地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2008年07月05日

防塁前~平和台 もと路面電車貫線

午前中は「1」沿線を廻れなかったので、あらためて原から出発。


原
でも素直に藤崎方向へは午前中に乗ったので、六本松方向へ。
市内中心部で一日乗車券を使う場合、均一区間まで中村大学まで160円、
防塁前までは170円かかるので、10円節約にもなります。


別府二丁目
別府二丁目で下車


護国神社
一日乗車券を調達して、114で護国神社へ移動。
ほんとは車内で精算することもできるのですが、
なんとなく面倒なのでいちど別府二丁目で降り、
次に乗ったバスで一日乗車券を買います。


六本松大通
歩道に埋め込まれた標識。


大手門
城内経由で大手門へ移動し、「1」系統沿線に移動完了。
福岡市内中心部のバス停は、このようなブース形式が主体になっていますが、
運転手が乗客の有無を確認しづらいデザインだと個人的に思います。


福岡フィナンシャルグループ
福銀グループの本店ができてました。



わけのわからないオブジェたち。
とか言ってる私はキースヘリングが大好きですが、
アレも一般の方にはよくわからない落書きのようで。



高いビルを意味もなく見上げてみる。



「1」「3」のバスが頻繁にやってきます。さすが貫線。


大手門三丁目
福銀の敷地を通り抜けると、昭和通の大手門三丁目まではすぐ。



ということで、大手門三丁目に来てしまいました。



土曜日の夕方は昭和通も長閑な空気。



待っている時はなかなか来ないのに、乗りたくないときはすぐに来る「2」


西公園
とりあえず西公園に移動。といっても西公園までは遠く、
どちらかというと大濠公園の方が至近。


 西公園
西公園バス停からは、ビルのピロティの先に大濠公園が見えます。
通り抜けてよいのかどうかは微妙。


黒門
一日乗車券があるので、黒門までひとバス停移動。いやな客です。


西公園転回所
東方面へのバスが頻繁に出発していきます。


西公園転回所
ここは営業所ではないので、上司の目が光っていないからか、
方向表示を点けているバスが多いように感じました。


防塁前
さっきはひとバス停だけで下りてしまったのを反省して、
黒門から防塁前へ。一日乗車券で乗れる西の端です。
たまにしか見ない羽根戸経由に遭遇。


防塁前Gパンセンター三和貿易前
防塁前といえばGパンセンター三和貿易。
ってこのネタがわかる方は、昔からのこの路線利用者かと。


防塁前
防塁前という名前がひとつの地名化しているので、
元寇防塁遺跡の前だということに気づいてない人、いませんか?
「西高下」も、西福岡高校の下だと気づくまでに時間がかかった私です。
いまは「講倫館高校前」になったので間違いませんが。


防塁前
3年間通ったはずの通学路。もう覚えてません。


西新パレス
西新パレス前。夏はロッテリアの100円シェーキを買いに来た記憶があります。


西新一丁目
藤崎方向西新一丁目バス停は、西新パレス前のほぼ真向かい。


西新パレス
西新パレスは元岩田屋の前なので、上下線でかなり距離があります。
・片方向しかないバス停を集中訪問
・上下線がすごく離れているバス停特集
なんてのもやってみたいと思います。「36」の新原とか。


地行
地行に到着。ヤフードームへ行く時に利用します。


鳥飼八幡宮
11月には九重部屋がやってきてくる鳥飼八幡宮。
高校時代に千代の富士を見に行きました。20年くらい前ですな。



「九州国技振興会」という看板を掲げたビルも、何か関係があるのでしょうか?


平和台のカモ
平和台の堀端で、カモ発見。


平和台のハス
ハスも堀いっぱいに茂っています。

と、ここでデジカメのバッテリーが切れたので、
ここからは一日乗車券で乗れる限りうろうろしてみました。

那の津の港でバッテリーがちょっと復活。
夕焼けを眺めるカップルたちの視線がいたい中撮影。


原→別府二丁目 160円
※以下 一日乗車券利用 600円
別府二丁目→「114」→護国神社前
護国神社前→「13」→大手門
大手門三丁目→「29B」→西公園
西公園→「3」→黒門
黒門→「2」→防塁前
防塁前→「2」→西新パレス前
西新パレス前→「3」→地行
地行→「1」→大名二丁目
大名二丁目→「1」→天神福銀本店前
天神北→「61」→福浜
福浜→「68」→天神北
天神北→「205」→那の津四丁目
那の津四丁目→「62」→那の川
那の川→「55」→平和二丁目
平和二丁目→「55」→那の川
那の川→「69-1」→曙二丁目
※以上 一日乗車券利用 600円
曙二丁目→「11」→弥生二丁目 160円
弥生二丁目→「2」→原往還 乗継割引100円(通常160円)

