地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年05月08日

月見町 時を止めて


学生時代を筥松の街で暮らしたのは、25年ほど前。



「52」になったり、「1」になったりして、今は「71」。



呉服町まで上の段を右から左に読み、そのあと右下に移動します。熟練が必要です。



月見町。ここは変化しないような気にさせられますね。



待合の壁の剥げ具合まで、同じような気が。



現在の住所表示は、筥松四丁目。



ここから箱崎駅の東口まで、ずっと筥松です。道も基本的に真っすぐ。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 20:11Comments(2)福岡茶

2017年05月08日

大島交流館~大島ターミナル 宗像大島観光バス グランシマール


郵便局、後ろに御嶽山。バス素敵、マンボウも。



たばこ看板。



港の漁師町は、1本入った奥が楽しいのです。
集落の中心は道が拡げられないので、メイン道路は埋め立てた海岸線に移動し、
生活感のある旧道がそのまま残る傾向にあります。



弁当屋で唐揚を調達。海の幸を完全無視(笑)。



駐在所と農協の倉庫。狭い道、よい眺めです。やはり西鉄色なのは大事。



フェリー入港。帰りの時間が近づきます。



名残り惜しいので、漁師サンドという名前に惹かれて買い食い。経済貢献経済貢献。
大事なことではなくても2度言っていますが、中国語では動詞を2回重ねると、
「ちょっと~してみる」という意味になります。休息休息。



白身のフライが挟まれています。魚はもちろん地場産。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)宗像