地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年09月14日

泉岳寺前泉岳寺駅


バス降りて撮影。



泉岳寺前。



都営地下鉄の泉岳寺駅。京急との境界駅ということで意識はしていますが、
降りたこともなければ、泉岳寺に参ったこともありません。



東京23区はめっちゃ都会だと思っていますが、
始終発の時間は福岡とそう変わらんやん、って言ってもいいですかね。
福岡が都市規模のわりに恵まれているのかもしれないですけど。



むしろ隣の駐車料金の方が、ああここはぼくが暮らしている街じゃないぞ、と感じるに十分です。
天神界隈を訪問するときでも、だいたい50分か60分100円のところに停めています。



今回の目的地も、寺でも駅でもなく、



これ。ということで詳細は明日別記事にて。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)その他

2017年09月14日

六本松交差点の景色が変わる前に


最近連節バスが営業運行を始めた六本松交差点。
こうやって各方向から集うバスが全部スマルー塗装なのを見ると、
赤白のバスが完全に淘汰される日もそう遠くないなと感じまして、
なぜだかすこしセンチメンタルになるのです。



ふだん202号線を荒江の方からやってきて城南線に入るバスは、
このような右折の仕方をしないので、回送とはいえここで対向車が切れるのを待つ姿は新鮮です。



今回注目しておきたいのは、六本松大通バス停側の、鋭角の交差点カド。
小中学校の同級生がやってた居酒屋「まんぷくや」も立ち退きに遭いました。



こっちはまた別の地上げですが、中華料理の李華は撮っておかねばならなかったのではないか、
という気持ちが多少あります。



で、こっちに話を戻しますと、



この写真右側に小径がありまして、そこまで全部立ち退き。交差点が広くなるらしいです。



バスの曲がり方にも変更が起こるかもです。



兎月はどこかに移るのでしょうか。一気に私の知っている六本松と違う場所になりそうな気がします。
かつやも無くなってみると惜しく感じられるんですよね、勝手なものです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)福岡均一区間