地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年12月05日

室見五丁目


室見川筑肥橋を渡って、



バス停。



野方と天神と両方面に。「502」は主張がありません。



「503」の充実ぶりと、「502」の通勤集中と、「7」の堅実。



東に通勤するのではなく、天神に背を向けて走ります。



先の交差点は、直進するものも曲がるものも、そして横切る「8」も。



こちらがメインの天神方面と言っていい現況。



7時台も8時台も8本ずつあります、天神方面。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)福岡青

2017年12月05日

古賀茶屋駅


単線の踏切



駅へ続く道。



古賀茶屋駅、西鉄甘木線。



自転車置き場は広いです。



駅前にも踏切、車は通れません。



こがんちゃや、です。



毎時2本。



入場。



乗車証明書入れ。



ちゃんと日付が押印されてますので、毎日更新しておられるのです、恐らく早朝に。



行き合いの名残、以前はこっちにも線路があったのでしょう。



いまは単線。もう1本の線路があったら、こんな雰囲気だったのでしょうか。




「ん」は所属の「の」の音便化かと。←音読しづらい文章。
「こがんちゃや」という字面もなかなか一見して読みづらいですよね。



ホームにて。涙の数、嘆息の数、溜まっていく空色の切符。



久留米方面の電車。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)