地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年07月09日

八田南


「78」のアイデンティティは流通センターを経由することなので、
名子経由も原土井病院経由も「78」が存在することに納得がいかない私ですが、
土井団地より先はオマケみたいな扱いなんでしょうか。



八田バス停の、なんとなくここがメイン。都心に向かうことを思えば、「72C」が代表番号でしょうか。
そしてこのバス停は、どこからどこまでもサトー食鮮館
ですから向かい側が住宅なのか店舗なのかまったく記憶してませんからね。
ランドマークってそういうものだと思います。なぜか風景の中で突出して記憶に残るもの。



八田。



運賃のことを考えなくてよいのなら、「72C」と「24C」は天神までの代替性があると思いますが、
八田では乗り場が大きく離れているのが問題といえば問題です。
千鳥すしなら「バス来た!」って気づいてから無理すれば道を渡れそうなのに(笑)。
ここで待ってて、「24C」が来たからって北のバス停まで走るのはやめたほうがよいでしょう。



中央線のない道に反応。



離合。どんどん赤バスの比率が下がっていきますよね。
いやいやスマートループの比率が上がってると言いなさいよ、という批判を受けようとも、
私の基本は懐古趣味です。無くなったものを惜しまないと、
こんだけ記録し続ける動機づけにはなりません。この記事を書いている時点で、5446本目です。



八田交差点唯一の左折。停止線がかなり後ろに引かれているので、スムーズに。



「2」香椎浜営業所に出会って、八田の4本立てを終了とさせていただきます。

八田東  八田北  八田西
  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)福岡黄福岡茶

2017年07月09日

足立美術館のバス


足立美術館。入るのは2度目。
人が居ないタイミングを狙って撮ってますが、いやいや人の多いこと。
朝9時のオープン直後なのに、観光バスのルートに組み込まれているのでしょうが、
高い入館料を払って、みんな何を得ようとしているのか。
私は常に無粋ですので、ああ庭よく手入れされてるねー、程度の感想しか持ちません。



コミュニティバスのバス停は近くにありますが、車に乗らないならば無料のシャトルバスでしょう。



着席保証のために、便ごとの整理券が準備されています。
乗りたいバスの整理券を所持しておいて、優先的に乗車させてもらうシステムのようです。
今回は貸切バスで来ていますので乗れませんでしたが、
乗らなくてもお土産に1枚持って帰りたいくらいのクオリティ。



写真だけ記念に撮っておきましょう。



あとは、美術館の庭。



美術品は撮影禁止なので、



後ろの高台まで、一連の風景が全部まとめて芸術なのです。



お金を所有したとして、どこに費やすかは自由ですからね、ただそれだけ。



そのわりに、写真は何枚も撮っていますね。
せっかく入ったからには、元を取らないと勿体ないって思ってますからね。
最初の心がけから何か間違ってます。横山大観や北大路魯山人の作品はそれなりに堪能してますが。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)その他