地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年11月30日

石崎公民館前


終点までバスに乗ってきて、同じ路線で折り返すのは負けだと思うのです。
20分くらい待機時間があって、周辺風景がそれなりに押さえられればまだしも、
着発で折り返すのでバス停板だけ写真に撮るとしたら、それは訪問したといえるか微妙。
そう言いつつ何度もそういう似非訪問を繰り返していますがね。



ですので両筑苑のように他の交通手段まで歩くのが大変な位置の終点は、
到着後の展開が難しくて、こうやって途中で降りたりするわけです。



久留米市のコミュニティバス、石崎公民館前。歩いて久留米方面に戻ることも可能ですが、
ここは敢えて西鉄甘木線の古賀茶屋まで歩くことと致しましょう。

西鉄電車にも乗れるワンデイパスを持っているのでこの選択肢になっていますが、
バスしか乗れないチケットなのか、都度課金なのかによっても変わってくるとは思います。



これは本当に読む気がしないので、誰か優しい方「バス路線探検家の会」ででも解説してください。



本数が一緒で11分後にやって来るということは、先に上弓削まで複乗してから、
終点のコスモすまいる北野へ向かってるのだろうと推測できます。



南の交差点が、「22」のバス路線道路です。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(2)久留米その他