地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年05月05日

沖津宮遥拝所 宗像大島観光バス グランシマール


島の真ん中を走る大島観光バス。



海の見える地形をもれなく愛するのは、私が沖浜姓だからでしょうか。



遊歩道。



坂道を下って、



バス停。



沖津宮遥拝所。



チロリアンに反応。



振り返ると遥拝所。
沖ノ島は遠いし女人禁制なので、大島から拝む人が使った聖地。



バスの車内放送は、おきつ「みや」と発声しています。
「よう」と「はいじょ」の間にハイフン要りますか?



渡船ターミナルまで1.6キロ。そんなに遠くはないですね。



好天の中、観光客はたくさんおられました。
世界遺産に登録されたら、あのフェリーで対応できるのだろうか、なんてことも心配しつつ。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)宗像

2017年05月05日

西鉄バス停コラボチョコを語る#7 福岡中央エリア


いろんなことを忘れます。このシリーズの存在も、きっちり忘れていました。
いいんです忘れても。何かのきっかけで思い出すこともありますし、
思い出さないまま過ごして、何の支障もなければ、それもまためでたいこと。

ということで、ブログ管理画面の、書きかけの記事を大量に削除してみました。
後悔するかなー。いやきっと数日もすれば、削除したことも忘れると思います。



■福岡タワー
ランドマークは大事なのです。バスと特徴的な風景のセット、というものを求めた際に、
誰が見てもどこかわかる場所、というのは貴重です。
ただ残念なことに、タワーって長いので、バスと一緒に写せる場所が限られます。



■ヤフオクドーム前
開閉式の屋根、特徴的な色、隣のホテル、ランドマークとしては最上です。
ただ残念なことに、所詮は野球場なので、万人にうける観光地ではありません。
ライブ会場として入ったことがある人も多いでしょうけど、あくまで空間ですから、
ドームそのものを見に行ってるのとは、ちょっと違う気がします。

福岡市に観光地って、今更必要なんですかね、とも思います。
ネーミングライツの関係で、名前が変わるのも、いまひとつ愛着湧かないかなぁ。
何十年も同じ姿で居てくれることを求める価値観ですからね、私。


■港二丁目←すの子→港一丁目
バス停の並びから考えると、港1.5丁目です。すの子バス停は昨日撮影しました。
掲載時に1.5丁目のネタを突っ込む気でしたが、ここで使ってしまったので、
本記事掲載のときは新しい成り行きに身を委ねます。
ここでそう書いていること自体を、きっちり忘れるという事態も想定しつつ。

博多ふ頭の漢字かな交じりには過剰反応する私ですが、
すの子はこれでいいんじゃないかと思います。小学校が無くなったのは惜しいです。
福岡大空襲を小学校で学んだ際に、初めて地名を知りました。現存しませんが。


■梅光園一丁目←六本松→六本松大通り
13番ですよねぇ。確かに一番本数も多いでしょうし。
でも最近のバス停管轄調査によると、
福銀前は片江もち、こんどう美容室に至っては愛宕浜らしいですね。

別府橋←六本松→六本松大通りとなっていても、
「やはり六本松を代表するのは202号線系統なのだな」と納得しますし、

草香江←六本松→六本松三丁目だったら、
「路面電車からの伝統に敬意を表したね」と合点がいくので、
つまりは、何でもありです。私のような拘りの薄い人間に批評はできんのです。


■友丘←友泉亭→田島
友泉第二←友泉第一→田島よりずっと良いですね。

最近はバス停名称が冗長になりがち、と印象だけで語っておりますが、
ここ友丘と友泉亭に関しては、改称後のほうがずっと瀟洒な名前だと感じています。
田島友丘友泉亭神学校前小松ケ丘の間に、友丘五丁目だけが無粋でしょ。

友泉亭、入場料は20年前から200円だし、空気はきれいだし昼寝はできるし笑、
もっと普段使いとして頻繁に行ける余裕を持ちたいと思いますが、
まあ行けて年イチってとこなんですよね。大濠公園の日本庭園も同様。
意識したことすらない人が大半だと思いますので、いちどご体験ください。



■唐人町←黒門→大濠公園
まず黒門飴が思い浮かびました。食べたことすらないくせに。
やはりこういう振り返りも、時には大切ですね。
福博バスあるきにて、前掲の友泉亭とか日本庭園とか、
この黒門飴とか行けたらいいんですけどね。

