地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年07月16日

筑後大石駅


ふれあいの場、大石。すでにここは厳密には駅舎ではないのかもしれませんが、



ただ待合スペースがあるだけで、切符が売られるわけでもなく、駅員は当然のように居らず。



日田まで列車で行けるようになるまで、どのくらいかかるでしょうか。



JRの機関紙プリーズ。巨峰の箱に入っているのが、いかにもこの地域な感じ。
まあ柿の箱に入ってても同じことを思いますけどね。果物どころなんですよね。



線路災害のお知らせと、



代行バスの時刻表。



線路って、列車が通らなくなると、すぐ錆びるんですよね。寂しさが漂います、ダジャレではなく。



筑後大石、うきは市。



なんか見たことないのもいました。



山の中腹にも不思議な雲が。まだ不穏な空気感がありました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)