一助になれば望外の喜びです。

人生なんて、きっちり過ごさなくていいんですよ。生きてるだけで丸もうけ。

これからもいろいろと、つらい時期というのはやってくるでしょうし、
それが乗り越えられなかったときに、私にも彼にも死がやってくるのでしょうが、
まあそれもまた運命だったってこと。祝福と共に迎える現実です。

ゆるやかに、ゆるやかに。自戒を込めて。


金武2728 原→「201博多駅」→南新地
壱岐5945 南新地→「507三陽高校」→天神ソラリアステージ前
 ツイッター不調にて100円循環惜別の皆さんと合流できず
那珂川1257 天神大丸前→「100円循環内回り」→博多駅前
 よねさんと
愛宕浜8004 博多BT→「100円循環内回り最終」→博多駅前
 SCENE Bさんとえぬななさんとノアさんと、博多座からかのさんも
壱岐5967 博多BT→「514生松台経由野方」→生松台に寄らず野方
 ご帰宅に途中まで同行
壱岐6238 野方→「504天神方面」→天神北
 野方で意味もなく着発折り返し
壱岐5943 天神北→「深夜203野方最終」→原
 深夜バスを記録しつつたいがーさんと、車内で前田さんにも

  


Posted by ちょんびん at 23:58Comments(0)妄想・虚言

2018年02月20日

北九州バスあるき第1回基本線

0805千代四丁目→「75香月営業所」→香月営業所0812
0822香月営業所→「61筑鉄中間」→筑鉄中間0850 
0912筑鉄中間→「67中鶴北部経由筑鉄中間」→塔野口0937
 塔野口~船越団地
0952船越団地→「76九州病院経由黒崎BC」→引野口1007
1020引野口→「74-2宮の谷方面」→則松1039
折尾駅西口1118または1120

1141折尾駅→「特快1砂津」→砂津1241

1315砂津→「110恒見営業所」→恒見営業所1415
1440恒見営業所→「48緑ヶ丘方面」→門司駅前1531
1555門司駅前→「60淡島神社」→淡島神社前1610
1635淡島神社前→60「恒見営業所」→畑1645
1648畑→「40門司港駅」→門司港駅前1709
1721門司港駅前→「74和布刈」→和布刈1735
1751和布刈→「74戸畑渡場」→レトロ鎮西橋1759
1801門司港レトロ→「170大門」→砂津1828

※変動要素
香月営業所で「53」に乗れたら、星ヶ丘快速に乗り換えるかも
中間2周は必要ないと思ったら、「61」を塔野口で降りるかも
中鶴から北九州市営で折尾に行く人が出るかも
「76」に乗り遅れたら、「75」で引野口まで行き、「74-1」で折尾へ

どこかで昼食時間をちゃんと取るかも

砂津で若松行きとか見たら衝動的に乗るかも
「60」が畑まで乗れなければ伊川あたりで乗換かも
夕方はテンションが下がり、和布刈まで行く必要があるか疑念を持つかも
折尾砂津に敬意を示すように、最後は門司港砂津で締めるかも

当日はツイッターのタグ #北九州バスあるき をご参照ください。

参加者には無理矢理チョコレートを押し付け、300円徴収します(笑)。

  


Posted by ちょんびん at 18:24Comments(0)妄想・虚言

2018年02月04日

営業所めぐりバスあるきの惨憺


「福博バスあるき」というイベントを主宰しておりまして、
みんなでバスに乗って何かのテーマに従って楽しもうよ、というものなのですが、
1月7日におこなったのは、福岡都市圏の西鉄バス営業所めぐり

上記のリンクをごらんいただければわかりますが、福岡市の郊外部を辿ることになります。
その中で比較的都心部にあるのが百道浜営業所でして、
そこからスタートして、乗り換えたのがヤフオクドーム前。



まだこの時点では、誰も合流していませんし、バス停風景を撮る気もあるのですが、



その後いろいろあったにも関わらず、次にカメラを取り出したのはここ。



金武営業所。



ここでバスの待ち時間があったのが覗えますね。



そして次は柏原かよ、という飛び方。アンパンマンが居なければ、撮っていないかもしれません。
乗って楽しむことと、撮る作業は時として両立しないのですよ。
その時間を有意義に過ごすなら、参加者との会話を優先することになりますし、
後からの記憶の補完を目指すなら写真が欠かせませんし、どちらも大事なのですが。



そして西鉄大橋。ピンクのスマートループ。Wは渡辺通の頭文字です。



最後に吉塚営業所。これで終わりです。教訓:イベントの時は撮影を諦めよう。


  


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)妄想・虚言