計 1020円(通常1080円)  


Posted by ちょんびん at 23:58Comments(2)福岡青

2008年07月05日

姪浜 能古渡船場 気の向くまま

ブログを書くにあたって、路面電車以来の伝統に敬意を表して、
行先番号「1」沿線を訪問することにしました。


コザルさん
きょうもコザルさんがついて来てます。


原サティ前
原サティ前から有田方面を眺めます。1車線だった時代も今は昔。


西鉄バス新塗装
新型塗装バスが来ました。そのうち全部の塗装がこれになって、
いまの赤い色を懐かしむ日がやってくるのでしょう。


原往還
原往還に2-9がやってきました。コザルさんを連れて撮影すると、
そのあと乗り込むのは難しいため、1本パスします。


早良口交差点
早良口到着。ここも立派な道路が完成間近です。


ヒマラヤ山系
コザルさんが妙なテンションでポーズをとっています。
どうせなら「ヒマラヤ山系」でも目指してもらいたいものです。


早良口交差点
「1」が来ましたが、駅南口ではなく「姪浜」に行きたいので、とりあえずパス。


愛宕四丁目付近
先に「9」能古渡船場が来たので、とりあえず乗ってみます。
豊浜団地経由になったので、愛宕から右折して、都市高速の下を走行。


能古渡船場
マリナタウンを経由して、能古渡船場に到着。
途中「マリノアシティには行きません」と運転手が何遍も繰り返していました。


マリノアシティ
マリノアシティは向こう岸です。


のこ渡船場
渡船場の建物。


コザルさん
塀の向こうは海です。渡船場だから当たり前ですが。


愛宕浜営業所
愛宕浜営業所のバスたち。
エンジン始動は発車の直前という指導を受けているのか、
みんな行先表示が消えていて面白くありません。


能古渡船場バス待合所
バス待合所を掃除するあんちゃん


能古渡船場バス待合所
「9」が来ましたが、同じ方向に帰ることになるのでパス。


整理券番号ゼロ
次に都合よく「98」が来ました。これで「1」路線訪問に戻れるので乗車。
運転手の設定ミスでしょうか?レアもの?の整理券番号ゼロ


姪浜駅北口
姪浜駅北口で下車。
乗客はみんな南口を利用するので、にぎわいはまばら。


姪浜駅北口コザルさん
いまは使われなくなった昭和バスのバス停がまだ残っています。



駅2階に電車が見えたので、コザルさんの希望により乗車。
これに乗ると今宿でちょうどコミュニティバスに間に合います。
ホームについて下を見たら、乗ってきた純真女子大学ラッピングバスが、
すでに姪浜駅南口を折り返して発車してました。よく働くなぁ。


筑前前原行
筑前前原行が来ました。残念ながら地下鉄型車両


今宿駅
今宿駅到着



野外活動センター方向から今宿駅までのバス利用者は8名くらいいました。



2008年1月導入の新車。内装も綺麗です。


西鉄バス姪浜バス発着所
姪浜で下車。


西鉄バス姪浜バス発着所
本来の目的地、姪浜にやっと到着。

西鉄バス姪浜バス発着所
月見町と吉塚営業所行きが折り返すだけなので、がらんとしています。

姪浜駅南口
姪浜からバスに乗ろうとしましたが待ち時間が長いので、姪浜駅南口まで徒歩で移動。


マリノアシティ行昭和バス
マリノアシティ行は昭和バスの担当です。



コザルさんが寝そうなので、石丸新町へ移動。
やっと「1」に乗りました。



大町団地近くの美容室で、ヨメが髪を切っているので、
コザルさんを押し付けに移動。とりあえず本日午前の部はここまで。

原往還→「2」→早良口 160円
早良口→「9」→能古渡船場 乗継割引130円(通常190円)
能古渡船場→「98」→姪浜駅北口 乗継割引100円(通常160円)
姪浜→JR→今宿 200円
今宿駅前→「コミュニティバス」→姪浜 250円
姪浜駅南口→「1」→石丸新町 100円

計 940円 
西鉄バス490円(通常610円) その他バス250円 JR200円  


Posted by ちょんびん at 23:50Comments(0)福岡青