地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年02月20日

北九州バスあるき第1回基本線

0805千代四丁目→「75香月営業所」→香月営業所0812
0822香月営業所→「61筑鉄中間」→筑鉄中間0850 
0912筑鉄中間→「67中鶴北部経由筑鉄中間」→塔野口0937
 塔野口~船越団地
0952船越団地→「76九州病院経由黒崎BC」→引野口1007
1020引野口→「74-2宮の谷方面」→則松1039
折尾駅西口1118または1120

1141折尾駅→「特快1砂津」→砂津1241

1315砂津→「110恒見営業所」→恒見営業所1415
1440恒見営業所→「48緑ヶ丘方面」→門司駅前1531
1555門司駅前→「60淡島神社」→淡島神社前1610
1635淡島神社前→60「恒見営業所」→畑1645
1648畑→「40門司港駅」→門司港駅前1709
1721門司港駅前→「74和布刈」→和布刈1735
1751和布刈→「74戸畑渡場」→レトロ鎮西橋1759
1801門司港レトロ→「170大門」→砂津1828

※変動要素
香月営業所で「53」に乗れたら、星ヶ丘快速に乗り換えるかも
中間2周は必要ないと思ったら、「61」を塔野口で降りるかも
中鶴から北九州市営で折尾に行く人が出るかも
「76」に乗り遅れたら、「75」で引野口まで行き、「74-1」で折尾へ

どこかで昼食時間をちゃんと取るかも

砂津で若松行きとか見たら衝動的に乗るかも
「60」が畑まで乗れなければ伊川あたりで乗換かも
夕方はテンションが下がり、和布刈まで行く必要があるか疑念を持つかも
折尾砂津に敬意を示すように、最後は門司港砂津で締めるかも

当日はツイッターのタグ #北九州バスあるき をご参照ください。

参加者には無理矢理チョコレートを押し付け、300円徴収します(笑)。

  


Posted by ちょんびん at 18:24Comments(0)妄想・虚言