地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年07月22日

江辻、JR九州バスの方


歩道のない道端にJR九州バス。車の来てないタイミングを狙いましたが、
実際は大型のトラックも頻繁に行き来しています。



「江辻」。西鉄バスの「江辻」は「74」の沿線にあって、多々良川を挟んだはるか南という印象。
この多々良川が支流と合流する場所なので、江辻なのです。



山の神と直方駅と、まあ1時間に1本強くらいのイメージ。



なんとなく賑わってそうなダーメン屋。



閉じてしまったビューティサロン。



都心方向のバス停、そう変わり映えのするものもなかろうと思ったら、



博多駅行きの時刻表には何の驚きもないのですが、



粕屋町のふれあいバスは江辻ではなく長福寺なのでした。
いかんですね分かった気になったら。ちゃんとフィールドワークは現地主義でないと。



すぐ先に踏切があって、香椎線の2両編成が宇美方面へ走ります。



川のほうは、国道や都市高速の高架もありますが、住民はあまりいない雰囲気。



踏切を渡るバスを惜しむ会、今回は紅いオムニバス。




  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)JRバス

2017年07月22日

宇野駅


モダンに宇野駅。人生で最初にホバークラフトを見たのはここでした。



いまは四国への乗り換え拠点でもなく、静かに、



1時間に1本ほど、岡山まで各停が走るだけです。



岡山駅まではバスもそれなりにありまして、まあこんなもんか、とも思います。



宇野港への道は、今となっては過剰インフラのようにも見えますが、
そんな世知辛いことは言いっこなしです。じゃあ最初から過剰なんて書くな。



今もフェリーは高松まで走っていますが、もうメインでもないです。どちらかというと離島への拠点。



夕暮れのフェリー乗り場。車の数も少なくて、どこか寂しい雰囲気。



産業振興ビル。



SETOの夕暮れ。



なんか、帆船居ました。



あとは、バス停の時刻表。渋川方面。



律儀に土日祝も。



岡山のメインじゃない方、上山坂経由。昼に大きく抜けます。



土日祝はさらに少なく。



記念に宇野駅入場券。



まあいろいろと、フラフラしつつ撮影しております。鉾立行きの名残も。



国道経由と特急の岡山駅方面。
このあと日赤のそばで、「←大元駅」のような看板を見つけて、
時間もあるしちょっと鉄道も、と思って降りたらめっちゃ遠くて痛い目に遭いました。
でも地図も持たずに適当なところで乗降するのが醍醐味とも言えまして、塩梅が難しいです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)その他