地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年05月31日

南湯納楚


八女の幹線。



バス停の後ろに、年代物の建築物。



南湯納楚



3種類の系統図を描くのですが、ここから八女営業所までは、全部同じ経路です。



時刻表はこういうふうに一括。



坂の上で離合の幸運。



ラーメン屋。



広川タイヤ破砕工場。



10分間隔くらいなので、うかうかしているとすぐに次のバスが来まして、



先ほど幸運と思った離合が、ほぼ同じ場所で10分後に繰り返されるので、有難みが減るのでした。
なかなか正確な運行状況のようです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)久留米

2017年05月31日

新川橋


この画像がどこか分かる人を対象としたブログのため、
今さら説明しなくてもいい気がする昨今(笑)。

これが天神高速バスターミナルから下ってくるバスの列だと説明する必要がある人は、
きっと「ふ~ん」以上の感慨は何も抱いてくださらないに違いなく。



ロフトとセシール(違)。



新川橋交差点と申します。下を流れる川が薬院新川だからと思われます。



この奥に先ほどの坂道がありまして、バスターミナルを出発したバスは、
天神北ランプとか呉服町ランプとかに向かうものが左折、この写真向かって右、
博多駅方面に向かうものは右折するので、2車線ともバスで埋まることもあるのです。



三越とか大丸とか渡辺通りとか。



この色の西鉄電車も、そのうち懐かしくなるはずですから、今のうちに注目しておきましょう。

薬院新川というバス停はなく、天神南か渡辺通二丁目が最寄りになります。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)福岡均一区間

2017年05月30日

九州がんセンターを順光で


朝早くからここを目的地にすることもなく、夕方になって成り行きで訪問することが多いので、
新病棟を順光で撮るのが難しくなってしまいました。



新しいものができると、古いものが破壊されるのが世の中の常。



博多駅と野多目と、那珂川営業所への元々は回送便と、
「61」から番号が変更になった「68-1」それから「外環1」、多彩ですよね。



九州がんセンターでございました。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 18:53Comments(0)福岡緑福岡橙

2017年05月29日

福博バスあるき延期のお詫び

6月18日(日)に予定しておりました、次回の福博バスあるき#9ですが、
北九州本陣會行事の都合により、延期させていただきます。ご容赦ください。


当日は、伊良原ダムを再訪しております。



先日開催されました、西鉄バス路線完全復活祭#3に於きまして、
伊良原ダムの底に沈む、かつてのバス路線を辿りましたところ、

地元の方より
「最後の記念に、我々もバスで辿りたい」
という声を多数頂戴しました。

つきましては、6月18日(日)に、伊良原周辺に所縁のある方を対象に、
「西鉄バス完全復活祭スピンオフ」を開催いたします。

当方、本陣會の広報担当ですので、そちらを優先させていただきます。
なにとぞご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

イベントの詳細に関しましては、改めてご連絡させていただきます。
  続きを読む


2017年05月29日

枝坂の桜2017


静かにバス停。



仮設のようにバス停。



枝坂。字面的にはけっこう違う気もしますが、ぱっと見は桜坂と見間違います。



「23」山野社宅。



交差点の先に桜がありますが、バスはあっちに行きません。
でもこの写真右側のバス通り、銭代坊の桜もなかなかのもの。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 18:51Comments(0)筑豊