地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年10月23日

バス路線探検家の会(仮)開催告知

バス路線探検家の会(仮)
~九州エンパワーメント研究会福岡バス分会 サロンドちょんびん~

■日時
2017年11月10日(金) 18時~23時 途中入場途中退室歓迎

■内容
西鉄バスを中心とした公共交通に関して、まずバス路線探検家から問題提起を行い、
移動手段としてではなく娯楽の対象として楽しむ方法の考察、
さらには地域貢献の手法としての提案を目的とした議論、
という目標は高く掲げてるふりしてみましたけど路線図とか乗り継ぎとかバス停とかの面白さについて話し合うただの雑談会ですので気軽に来てください誰も反応してくれなかったらヘコみます見た目に反比例してチキンハートなんですお願いします、という会。

■料金
1000円/人 会場費および飲食品買出し費用として

■場所
AIPカフェ
福岡市中央区大名1丁目14-28 紺屋2023 第一松村ビル302号室
http://npo-aip.or.jp/aipcafe
この記事の下と、リンク先ページの一番下にも地図があります。

■参加表明
当日参加、当日キャンセルで構いませんが、買い出しの分量予測のため、
・当ブログ「ほぼ西鉄バスの旅」当該記事へのコメント
・ツイッターへのDMまたはリプ
・FACEBOOK沖浜貴彦へのDM・バス路線探検家ページへのコメント
などしていただけましたら、飲食物準備量の目安にします。

※参加表明していないのに「行きたかったけど別の用事で行けない」旨の偽善表明は不要です。
万障繰り合わせて参加してくださる方にも失礼ですので、ぜひお控えください。
参加するって書いちゃったけど後から行けなくなった場合は、この限りではありません。

■参加に関する注意事項
・当面、満18歳未満の方および高校生の単独参加をお断りします。
(内容が18禁に寄ることはありませんが、開催が夜間のため、
会場までの行き来等での事故の際に当方では責任が取れません。ご容赦ください)

・軽食(おそらくスーパーかコンビニの惣菜類)と多少の飲み物はこちらで準備します。
アルコール類、食品、甘味等差し入れ大喜びします。(主催者は呑めませんが)

・会場は禁煙・火気厳禁です。

・駐輪場・駐車場はありません。
せっかくのバス会なので、できる限り公共交通でお越しください。
(そう言いつつ主催者は各種資材準備があるので時として車で行きます)
 
※特に厳しいルールを設定するつもりはありませんが、
タバコと駐輪に関しては他団体がトラブルになったことがありますので、
会存続を最優先に考え、ルールおよび当方の考える社会規範を守れない方は容赦なく出禁にします。

あくまで私的団体の集まりですので、イデオロギーの違いを議論するつもりはありません。
考え方に賛同できないのであれば、どうぞ私の居ないところで幸せに暮らしてください。

そのうち日曜日の昼間に、誰でも参加できる会も開催する予定です。
18歳以上入場厳禁のサロンも面白いかもしれません。
まあ45歳オッサンがひとり会場係で混じりますけどね。

元ネタ 未来食堂 サロン18禁
http://miraishokudo.com/salon_18kin/


  


2017年10月22日

行橋営業所出発:伊良原ダム西鉄バス完全復活祭


6月の西鉄バス完全復活祭の写真を、いまさらですが載せていきます。
今回借りたのは行橋の5745。行橋営業所でまずはちょっと撮影。



3月に伊良原ダムの水没エリアをマニアだけで走ったところ、
地元の方々、特にダム建設に寄って移住を余儀なくされた方々から、
「私たちも最後に地元をバスで走って思い出を残したい」というご要望が寄せられまして、
西鉄バス廃止路線完全復活祭の地域興しバージョン開催となりました。

参加者の取りまとめは、直売所「おこぼう庵」の尾崎夫妻に非常に骨折りいただきました。
ここであらためてお礼申し上げます。



ヤフオクドーム臨時と小倉競輪貸切。



側面の真正面から。



少しずつずらして、まるで撮影のために並んでくださったような。



それでは、出発致します。帰り着くまで掲載に何日かかりますやら。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 21:00Comments(0)京築

2017年10月19日

阿佐ヶ谷駅前


都営バスと京王バスの渋谷駅前行き「渋66」。



バス停名称を見ても地名に馴染みが無いので、駅を基準にしてだいたいの位置関係を推測します。



12分スパンならまあ待てるかなぁと思います。ぶらっとやって来ても。



で、駅。



阿佐ヶ谷駅。杉並区?



すぎ丸に浜田山から乗って、起きたら阿佐ヶ谷駅でした。



途中経路は素晴らしいらしいので、誰かご紹介ください。



こちら都営バス。



浜田山駅ゆきバスのりば。ポンチョなのは狭い道対応だからのはずです。



ナンバリング、阿佐ヶ谷駅がゼロ。そして出発するすぎ丸。



北側に移動。関東バス午前中だけの偏り。



次に乗りたい路線は荻窪駅からの出発なので、



とりあえず関東バスに乗ります。

  続きを読む
タグ :阿佐ヶ谷駅


Posted by ちょんびん at 23:58Comments(1)

2017年10月18日

福岡市最東端の西鉄バス停:今里


JR南福岡駅から、「43」の福岡方面に乗りまして、



「今里」。いちど大野城市に出てからまた福岡市に戻ってきて最初のバス停なので、
福岡市内限定の一日乗車券も使えます。



福岡空港方面は40分に1本ほど、そして月隈小学校通学用の月隈行き。さらに撮影してるオッサンの影。



金の隈三丁目、表記には「の」が入ります。



バス停のすぐそばに境界線ありそう。



近くに設置された住宅地図で確認。



大野城市側まで、この距離感です。

で、このバス停、福工大前駅とか土井とかあっちの方より東にありまして、福岡市最東端のようです。
ちなみに西鉄バスに限定しないと、JRバスの「筑前蒲田」がいちばん東。
わたくしの肌感覚とはまったく一致しませんな。地図見ても福岡市域の傾きに違和感あります。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 22:55Comments(0)福岡緑

2017年10月18日

自家用車で生月島に行ったのは初めてです

一部桟橋(生月バスターミナル)→「御崎」→御崎 現金350円
御崎→「一部桟橋」→一部桟橋 現金350円

御崎線の写真を撮りに行ったのですが、
最初の便で期待通りの撮れ高があったので、2便目に課金乗車。

雨が降ってきたので昼で生月島撤収。

平戸桟橋→「梅崎経由薄香循環平戸営業所」→薄香経由平戸新町 現金310円
平戸新町→「平戸口駅」→平戸口駅 現金290円
平戸口駅→「平戸桟橋」→平戸桟橋 現金290円

帰り道、平戸口桟橋から日向峠を越えて金武まで信号待ち無しという奇跡に遭遇。

夜はブログのセミナーに。偶然小中の同級生が隣に。


  


Posted by ちょんびん at 22:19Comments(0)行程表西肥バス