地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年06月12日

萩尾分校前


走っているのは土井所属なので、ここは福岡茶エリアかなぁ、と悩む場所。



バスの行先は篠栗。



こちらは町のバス。地元の人が使えるのはこちら。
先ほどの西鉄バスは付近の集落を顧みることなく、呑山観音と篠栗を結んでいます。
萩尾くらい停まってもいいんじゃないかと思うんですが。

■呑山観音寺
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1991449.html



立派なおうち、という小学生でも言える感想。45年生きている矜持は特にありません、成長も。



バス停にはもれなく反応する一貫性には自信があります。褒めてもらえるようになったのは最近です。
ということは、セルフプロデュースは上手になったんだと思います。



オアシス篠栗、福祉巡回バス、萩尾分校前。



投げやり。
どこに行くのか、どうやってつかったらいいのか、初見の人にも分かるように掲示するのが親切で、
特定の勝手知った人たちだけにしか分からない表現は怠慢と言います。

でもバス停って全国的に往々にしてビギナーストレンジャーの利用を阻む体裁で、
そういう不便さがマニアとしては支配欲征服欲をそそられる部分も無きにしも非ず。
具体例を挙げようと思ったら下ネタばかり並んだので、以下自粛。



萩尾神社



カフェ。



車販売中。



8万。



分校はこちら。



立派です。

ブログ10周年を前にして、未掲載なまま長い間残している写真を整理しようと目論んでおりまして、
毎日掲載箇所や撮影時季がバラバラな記事となっております。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡茶

2018年06月08日

八田のコメダ


コメダ。



おしぼりがオサレ。



ヒレカツたべて、



レシートを撮影した去年。
何がしたかったのかわからないのですが、未掲載の過去記事に残ってますので上げておきます。

このままだとバスブログぽくならないので、八田の過去記事でもリンクしておきます。

■八田東
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1998375.html

■八田南
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1998468.html

■八田西
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1998466.html

■八田北
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1998377.html

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡茶

2018年01月05日

八郎町増加


バスはこんな感じでいろいろと走るんですけど、だいたいのバスは通過してしまうのです。



飛行機もすぐ近くを飛ぶんですけど、バス停としては何のメリットもなく、
先の交差点をバスは頻繁に通過しているのですが、ここに寄る気はないのです。



八郎町。博多駅方面。



通勤需要があれば朝時間帯に走りそうなもんですが、
豊二丁目まで歩いてもさほど支障ないでしょって判断なのかと思います。



でも注連志免からのバスが増えまして、



既存の「38」も増えるので、全体で7本になります。ただ夕方一点集中。



自動車関係の多い風景。



北海道ラーメン。



榎田中央公園。



向かい側のバス停も、主張薄めに佇んでいます。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)福岡茶ダイヤ改正

2018年01月04日

榎田町改正


榎田町、郊外方面、百年橋通り。



38番。



朝一本。



こういう場合のダイヤ改正は、トドメを刺されることが常なれど、



画期的な増加、その数7倍、けれども始発から終発までわずか50分。
いろいろな意味で「ネタになる」改正となっています。



経路的にはこちらのほうが遠回りなのですが、さて渋滞がこちらのほうがマシと判断されたのか、
それとも通勤需要があると見做されたのか、現状の利用状況がこの時間帯豊付近でまったくないのか。



まあ何はともあれ、増えるのです。



めでたしめでたし。逆方向については、隣の八郎町で同じことを書きます。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)福岡茶ダイヤ改正

2017年11月15日

篠栗北


高規格道路下のトンネル。



篠栗の鳥とアイコン。



抜けて、



階段。先に何があるのか見通せなくて、



あんまりひとりで進みたくない道。あくまで一般論。私には身の危険が起こりづらいので。



視界が開けたら、普通のバス停。ドラマの結末としては残念。



普段からの利用者にはそんなこと問題ではなく、
篠栗からこんだけの頻度で天神行きが来ることには価値があります。



そのわりにはワタクシ、筑豊行くときは急行しか乗れないチケットを使うことが多くて、
ここ篠栗北で特急にどのくらいの乗降があるのか肌で感じておりません。



粕屋警察署寄らないやつは、もう次が蔵本ですもんね。



素晴らしい本数。篠栗だけでこの維持は難しいでしょうが、
飯塚田川の経由地であることの価値そして勝ち。

そして例えば福岡インターから高速道路が分岐して飯塚に直通した場合に、
もし篠栗インターバス停ができたとしても、どれだけの本数が寄り道するのか。

杷木は強いなぁ、とこんなところでも思います。



重ねることで、【土曜】という表記の下に日曜日の時刻表があるのは紛らわしいです。
でも色を分けてあることでかなりの確率で間違わないのかもしれません。
そして色弱の人たちが貧乏くじを引くようにできています。
自分でない存在を慮るのは、思ったより難しいなぁと思います。



あ、階段ここにもありますね。



シムシティ的。



店舗は雑多。



ささぐりーん歩道橋。一般路線バス車両が走っていることは、特に触れなくてもよいでしょう。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 19:51Comments(0)福岡茶