地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年11月30日

石崎公民館前


終点までバスに乗ってきて、同じ路線で折り返すのは負けだと思うのです。
20分くらい待機時間があって、周辺風景がそれなりに押さえられればまだしも、
着発で折り返すのでバス停板だけ写真に撮るとしたら、それは訪問したといえるか微妙。
そう言いつつ何度もそういう似非訪問を繰り返していますがね。



ですので両筑苑のように他の交通手段まで歩くのが大変な位置の終点は、
到着後の展開が難しくて、こうやって途中で降りたりするわけです。



久留米市のコミュニティバス、石崎公民館前。歩いて久留米方面に戻ることも可能ですが、
ここは敢えて西鉄甘木線の古賀茶屋まで歩くことと致しましょう。

西鉄電車にも乗れるワンデイパスを持っているのでこの選択肢になっていますが、
バスしか乗れないチケットなのか、都度課金なのかによっても変わってくるとは思います。



これは本当に読む気がしないので、誰か優しい方「バス路線探検家の会」ででも解説してください。



本数が一緒で11分後にやって来るということは、先に上弓削まで複乗してから、
終点のコスモすまいる北野へ向かってるのだろうと推測できます。



南の交差点が、「22」のバス路線道路です。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(2)久留米その他

2017年11月29日

石崎


新しい道ができて交差点の形が変わり、



古賀茶屋の方が本道になるのですか?



交差点変更。



石崎。



橋も新しいのが。



そしてバス停の扱いの悪いこと。



時刻表を見るのもひと手間。



新しい橋ができたら、バス路線も移りますでしょうか。



交差点からも遠く。



筑後川。



せっかくなので、旧橋を渡っている姿を。新橋ができてもバス路線はそのままかもしれませんけどね。



久留米方面へ。



バス停の位置は、たぶん変わるはずなので、私はそっちのほうが大事です。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)久留米

2017年11月28日

弓削農協前


久留米に戻って、



バスを愛でて、



どこだコレ、というところへ。



稲吉組。



ビニルハウス。



両筑苑に行く途中です。



朝2本、夕方2本は片道回送で、あとは折返しと思われます。



こちらは夕方1本だけが回送ですかね。



これだけの本数があるのに火木土の限定運行。
2事案に1本にする代わりに平日毎日と、どちらが需要に適うのやら。



私が見てわからないなら、殆どの人はわからないはず、というのは傲慢でしょうか。
でも仕事として、下調べなく現地で運行状況を把握して撮影場所を決める、ということをしていますが、
もうこの時刻表はどこが現地なのかも見ようという気すら失わせる仕様です。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)久留米

2017年11月27日

花畑


季節外れのセミなのではなく、掲載時期が遅れているのです。



鳥居。



などなど見つつ歩いて北上、花畑駅。



頻繁にやってこないのに、来るときは集うバス。



ですよ。



スマートループも。



久留米市街地へ。



そういうタイミングで電車も来ればいいのに、という不満を表現してるわけではありません。



影の薄いバス停。



記載も薄いバス停。



ロータリー内に入る必要はないとみなされております。



これがロータリー。



花畑、隣にクラウチではなく鞍打



久留米方面と郊外方面と共用で、



いろいろな場所に行けまして、



時刻表は分けてあるので、まあ親切なほうでしょう。



「51」に独自区間があれば、もっと注目できるでしょうか。
南町まで行って野伏間から戻ってくる経路はオリジナルなのですが、
「55」から「50」を経て「6」へと他番号でも乗れる区間を繋ぐ形式になっています。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)久留米

2017年11月27日

小田部大橋


室見川の快晴。



昭和49年開通。201~204のバス路線ができたのは、昭和50年と聞いたことがあります。
資料をたどれば正確なところは分かると思いますが、そういうのは性格が良い方に任せます。



階段の斜めっぷりに、昭和の匂い。



そう思いません?いまこの平成の時代に、
こんだけまっすぐ滑り降りる危険な自転車道にはならないですって。。



河川敷に降りて、バスブログとしての体裁を整えて、



また橋に戻ります。小田部大橋の南側に架かる福重橋。
昔の橋は都心部から川を渡った側の地名を冠し、新しい方は都心側の地名になったということです。



架け換えられてしまったので平成の記録しか残っていませんが、
小田部大橋が架かる前は拾六町団地までこちらが本通りでありました。今も道はそのまま存在。



夏撮影、川遊びの親子。



ふたつの橋の距離感。順光の関係で小田部大橋側を撮るのですから、バスを待てばいいのに。



橋の名を冠したバス停は、福重側に。



バス停の名前は小田部大橋。



通勤輸送の戻り便で、朝の9時台にピークを迎えます。
だからといって需要がいちばんあるわけでもないです。



ここから午前分は、筑肥線のルートを辿る予定ですでに訪問済ですが、
毎日午前中更新としてブログが書けるかどうかは、まだ五里霧中です。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)福岡青