地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年06月18日

【地元コラボイベント初開催報告】伊良原線路線バス完全復活祭


私が広報を務める砂津本陣會は「西鉄バス廃止路線完全復活祭」と称して、
各地の西鉄バス路線廃止区間に一日だけの貸切バスを走らせています。

往時の雰囲気を想像しながら乗って楽しみ、
景色のよい場所でバスを停めて撮って楽しむというマニア活動のオフ会です。
すでに門司や京築、筑豊で4回の「復活祭」を開催しています。
これまでの開催実績



今年3月には、犀川町(現みやこ町)の伊良原を訪問。
ダムの底に沈むため、すでに一般車通行止めになっているかつてのバス路線を、
許可をいただき走行しました。さらには建設中のダムをバックに撮影会も行いました。



その模様をご覧になった地元の方より
「私たちも最後の記念に、思い出の地をバスで走りたい」というご要望をいただきました。
そこで砂津本陣會は地元有志の方々と連携し、バス運行の許可申請やダイヤ設定を行い、
本日6月18日(日)地元の方向け「伊良原線路線バス完全復活祭」を開催しました。

※今回は内輪のイベントではないため、
西鉄さんが運営に関与しているという誤解を生じないよう、
対外的イベント名称に西鉄を含めていません。
ただし、バス車両は西鉄の路線バス車両を借り切っています。



行橋駅を出発したバスは、一路伊良原ダムの通行止め区間へ進入。
その後、路線バス時代の終点である帆柱小学校近くで折り返し、
物産直売所の「おこぼう庵」で地元の方40名あまりを載せて、
ふたたび伊良原までを往復します。



参加者は、立ち退きとなった伊良原地区の方を中心に130名を超え、
おこぼう庵とダム底の間を計4往復しました。
読売新聞社とFBS福岡放送の取材もいただき、
地元の方々が最後の思い出を心に刻むお手伝いができたのではないかと自負しております。
開催にあたりご協力くださった方々に、あらためてお礼申し上げます。ありがとうございました。

このように、バス路線を辿りつつ地元の方々と交流する活動は、
地方創生や町興しとしてもお役に立てるのではないかと考えております。
もし何かお手伝いできることがありましたら、ご指導いただければ幸いです。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 23:59Comments(0)砂津本陣會

2017年06月18日

竜王峡


集会所の駐車場で方向転換。もともとここが終点、竜王峡。



バスを置いて、徒歩で坂を下ります。



ほいで、走ってくるバスを待つのです。



こいのぼりー。
さほど通行量の多い道路ではないはずなのですが、
バスが来たタイミングでちょうどかぶられた方もおられたようです。



集合場所は、もうすこし下。



直方の街並みが見える場所から、またバスに乗り込みます。
こうやってひと月以上過ぎてからなので淡々と文章を書いていますが、
現地ではめっちゃ高いテンションで撮影しております(笑)。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)筑豊

2017年06月18日

どんたく2017バスパレード


オープントップバスは客を乗せた状態でどんたくパレード。



多くの人からカメラを向けられるのは、私には苦痛ですが、
非日常の風景を上から眺められると考えると、ちょっと体験してみたい気も。



そして電飾バス。花自動車っていうほと花は注目されてないと思うんですよね。



ひたちと変換したら日立ではなく日田地と出たので、急遽ネタにしておきます。



ホークスもすっかり福岡の文化に。
田淵監督が借金40以上背負ったこととか、王監督が卵を投げつけられたこととか、
過去のことはひととおりなかったことにしておきましょう。ガッチャマンヘルメットとか。
時が経てばそこそこのことは全部思い出として受け容れられるという話です。



こういうのは9000系とか連節バスとか、新しく導入されたものが注目されるようにできています。



と偉そうに分析した途端に、私より年上のあんぱんまん。



この、歩いて花自動車に付き添う人って、撮影には邪魔ですよね(笑)。
きっと大きな使命を負ってそこにおられるのでしょうが。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)福岡均一区間