地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年11月06日

新香椎花園南口


思い入れすくなめの香椎花園南口でしたが、天神で出会ったので訪問。



すぐ香椎浜営業所に回送されていきます。



通学用だったり行楽用だったり、往きと還りのバスが折返しで運用できないのが残念ですよね。
双方向とも利用が旺盛なのに越したことはないわけです。



紅葉とバス停。



香椎花園南口。

でも午前中の郊外向け自体にそれほどの需要が無いのだとしたら、
それは南公園経由の直進留学生会館向けN系統だということにして、
香椎花園南口はあくまで便宜的な終点って扱いにするのもありかもしれません。

この日も城浜団地までの乗客は10人以上いましたから。
香椎花園南口で降りたのは私も含めて4人でしたが。



戻れるならばバスで戻りたいのですが、午後からしか乗せてもらえません。



アイランドシティは徒歩圏内と言えないこともないのです。でも520円取られるのです。
なんたって直通バスで行こうとすると、いちど天神を経由しまして、都市高速で往復させられるので。



かしいかえんシルバニアガーデン。
いちおう西鉄の株主なので毎回4人分の入場券がいただけますが、
自分で使ってたのはこどもが小さかったころだけですなー。

いまさら中3の息子とかしいかえんでもないです。



駐車場の貸切バスも一応。



留学生会館まで歩きましょう。こちら側と向こう側の空気感が違うように表現したかったですが、



まあ実際はこっちも都会なんで。



空が青くて美しいです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 22:11Comments(0)福岡黄