地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年03月01日

折尾駅の変化


西鉄便で到着。折尾駅のロータリー。



地上を走るDENCHAの姿も、そのうちレアものになります。
でも今を撮ったものは全ていつか失われるわけで、それはいま珍しいものに限った話ではありません。



北九州市営バスたち。



西工車というのも、そのうち消える運命ですが、それが悲劇かというとそうでもないです。
新しいものが生み出されれば、何かが忘れ去られてゆくのです。



砂津行き、1時間に2本ほど。昼には特快も。これ自体が電車の代替路線です。



西鉄仕様のバス停。



でも折尾駅の構内は、北九州市営バスの方が幅を利かせています。



西鉄の方が闖入者のような空気感。



福岡の西鉄では続々と減っている58MCっちゅうやつですが、北九州はもうちょい生き延びそうです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 18:26Comments(2)北九州北九州市営