地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年07月13日

被災地杷木


7月9日、杷木インターチェンジ前で渋滞。脇には大量の流木。



バス発着所近くのガソリンスタンドも、土砂流入でこんな感じに。



バスは4台揃って無事っぽく。このあと午後に戻ってきたら、1台しかいなくなっていました。
甘木あたりに出稼ぎに行っていたのかもしれませんが、明日から甘木杷木間運行再開です。



徒歩で滑りながらガソリンスタンドに戻り、



泥濘の中を走るバス。



福岡まで50キロ、筑紫野まで33キロ。
車でもバスでも気軽に行ける距離ですが、こんなに近い場所で凄いことが起こりました。



バスが通常通りに発着できるようになったのは、復興への足掛かりになりますね。



天神までも気軽に。



日曜日は同窓会だった朝倉光陽高校でしたが、行われてないでしょうね。



長崎からのバスも、



別府大分を目指します。



川でない場所にも多数の流木。水の力の恐ろしさです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 20:17Comments(0)二日市

2017年07月12日

水害後の浜川


コンビニの駐車場に堆積した土砂。



道の反対側にバス停。



道路に流れ着いた材木を、路側に避けている状態。



方々で片づけ作業が行われていました。



「浜川」。朝羽高校前。いまは朝倉農業高校との統合により、朝倉光陽高校となっています。



バス停の足元も、このように。



2017年7月12日現在、バスは全て運休です。
9日に車で走った時点では、原鶴温泉と比良松の間の国道が通行止めでした。
志波付近の被害が大きかったようです。



バスの中に水が入り込む動画で注目されました。
いったいどれだけの水が、この付近に流れ込んだのでしょうか



運ばれた土砂は至る所を埋めています。また近いうちに伺いたいと思います。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)二日市

2017年06月30日

西鉄自動車学校入校


高速バス車両でお出迎えをいただき、



岡山まで夜行バス往復出張という妙なテンションで、



西鉄の自動車学校に向かいます。西鉄ステーションサービスに敬意を表して八女茶。
みなさまも西鉄を愛しているのであれば、西鉄グループ商品を買いましょう。できればnimocaで。



西鉄自動車学校の沿革など学びます。
U所長が講話をされている姿や、主催のテンジン大学Iさんのかぶりもの姿も撮りましたが、
まあ個人特定のリスクを負う必要もないかと思いますので、スライドだけで。



福ビルさんがどんたくで被るいろいろ。公式アイテムです。



スリッパも西鉄ロゴ入り。スリッパを常用するような生活はしておりませんが、ちょっと欲しいかも。



飲酒運転を防止するための機械も体験。



アルコール検出なし。



玄関先にキングが停まっているのも気になるのですw


  続きを読む


2017年02月12日

南ケ丘五丁目


真っすぐな坂道を、



行き交うバス。手前を右に折れると、また坂



南ケ丘五丁目。



いい本数走ってますよね。深夜以外は、最大の間隔でも、20分そこそこ。



このタクシー待機場も好きです、と前回も主張しました。。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 23:14Comments(3)二日市

2017年02月10日

牛頸


うしくびの人からコメントをいただいたので、牛頸
インフルエンザで水曜日から会社を休んでおり、時間だけはたっぷりあるはずなのですが、
ブログ記事を書きためる目論見は進むことなく、自転車操業なのをいいことに即時対応。



元祖博多からあげ専門店田中屋本店。
ここを博多と認定するためには、どのくらい離れればよいですか。

わたくし京都市内の出身ではありますが、5才までしかおらず、
その前に桂って西の端のほうで、昔から市内中心部にいる人からしてみたら、
西京区って何?(西京区が右京区から分区したのは昭和51年で、つい最近w)という扱いなのです。
そんなことない!という異論は受け付けません。あくまで当方の実体験をもとに語っております。

でも博多というか福岡というか九州の方々からすると、市内であることに間違いはなく、
いやうちの父は亀岡生まれですし、
母は八幡の出身で学校は小学校から聖母なんで大阪人みたいなもんなんで、
でもそんな「細かい」こと全部ひっくるめて京都さらには関西とか近畿とか、
バウンダリーの扱いって思ったよりセンシティブな話のはずなのですが、
当事者から距離的にもしくは精神的に離れれば、だんだんどうでもよくなります。

「境界線」「慎重さを求められる」の部分をカタカナ語に置き換えるのも似たような理由からで、
あまり明確な意味を持たせずに、なんとなくニュアンスだけで読んでほしいところがあります。

で、ここは博多じゃないと思うんですよん(笑)。



平野神社。地元の小学生の書き初めかと思ったら、



市長でした。
目指すところは村上三島方面だと感じられるんですけどね、
迷子になるまえにまだ出発もできてないように感じるのは、上から目線が過ぎますかね。



こちらも当時の市長の筆によるもの。別の方ですが。



行政の長たるもの、達筆でなくてはならぬ、と主張するつもりはまるでなく、
むしろ、なぜ長であることを求めねばならぬか、とああ意図したこととまったく違う内容のまま、
この記事を終わります。関係者の方には多少お詫び申し上げます。
いやこの「平野神社」は達筆なのである、という主張もお待ちしております。
当方には、都市高速福大トンネルにも劣るものに思えてなりません。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 18:48Comments(2)二日市