地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年03月09日

第7回バス路線探検家の会、車体について考えた御礼

■開催概要
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2033031.html

車体に背を向けて生きてきたわけでもないのです。

バス車体を見分けられて、それを趣味の対象としているひとがたくさんいるのは認知していますし、
路線乗車好きよりずっと多数派なのも理解していますので、
何か端緒があればつかまえたいと思っていました。

きっかけは、エバーグリーンさんのRAチャレンジです。
彼がそれを始めたとき、私はまだRAという区分の存在も知りませんでした。
ちょっと調べてみると、どうやら日産(UD)の現存96MCには、
UAとRAってのがたくさん居る模様。

見分けられぬ......。

こういうのって分かってしまえば、なぜそれまで同じに見えていたかも疑問になるもんです。
フォグランプの形とか、後姿とか、エアコンとか、
あーこういう点を見れば私でも理解できるわーってところは把握できました。

私の強引な勧誘に乗っかって講師となってくださったHINO優さん、
当たり前のように貴重な資料を開示くださったハンズマンさん、
初心者の押さえるべきポイントを例示くださった脇山さん、特にありがとうございます。

そして今回も同じ時間を共有してくださったみなさん、
ありがとうございました。

次回は4月4日(水)朝から夕方まで、春休みの学生さんを主対象に、
第8回バス路線探検家の会(平日ひるま)を開催予定です。

定例会は4月13日(金)に、3月17日のダイヤ改正を踏まえて、
「乗りつぶしのための定番乗り継ぎ」「難乗区間の捌きかた」
に注目してみたいと思います。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

金武3205 原→「201博多駅」→今泉一丁目 nimoca280円
壱岐6237 天神北→「204生松台経由野方」→原 nimoca280円
  


Posted by ちょんびん at 23:58Comments(0)バス路線探検家の会

2018年03月09日

イオンモール筑紫野


改修が終わりまして、雨の日も快適にバスが待てる位置関係になりました、と言いたいところですが、
本当は待合室みたいなのがあって、密閉空間からバスの往来を見ることができれば、
外気温に影響されないので暑い日や寒い日も快適なんだろうに、とは思います。

来店客の殆どは自家用車で、バスで来る層はあまり大事にされてないのかもしれませんが。



まあ改修中の環境よりはマシなんでしょうね。

改装中
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1785075.html



西鉄仕様でないバス停。



と思ったら、後ろにありました。



イオンモール筑紫野。両方向が同一箇所に停車します。



こういう場合に、時刻表を並べるのはどうなんだろうと思います。



ピロティを走るバス。



けっこう乗りました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)二日市