地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年07月06日

八田東


ランドマークはVISAVISでもなかろうに、という風景は普通の住宅街。



八田HATTA。



反対側からバスを撮っても、やはりここはVISAVIS。ケーキ食べたくなったら⇒こちら
土井界隈に住んでいないのであれば、無理に東の方に行かなくても、那珂川や春日にもあります。

八田のバス停は4か所あって、全てが交差点を過ぎた場所にあります。



土井団地やみどりが丘団地に行きたい場合に、
南からやってくる「77」「78」と西からやってくる「73」が合流してからバス停があるので、
東行きに関しては交差点の先で路線統合された場所にバス停があるのが便利です。

ではデメリットがある場合とは何かといえば、「73」も「78」も流通センターは通るわけで、
西と南どっちのバス停で待てば先にバスが来るのかわからない場合でしょうか。
地元の方は、どうやって解決されておられるのやら。

と、八田の交差点はだいたい東西南北に道が延びていて、
それぞれにバス停がひとつずつあるので、4つに分けて紹介してみましょう。
八田東、八田南、八田西、八田北というバス停があるわけではないので、ご注意のほど。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)福岡茶

2017年07月06日

岡山駅前


路面電車で清輝橋から岡山駅前へ。



岡電バスと宇野バス。いかにも知ったように書いてますが、宇野バスには今回乗ってもいません。



水戸岡作品発見。



KUROくろ。3007。



停留所待機。



ビックカメラ。



岡山駅前路面電車のりば。東山線と清輝橋線で乗り場が分けられています。



ラマルドボア、木のトランク?海と関係がある?って思いましたが、
いま検索してみたら、旅行鞄って意味があるらしいですね。所詮その程度のフランス語知識。



おとなしくバスを撮っておきます。ここでも基準となるのはナンバープレートが22かどうか。



洲崎と、



同じく、分かる人だけ視線を向けてください。
一昨年くらいまで西鉄の58MCすら理解できていなかった私ですが、
58と96が見分けられる(笑)ようになって、あらためて2008年からのブログを見返すと、
けっこう車両って変遷してるんですよ⇐いまさら

だからわかってなくても撮っておくのは、将来の自分に向けての贈り物なのです。物は言いよう。



もともと行きたい場所があるわけではないので、案内書に聞くこともないのです。
「面白い終点ってどこですか?」って聞いても、窓口のお姐さんが困った顔をするだけですし。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)その他