地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年01月19日

さほど秘密でもない秘密会談

壱岐8534 原→「203天神方面」→天神警固神社三越前 nimoca280円
土井9514 西鉄グランドホテル前→「77土井団地」→天神大和證券前 nimoca100円
壱岐5966 天神コア前→「204生松台経由野方」→原 nimoca280円
 どちらかというと、早く公表して皆を巻き込みたい。

交通費当日660円 2018年累計1660円

  


Posted by ちょんびん at 23:58Comments(0)行程表

2018年01月19日

筑後三川石井酒店前


床島へ向けて隘路を走るバス。実際の路線も、こうやって走っていたのかなあと想いを馳せるのが、
この廃止路線復活祭の醍醐味となっております。



堤防の上から。時間が限られているので、どこが撮影ポイントとして最適か悩むのです。
まあ時間を十分に与えられたからといって、うまくいものでもないのでしょうが。



畳店の広告。



つり具店。



そして酒屋。集落の中心という雰囲気。



川を渡るカーブに、



こうやってバスが走るわけです。



大金持ちになったら、バスを借り切って好きなところを走らせたいという妄想は、
大金持ちになることなく好事家が集まるだけで現実のものとなりましたが、
さらに大金持ちになったならば、1日限りではなく、定期路線を走らせたいと夢見ておきましょうか。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)鳥栖