バスマニアとしては、黒門はまず車庫に注目しますけれど、
人の暮らしがなければ、バスが走ることもないのですから、
実用としてその路線を使っている人への意識を、なくさないようにしたいです。
唐人町と大濠公園を差し置いてのチョコ採用、担当者さんの拘りを感じます。


■馬屋谷←桜坂→筑紫女学園前
平日の朝、片方向しか走らない「57-1」です。
なんかチョコのバス停選択にあたって、南営業区の権力が強い気がします笑。
でも一般の人は、桜坂バス停でありさえすればよくて、
隣接が六本松三丁目だろうが雙葉学園だろうが気にしませんか。

これが、筑女と雙葉の金銭的抗争によるもので、
筑女のほうがたくさんカネを積んだから採用みたいな、
黒い話があれば、それはそれで面白いです。
どうせなら、雙葉←桜坂→筑女のように、存在しない虚構を挟んだほうが、
多少のユーザーは喜ぶかもしれません。

その前に、こういう記事で「57-1」だ!と騒いでいる時点で、
すでに販売者の意図にどっぷりと嵌まっています。多少は確信犯とはいえ。


■天神ソラリアステージ前→天神北
数ある天神の中からソラリアステージなのはアレですよね、
やはり西鉄グループ身内優先しないと、関係各方面から不満が出るんですよねw
じゃあ何でバス停チョコは大丸でしか販売しないんだ、って疑問はありますけど。
ちなみに天神大丸前は100円循環のセットで採用されてます。

隣接が天神北しか掲載がなく、ここが始発のような表記です。
ということは、これは「20」番ってことですね。


■上智福岡中高前←動物園前→教会前
上智福岡は、しっくりきません。泰星やん、って思います。上書きのできない記憶。
動物園は、福岡市にひとつしかありません。だから動物園前でいいんです。
教会はひとつではありません。なのにここが教会前。他の教会から不満は来ませんかね。

動物園にいちばん行っていたのは、大学生のときでした。
400円払って、ただ歩くだけ。人間である以上、近くに別の人間がいると、
何らかの反応を求めてしまうと思うんですよ。
そういう感情自体が、相手にとっても反応になるわけで。
でも動物相手には、どんな決まったリアクションも求めなくてよいと思っています。

一緒に行っていた特定の女性がいたんですが、手をつなぐでもなく、
好きと想うでもなく、あれは何だったのか、今になって謎です。
他のところに一緒に行った記憶もありません。
動物園友だち、ってジャンルは、あとにも先にも彼女ひとりですもんね笑。
今はどうしているのだろう、と思いを馳せたほうがシチュエーションとしては美しいですが、
消息はSNSでたまに知れるので、却ってロマンが湧く余地がありません。

長くなりましたので、半分は後回し。

  


Posted by ちょんびん at 15:35Comments(2)福岡均一区間妄想・虚言

2017年05月05日

松島一丁目の乗継需要


本数のわりに系統数が多いと思うのです。



「77」「78」とアイデンティティは、流通センターと多の津どちらを通るかにあって、
土井団地から先でどちらを通るかでは区分されません。
土井営業所や土井団地で終点になる系統もあるのですから、当然と言えば当然ですね。



地元の方は全く問題ないのでしょうが、西のほうに住んでいる当方、
多の津と多々良をよく混濁するのですね。
ですので口では「多の津を通るほう/通らないほう」と言いつつ、
脳内地図ではよく「国鉄多々良を通るほう/西鉄多々良を通るほう」のようなイメージをしてます。



松島一丁目、坪見方面は平日5本、うち3本が21時以降。



今回は津屋本町から土井団地方面への乗継です。
一日乗車券で西鉄に乗るようになると、JRバス利用が無駄遣いのように感じられて、
自分の器の小ささに改めてヘコむ結果となります。何になりたいんでしょうね、私。



バスを待つ人は、いつもそこそこ居るイメージがあって、



「74」で来たのに、最初に「74」の折り返し便がくる敗北感。



1日2本の蒲田団地経由だったので、乗らなかったことを後悔していますが、
乗っていてもやはり「無駄遣いをしてしまった」と後悔します。死なないと治りません。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 10:14Comments(0)福岡茶