地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年11月30日

石崎公民館前


終点までバスに乗ってきて、同じ路線で折り返すのは負けだと思うのです。
20分くらい待機時間があって、周辺風景がそれなりに押さえられればまだしも、
着発で折り返すのでバス停板だけ写真に撮るとしたら、それは訪問したといえるか微妙。
そう言いつつ何度もそういう似非訪問を繰り返していますがね。



ですので両筑苑のように他の交通手段まで歩くのが大変な位置の終点は、
到着後の展開が難しくて、こうやって途中で降りたりするわけです。



久留米市のコミュニティバス、石崎公民館前。歩いて久留米方面に戻ることも可能ですが、
ここは敢えて西鉄甘木線の古賀茶屋まで歩くことと致しましょう。

西鉄電車にも乗れるワンデイパスを持っているのでこの選択肢になっていますが、
バスしか乗れないチケットなのか、都度課金なのかによっても変わってくるとは思います。



これは本当に読む気がしないので、誰か優しい方「バス路線探検家の会」ででも解説してください。



本数が一緒で11分後にやって来るということは、先に上弓削まで複乗してから、
終点のコスモすまいる北野へ向かってるのだろうと推測できます。



南の交差点が、「22」のバス路線道路です。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(2)その他

2017年11月04日

川崎駅から羽田空港


福岡民として西公園行きに反応してみたりしますが、まあ街の中心より西に公園があればいいだけで、
特に固有名詞として珍しいわけでもありますまい。ただ福岡は都心の終点だっただけ。



昨今なぜか注目されつつあるような気がするバニラ。バスクラスタ内だけですか。



横浜で沢渡循環に乗った後ですので、素直に京急に乗れば空港に行けるのですが、
下町から急に空港エリアに景色が転換する沿道を勧められて、空51系統で羽田空港へ。



川崎市内から東京都区内へ、そして羽田空港特定区間に。どちらにせよ280円は安いのです。



羽田空港の羽田も地名なんですよね。羽田車庫に馴染みがないので不思議な感覚。
以上をもちまして、やっと6月の東京訪問が載せ終わりました。お付き合いありがとうございます。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)その他

2017年11月03日

横浜駅から沢渡循環


どこで撮ったか忘れました。鶴見駅か横浜駅か。



横浜駅では、まず一直線にこの乗り場に。「34」系統、沢渡循環。



10いくつかしかバス停のない、短い循環線です。横浜駅西口に戻ってきます。



1時間に3本ほど。



この日の夕方に飛行機で福岡に戻る予定のため、こちらは時刻表撮影のみ。



ひと回りして帰ってきました。学校前からの狭い坂道が楽しゅうございました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)その他

2017年11月02日

安善町と安善町二丁目


安善駅前から続く貨物船からさらに引込線が道路をクロスしてこちらへ。



その先はフェンスに阻まれていますが、錆びの具合からは頻繁に列車が走っている感じ。



軍用犬が巡回していることを敢えて提示するのは、侵入しようとする人がいるんですかね。



どんなところかもわからずに乗ってきたバスの終点。
面白そうなところだよなという予感はあるのですけれど。



安善町。次のバス停を表示するスペースがあるので、ちゃんと終点を主張しています。



バス、見えますか。構内に入って転回して待機。



そして戻ります。この姿が撮りたくて、バスを1本見送り。



乗るんじゃないのかい?と心配してくださるように、バス停で待機されておられましたが、
すみません、この後姿も撮っておきたかったのです。恐らくもう二度と来る機会もないでしょうから。



始発の安善町。もともと陸地ですらなかった場所なので、地名は全部安善絡み。



鶴見駅まで。



1時間2本。



安善町始発の向かい側にもバス停がありまして、



こちらは片側だけの安善町2丁目。
西鉄の場合、丁目の前の数字は漢数字表記ですが、ここは算用数字。
横浜市営バス全体の統一ルールがあるかどうかは、今のところ検証する必要もありません。



踏切はないのですが、停止線はあります。




ということでここで小一時間を過ごして、バスで同じ経路を戻ります。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)その他

2017年10月31日

伊良原ダムの見学台から


駐車場にバスが停まって、



撮影タイム。



伊良原ダム見学台。



さて出発。



一般車両通行止めの区間へ。



急坂を下って、



ダム到着。



見ろ、人がゴミのようだ。#違う



最近湛水が始まりまして、現在はもうこのバスが居る場所も水面下に。



説明を聞く人たち。



この時は、まだ堰堤の建造も途中でした。



みやこ伊良原ダム。


真剣



そのもの。いや何を喋ってるかは聞こえませんけどね。



もう見られないこの風景。



ダムに使うコンクリは、現地生産でした。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)その他京築