地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年04月18日

筑紫駅ちょっと、春日原駅ちょっと。


筑紫駅の西口、待機するバス。



東側、もともとのロータリー。


9000形。


電車移動の途中で、高架工事中のため移動すること前提の仮設春日原駅バス停。



バス来ました。


  


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)二日市

2018年04月17日

雪の浦の下


山家道、晴れてます。



浦の下に到着、浦の下方面の表記がそのままです。



上西山行き。



雪で運休中。



そんなにたくさん積もってはないのですけど、上西山までは標高差もありますし。



残念ながらここで折り返し。



小屋。



ここからの始発があるので、本数が増えたような錯覚に。



雪の残る道を、バスが折り返してきて、しばしの滞在が終わります。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)二日市

2018年04月16日

雪の西鉄二日市と山口


2018年2月。まだ赤バス5台並びなのが、いつか懐かしくなりますよ、きっと。



チェーンあります。



チェーンあります。



山口に到着。



周辺に雪。



チェーン外してます。



ぬかるみになった雪のあと。



戻ります。

なんとなく非日常が感じられて、楽しかったですよ。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 21:42Comments(0)二日市

2018年03月09日

イオンモール筑紫野


改修が終わりまして、雨の日も快適にバスが待てる位置関係になりました、と言いたいところですが、
本当は待合室みたいなのがあって、密閉空間からバスの往来を見ることができれば、
外気温に影響されないので暑い日や寒い日も快適なんだろうに、とは思います。

来店客の殆どは自家用車で、バスで来る層はあまり大事にされてないのかもしれませんが。



まあ改修中の環境よりはマシなんでしょうね。

改装中
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1785075.html



西鉄仕様でないバス停。



と思ったら、後ろにありました。



イオンモール筑紫野。両方向が同一箇所に停車します。



こういう場合に、時刻表を並べるのはどうなんだろうと思います。



ピロティを走るバス。



けっこう乗りました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)二日市

2018年03月08日

井手の古賀


左側の空き地が、元の転回場



バスは脇を走り抜けていきますが、ここ留めの設定は今ありません



バス停はすこし二日市寄り。



ちゃんとバスカットも待合も。



電線もたくさん。



井手の古賀。



だいたい1時間に1本。



反対側バス停の時刻表を見るとお分かりの通り、平等寺まで行くものがあるので、
折返し時間が一定ではなく、帰り便が遅くなるのでしょう。



と、郊外方向。



こちらは基本降りるだけの想定。
路側帯すら定かではなくて、立ってバスを待つのも怖い環境です。



待合小屋内の地図。



現在地でないところに現在地。ちなみに本当の現在地にも現在地と描いてあります。



橋を渡ったところにも転回可能な空間。



こちらは福祉バス。



萩原。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)二日市