地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年05月10日

大橋 西鉄駅ではなく上山田


ちょっと広がったところにバス停が向かい合っていて、



バスを待っているのかと思いきや、ただ友だちを待っているだけだった若いムスメ。



バス去ります。飯塚へ向けて。



国道のカーブに、



消えて久しい湯~遊~共和国の看板が現役。



上山田方面のバス停は、島式の専用地。



大橋。



「23」だけの単一系統路線になりました。



1時間に1本。



後ろで桜が鮮やかに。



千鳥饅頭は筑豊の象徴←言い過ぎ。



裏路地。



終点までそう遠くないバス停ですし、
ここであふれるほどの人がバスを待ったことがあるのかもわかりません。
ただ、今よりバスが大事にされていた時代があった、というのは覗えます。



田川方面にも、かつてはバスが走っていたのですけどね。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)筑豊

2017年05月10日

大和町 やまとちょうではなくやまとまち


月見町坂本町が「ちょう」なのに対して、ここは「まち」。※伏線の回収



線路が高架になって、九大沿いの道路と連携はよくなりました。
その分、雑然とした生活感が消えて、静かになったような気もします。



バス通り、あいかわらずまっすぐ。



バス停。



時刻表。「71」の月見町行きが、1時間に1本。



このあたり、まだ筥松三丁目です。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)福岡茶