地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年12月11日

愛宕浜営業所、能古渡船場ではなく。


世の中、寒うございますな。



バスも寄り添って小春日にとキャプションを与えればそれっぽく見えますが撮影は8月です。



能古渡船場への人が多くなると、



こっち側からバスが入出庫するのに巻き込まれそうなアホ観光客が増えるので、



バスのほうが気を利かせて、奥から発着します。



午前中大量に出発する「301」よりも、外環2に反応する体質。



平日朝の出庫便だけ「11」。



「304」。



駅東ランプ合同庁舎経由



さてさて桧原営業所までの路線は、来年度も残るでしょうか。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 20:02Comments(0)福岡青