地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2008年10月13日

柳川・大川 行程表

車利用

瀬高駅前一里石百町駅跡西鉄柳川辻町伝習館高校前かんぽの宿柳川大野島農協前早津江昇開橋前大川橋(西鉄バス久留米 大川支社)→若津筑後川昇開橋

午後からの出発であまり時間がなかったので、車で柳川周辺を散策。
天候に恵まれて西日が非常に強かったので、撮影には苦労しました。

10月13日の全記事  


Posted by ちょんびん at 23:58Comments(0)行程表

2008年10月13日

若津筑後川昇開橋 大川側


筑後川昇開橋。先ほどは諸富(佐賀県)側からでしたが、こんどは若津(福岡県大川市)から。



バス停も「若津筑後川昇開橋」。
こちらはバス停名の表示をバックに撮影ができるくらい、すぐ近くです。



折返場は整地された長方形区画。



橋側はすぐ堤防です。



「1」は大川の中心地を抜けて、柳川までの路線です。

10月13日の全記事

  


Posted by ちょんびん at 17:12Comments(0)久留米

2008年10月13日

大川橋 西鉄バス久留米 大川支社


大川橋。西鉄バス久留米の大川支社前です。
現在はここから南に向かうバスはなく、バス停の次停留所表示がテープで隠されています。
以前は若津から西鉄ストアの方に路線があり、次バス停は「若津上町」だったと思います。
木工の町らしく、木製のバス停が大川市内の各地に設置されたことがあり、
その名残が放置されています。

10月13日の全記事



大川支社。筑後や八女と違って、羽犬塚・柳川・大善寺と担当路線は多岐に亘ります。
柳川高校スクールバスもいました。



久留米方面へ向かう大川橋バス停。ほとんどが下林経由ですが、朝夕のみ鐘ヶ江経由があります。
集落としては鐘ヶ江のほうが大きいのではないかと思いますが、
鐘ヶ江以外のところが川べりの人家のない地域なので、総合的には下林経由なのでしょう。
下林のあたりはもともと国道385号だったところを走ります。
ここが国道だったのかと驚くような狭さのところが多々ある、乗っていて楽しい区間です。
運転手さんはつらいでしょうけど。



下林経由が夕暮れの中を出発していきました。

  


Posted by ちょんびん at 17:03Comments(0)久留米

2008年10月13日

筑後川昇開橋 諸富側


筑後川昇開橋前。「前」というほどまん前ではないです。



国道からすぐの距離。



佐賀バスセンターからやってきた市営バス。降車客がひとりありました。

10月13日の全記事

  


Posted by ちょんびん at 16:38Comments(0)佐賀市営バス

2008年10月13日

早津江


「6」の終着点、早津江。西鉄バスと佐賀市営バスが連絡しています。
佐賀市営のバス停は「保険病院前」バス停を塗りつぶして消しただけのぞんざいなもの。
柳川と佐賀の間は国道208号を「無番」がつないでいるので、
早津江で乗り換えの需要は、どこのエリアを想定しているのでしょう。



この先の海際には、佐賀空港があります。

10月13日の全記事

  


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)久留米