地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年04月07日

帝京大学福岡キャンパス 路線新設から丸一年経ってやっと


医療系のイメージなので、きっと女子が多いだろうと思いまして、
福岡女学院直行まではいかなくても、乗るのハードル高いかなと心配だった直行。
帝京大学福岡キャンパス行き。乗客私と写真の彼女のふたり。杞憂。



到着してバスは折返し駅西口行きに。



大牟田駅西口にしか行けませんので、方面すら必要ないかも。



路線図が必要なのかどうか。
ユーティリティを考えれば、ゆめタウンに立ち寄るのもよいのでしょうが、
あくまで大学生輸送に特化しておいた方が、安全確保になるのかも。



10時38分は、1限だけで帰る人対応なのでしょう。
このくらいの本数で足るということは、そんなに学生さんの人数自体が多くないのか。



補講か、もしくは土曜や祝日の振替授業か、とにかく平日休めない人でも乗れる設定日。
ホリデーアクトパス所有者は、この日を狙うのがよいかと。
土曜日が休みでない私には関係のない話、と個人的には興味薄。



ちょっと遠くから撮ってみましたが、大雨なので、すぐ屋根のある場所に戻っておしまいです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:37Comments(0)大牟田

2017年04月07日

国立福岡病院 「66」乗り入れ開始


桜の装飾。那珂川のバス。



窓にも。



優先席の後ろにも。



そして到着したのが、3月25日からの新路線、国立福岡病院。



病院も祝賀ムード。
私以外の乗客は、おばちゃんひとり。
「こないだはタクシーで来たけど、お金がかかるからバス路線できて助かるわー」と、
まるでサクラちゃうんか、という模範的発言をして降りて行かれました。素敵。



筑紫口が終点。



美しい均等ダイヤ。平日も土日祝も同本数同時刻で、これだけ等間隔なのも珍しいです。



病院前の駐車場がなくなって、ロータリー化。バスは片隅で待機。



バス停は病院の真ん前。便利です。



バスも国立福岡病院への乗り入れを祝っています。



おまけ、2813のおしり。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 00:02Comments(0)福岡橙ダイヤ改正