地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年04月18日

マニアの遠足 福博バスあるき#2.8-6

前回3月に開催した、ダイヤ改正後の新路線めぐりが第5回で、
今週末の日曜日に開催する、伊都九大→志賀島が第7回

じゃあ、第6回はどこに?と疑問を持たれるほど
当方に注目くださってる方もおられないとは思いますが、
いちおう確信犯にて間の数字がひとつ飛んでおります。

そういうことだったのか!と膝を打っていただく結果になるかどうか、
それは現時点では何とも言えません。
公開できない企画というのは、常にポシャる危険を孕んでおります(笑)。

■2017年4月20日(木)開催
・蓮池
・博多五町
・すの子
・福陵町
・神田町
・馬屋谷
・月見町
・米一丸
・津屋本町
・みどりが丘団地入口

このあたりを放浪しております。昼は恐らく博多駅筑紫口付近に居ます。
どこかで見つけてくださった場合は、まあメシでも奢りますよ(笑)。

  


2017年04月18日

井尻交差点を上から横から中から


こっちにも停車場があって、踏切の向こうにも折返しの駐車場があって、
この辺が都心部の端っこだということでしょうかね。実際に福岡市はここまでですし。



こっちからは「42」が出てきますし、徳洲会病院ができて大通りもバスが走りますし、
井尻の六ツ角は5方向にバスが走って、曲がり方を考えるといったい何通りあるのやら。



煙と変態とナントカとバスヲタは高いところに登りたがることになっております。



福岡女学院に車で通う大学生が増えてはいないと思うので、
ということは昔も今も通学混雑は同じような規模だったのではと思いますが、
こんなに立派なターミナルが必要だったんでしょうか。



ここに女子高生や女子大生が並ぶのは壮観だと思いますが、
その中にひとりオッサンが放り込まれるのは決して幸せではなく、
それは間違って女性専用車両に足を踏み入れた瞬間よりさらに苦痛でありましょう。




  続きを読む


Posted by ちょんびん at 19:40Comments(0)福岡緑

2017年04月18日

草香江 路面電車時代からのカーブ


Y字路。



油山観光道路や別府橋側から来たバスは、鋭角に曲がる交差点。



線路跡だと納得の緩やかな曲線。



直進するものの方が稀少。「54-1」と「96」。



反対側の景色にもバスを求めたら、貸切が来ました。



この屋根は、昭和時代からのもの。



草香江。



極端に減ったといえばそうなんでしょうけど、
まだ時刻表を確認せずにバス停に行ける本数であります。
西新まで行くのに、日中いちばん長く空いて11分。うまいこと分散しています。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)福岡均一区間