地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年07月17日

期待される六本松


ブログも10年目になりまして、基本的にはバス停を眺めながら何かを書くスタイルで、
あまり読者として誰に向けた文章なのかを意識せずに続けています。

六本松も、広く日本全国へ向けて書くなら、まず位置関係から語らねばならないですし、
このブログを初めて見る方のためには、このブログが目指すものから書くと親切でしょう。
そういうものを全部ほったらかしにして、ここは六本松です。西鉄バスです。

バス停名称以外に何の記載もされていないのは、バス停の位置が動いたから。
通常ならば、その動いた経緯や先のバス停まで案内するのが親切なのですが、
今回は企画として同じ日にみんなで取材して、ひとり5枚しか写真が載せられません。
ならば私に求められているものは何なのか、を改めて問わねばなりますまい。



そらまめさんは路線の今後について語らせれば鉄板でしょうし、
六本松の乗り継ぎについて考察されても高い品質を保たれるでしょう。
そんな相手の得意分野に足を踏み入れて喧嘩する必要はまったくありません。
自分より上手にできる人を各分野で集めて、他人の褌で相撲を取るのが楽になる秘訣です。
少なくとも私はそう思っています。

ただ傍目八目と申しまして、他の人ならこう書けばいいんじゃないのと思いつくわりに、
自分の方向性というのは見えないものなのですよ、今回に限った話ではなく。
このバス停ブログ、面白い、例えば1日に1本しか来ないバス停の紹介とか、
福岡市の東西南北の端っことか、標高が一番高いとことか、
そういうネタとして堅いところを押さえておくことで効率よくアクセスを獲得できるとは思えど、
誰も注目しないであろうことを記録しておきたいという価値観が私の中にあるために。

そのためこんなふうに、バスナビが移設された後のねじ穴に注目して、
「ああバス停はさほどコストかからないから新設されて旧バス停は放置だけど、
バスナビのモニターは移設されちゃうんだよね、予算の問題だろうね」
って考えることに貴重な5枚の写真のうち2割を費やすわけです。



見えない将来を論じることが苦手なので、とりあえずフィールドワークに特化して、
ああこれは記録していたよ、よかったねぇ、ってコンセプトで進めればよいのだと思います。
ただ残念なことに、何回も申しておりまして恐縮ですが、
「後から何が惜しくなるのかは現時点で想像するのがとても難しい」のです。

昭和バスの城南線経由に博多駅交通センターの2階から乗った思い出とか、
空港直通の100番台の急行とか、できた時には一応押さえてはおきますけど、
時間と費用の兼ね合いもありまして、そんなに何回も同じ路線に乗れる気質ではないのです。

お友だちの中には、ぐりーんに数百回乗られた方もおられますが、
そんな人に比べたら私なんてひよっこ以外の何物でもないわけですよ。
バス停を論じるだけで5400本以上のブログを書いている変態なのは棚に上げて。

ですからこの六本松駅前の看板にしても、ああそういえばここは教養部前だったなと思った後で、
教養部前の看板は撮っていたっけ?と探すしかないわけです。
路線の改廃はある程度事前告知がありますし、ネット社会のお陰で把握しやすくなりましたけど、
交差点の名前を変えるなんて話、だれも知っても流布させませんからね。



新しくなったバス停も、そのものの位置や設えより、周辺の方に目が行きます。
バスカットが新しく設置されていますが、全体的に動線がうまくいっていないように見えて、
ここにバス停ができることは以前からの計画だったのか最近の思い付きなのか気になります。

ただどちらにせよ、六本松三丁目や大通りを通過するようになったり、車線を変更したり、
信号の矢印を設置したりと、かなり重点的に六本松交差点は改善を試行しているように見えます。
バス停ができたんで、この道路沿いは人や自転車が直行することはあまり想定していなくて、
南側に人の流れを誘導しようとしているのかもしれません。店もできていますし。



そして最後に、この路線図も押さえておきましょう。定期券売り場の裏にあります。
何が惜しくなるのかわからないのと共に、いつなくなるかわからないのもこの趣味の宿命。
時間と費用に制限がありますので、自分なりの優先順位を決めて記録活動する必要があります。

人間が小さいので、2009年に撮影したのにまだ残っていると、ちょっと残念な気にもなります。
撮影して掲載した直後に失われると、寝た子を起こしたような気分になって後悔するくせに。
さて、次は何に乗りに、何を撮りに行きましょうかね。

と、こんな感じで自分の記事を終えまして、
みなさんどんなことを書かれているのか楽しみにしつつ、
下記リンクよりご参照ください。

soramameさん『INSIDE SORAMAME
Kassyさん『それゆけ!! Kassy号〜♪
ハンズマンさん『ウエスタンビュー
小林香織さん『博多っ子になりたい。
かのさん『かののブログ
ちょんびん『ほぼ西鉄バスの旅
ちょんびんの悪ノリ「蚕豆さんの六本松記事を予想してみる


  


2017年07月17日

蚕豆が見た六本松

同じ場所を同じ時に取材して、それぞれブログを書こうという今回の企画、
さらに悪ノリを進めまして、同じ写真で書いたらどうなるのかというのがコレ。
事前にソラマメさんから5枚の写真をお送りいただいて、何を書かれたのか推測しつつ、
さらに文体まで真似ることができれば最高に面白い、、、、こともないですかね。

