地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年03月07日

むさしヶ丘三丁目


まもなくダイヤ改正がおこなわれますが、こちらは先年のダイヤ改正区間です。



前掲の写真向かって左側に曲がると、高速道路の脇に広い転回場。
だいたい1台しか使わないと思われるのですが、この広さには何か根拠があるのかないのか。



空白部分を埋めてボケてください(違)。
赤文字は注目部分を目立たせるために使われますが、日光に曝されると色が褪せます。



高速道路との距離感。真面目にこのブログと向き合うのであれば、
高速バスがこの区間を走り抜けるまで待てばよいという考えもあるかと思います。私はやりませんけど。



そして延伸区間の新設バス停です。
坂の上の、トラックがいる辺りにあるのが、これまでの終点「武蔵ヶ丘団地」。



JRや二日市への乗り換えと、イオンへの買い物が便利です。



イオンモールに寄るものと寄らないものの2系統。
けれども二択なのではなくて、時間帯によってどちらが重視されるかは明確になっています。



むさしヶ丘三丁目は、ひらがなです。隣の武蔵ヶ丘が漢字表記なのに。



転回場から徐に、バスがやってきます。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 11:41Comments(0)二日市

2018年03月06日

大野城総合公園


バス専用道路?



こんな感じ。



駐車場の一角。



進んだ先は、



行き止まり。



高台。

平成初頭、「12」が南福岡から走っていました、「大野城総合公園」。
前掲の専用道路は、バスの待機と折返しに使われていました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 09:36Comments(0)二日市

2018年01月15日

西鉄二日市2017


ああそうか柚須原も「1-1」になったんだよね、ということでJRから西鉄へ。



柚須原方面は3番のりば。



吉木入口から吉木までの直線が残っていて、



二日市側からの乗りにくさ、というと他の手段がありそうですが、吉木側からは乗れません。
まあ特定便を狙えばいいだけで、都心側から戻って来られる分、
二瀬川よりは2ランクくらい簡単といえますけれど。

でもこれ二日市の時刻表では平日も土曜日も葉光ヶ丘を経由しないことになっていますが、
にしてつ時刻表や九州のバス時刻表では土曜日だけが直行ということになってます。
たぶん土曜日だけ直行なのが正しいんでしょうね。
すると平日限定より日祝日限定より年間本数は少なくなりますので、難易度は上がりますよね。



せっかく二日市ののりばに注目したので、ほかの乗り場も。二日市温泉循環は両方向。



平等寺が2のりば。山口急行も健在です。



下大利駅方面は6番のりば。行先番号は「22」。



まだ赤バスがメイン。



太宰府行き。



タクシー乗り場とか電車とか。



下大利駅行き。



出発して最初の右折から、なかなか大変なところを走ります。



平等寺も西鉄二日市出発時は西鉄の標準仕様です。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)二日市

2017年12月07日

筑紫駅


西鉄の駅、現在は両側にロータリーがある構造ですが、
片側で賄えないほどに隆盛を誇っているなんてことは全くないのです。むしろ緩いです。



筑紫駅。こちらがオリジナルなので、筑紫駅。
新しく後からできたほうが、筑紫駅西口。こちらは東口なのです。



1時間に1本ですが、特定の急行に接続、という感じでもないですな。



いちおう鬼ごっこを兼ねていたので、上西山まで登った帰りは、
山家駅で降りて原田までJR利用というフェイントをかけます。誰も追いかけていなくても自己満足です。

#ちょんびん鬼ごっこ



そのあと、みどりが丘団地入口まで行ってます。後から考えると、暇してますよね私。
皆さまにささえられて依存してお零れを頂戴して生きております。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)二日市

2017年11月24日

水城の里郵便局


マルキョウの郵便局。



郵便局、先に交差点。



太宰府コミュニティバス、水城の里郵便局。



リエッセ。



ああ、こういうのも懐かしくなっていくのです。



都府楼前駅。



ももいろクローバーZの太宰府記念コンサート、一昨年の写真を、いまさら載せます。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 23:58Comments(0)二日市