「ですます」調なのか「だである」調なのかが既に違いますから。



西新薬院を結ぶ城南線と、赤坂荒江を繋いでいる国道202号線、
それぞれに六本松バス停が存在する中、城南線側には区分のための「こんどう美容室」という副名がある。

というような「こんどう美容室」の説明に入るのか、もしくは、

「12」は警固町から大正通りに左折し、明治通りに右折する系統番号であり、
「13」は城内を経由する系統で、厳然たる区分があるのだが、
「快速12」は速達性を重視して、「13」と同じ城内経由の経路を採用している。

六本松を出発し、赤坂門まで途中停車がなければ問題がないのだが、
「快速13」と同じく、「快速12」も大手門に停まる。
FFGへの利用者のことを考えれば、ここから「快速13」に統一してしまったほうが親切な気がするが、
あくまで通勤時間帯だけの運用ということでそのままになっているのは、
想定利用者が定期利用客などに限定されるからだろうか。

というあたりの快速番号の設定に踏み込むのか、さてどのあたりから。



こんどう美容室とは、都心向けバス停のすぐ後ろにあるこれ。
それほど規模の大きい店ではないが、名前に採用されているということは、
現在も多少の広告料が払われているのか、払っていた過去があるのだと思われる。

呉服町の「大島眼科」や、博多駅駐車場の「おたふく」のように、
複数の場所が想起される地域名を特定するために愛称が使われているが、
ここの場合、道の反対側の「美容室前ではない」バス停の方も区分としては(こんどう美容室)であり、
前でないバス停までが「混同」される結果となっている。

というようなダジャレで攻めては来ないですよね、きっと(笑)。

福岡国際マラソンが藤崎から原に左折するコースであった頃、
5キロ地点は平山理容室とかいう普通の「街の散髪屋」だった。
こちらは偶然に5キロの地点に存在しただけで広告料のようなものは発生していないと考えられるが、
新聞などに掲載されるコース図等で頻繁にその名前は目にしており、
経済効果としてはいかほどのものだったのかは気になる。

あたりに派生してくれると、それはもうソラマメさんのブログではありませんw



ここは、エコルライナーの系統が赤坂門天神経由の「12」ルートと、薬院駅経由の「16」ルートがあるのに、
系統番号なしに隣り合わせで書かれていることへの懸念は取り上げたいところです。

あとは博多駅の新三井ビル前に停まるものと、博多口前に停まるものの違いについて。
乗り場がBCDになってしまったがゆえに違いが大きくなり、Aだったら三井前と大差なかったけど、
BCDまで連れて行かれると、という話になるのでしょうか。

いや六本松から博多駅に行くのであれば、一般的には城南線経由を選択するのではないのか。
すると博多駅の降車場所によって欄を分けていることが、却って複雑さを増す結果になっていないのか。
しかしながらこれが警固町であれば、博多駅までは国体道路経由がメインとなり、
このような区分が活用される余地が大きくなるので、一括での運用はなかなか難しい。

みたいな話になりませんかね。



これは行先番号のところに意識が向いていると考えれば、
ここから「5」に統一してしまってもよいという論調ですかね。

あと「4分間隔」ってのはバス繁栄の象徴の一つだと思うので、
こうやって15本以上あるのに4分間隔と書かれていない時刻表を見ると、
「どこに5分以上の空きがあるのか、何本ダイヤをいじると『4分間隔』と書けるのか」
を検証するのが沖浜の日常なのですが、ソラマメさんはいかがでしょう。



と、ここまで完全にこんどう美容室前のバス停フィーチャーで来てるのに、
最後に新設された油山観光道路経由のバス停写真が1枚突っ込まれるんですよねー。

天神博多駅から郊外に向かう場合、利用可能本数を増やすため、
六本松での乗り換えを検討するシーンは多かったと思われるのだが、
バス停の位置が同じでなくなったため、利用者は多少の不便を感じることとなる。

博多駅から「16」に乗って「200」に乗り換えて飯倉方面
天神協和ビルから「13」に乗って「214」に乗り換えて野方方面
天神北から「204」に乗って「12」に乗り換えて田島方面、「13」に乗り換えて笹丘方面

など、天神や博多の乗り場移動を回避する意味でも便利だった乗り継ぎが、
六本松で移動を必要とする状態になったため、
どう人の流れが変化するのかは、興味のあるところ。

てな辺りは、たぶん共通の価値観を持ってるはずなんですけどね、私と彼(笑)。

当たった方が面白いのか、完全に外して空回りしたほうが面白いのかが分からないので、
「この写真でソラマメさんが何を書くのか」、けっこう真剣に予想してみました。

こんどうびよ「うし」つかよ!という結果はこちらから⇒INSIDE SORAMAME「もっと愛をください(48)


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 21:59Comments(0)福岡均一区間妄想・虚言

2017年07月17日

とうふの飛太郎浮羽


国道210号線沿い、とうふ万十、とうふの飛太郎。



向かいの金比羅うどん駐車場は、増水により崩落の恐れがあり立入禁止。



鉄板のとうふ万十。水害直後でしたが通行量はあまり変わらないらしく、商売に影響はなさそう。



なかなか熱心なおばちゃんで、ドーナツとか湯葉とか、けっこうたくさん買わせていただきました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)その他