地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年04月28日

バス路線探検家の会第10回目となりました。ありがとうございます。

第10回バス路線探検家の会
~九州エンパワーメント研究会福岡バス分会 サロンドちょんびん~

今回より、高校生の参加もOKにしてみます。※21時まで
開催日は毎月第二金曜日開催で変わりません。

■日時
2018年5月11日(金) 19時~23時 途中入場途中退室歓迎
※21時になりましたら、高校生以下の方は家の遠近に関わらず帰宅いただきます。

■内容
飲食自由のレンタルスペースで、バスの話をしながら懇親する会です。
バスマニアの人もそうでない人も、それぞれ自分を投影しながらバスを考えてください。

今回のテーマは「西鉄バスの愛しかた」で。
※少々誤解を生じかねないと判断しまして,タイトルを一部変更いたしております


■料金
500円/人(学生割引なし)
夕食は弁当持参でお越しください。アルコールは21時以降解禁で。

■場所
AIPカフェ
福岡市中央区大名1丁目14-28 紺屋2023 第一松村ビル302号室
http://npo-aip.or.jp/aipcafe

■定員
先着20名くらい

■参加表明
不要です、思いつきでお越しください。
万一満員になりそうな場合のみ、ツイッターやこの記事へのコメントで告知します。

■参加に関する注意事項
・中学生以下の方の単独参加をお断りします(今回は内容もR15系に寄せます)。
※成人している三親等以内の保護者同伴の場合、15歳未満の方は無料でご参加いただけます。

・会場は禁煙・火気厳禁です。

・駐輪場・駐車場はありません。
せっかくのバス会なので、できる限り公共交通でお越しください。
(そう言いつつ主催者は各種資材準備があるので時として車で行きます)
 
※特に厳しいルールを設定するつもりはありませんが、
タバコと駐輪に関しては他団体がトラブルになったことがありますので、
会存続を最優先に考え、ルールおよび当方の考える社会規範を守れない方は容赦なく出禁にします。

あくまで私的団体の集まりですので、イデオロギーの違いを議論するつもりはありません。
考え方に賛同できないのであれば、どうぞ私の居ないところで幸せに暮らしてください。

第11回は、2018年6月8日(金)を予定しています。
  


Posted by ちょんびん at 21:21Comments(2)バス路線探検家の会

2018年04月28日

西鉄を語ったり、あるあるを語ったり

ゴールデンウィークに入りましたね。

賞味期限の短い食品を扱う製造工場勤務としては、
直近までお客さんの要望にお応えしようとして、
自分の首を絞めているような気もします。

でもまあ、基本的に、わたくし社畜体質なんですよ。
誰かに求められると頑張りたくなるんです。
ほいで午後からイベント4つ掛け持ち+散髪。

阿呆です。

 志摩ハンドメイドマーケット
金武5989 原→「201博多駅」→別府橋
 散髪
壱岐9874 六本松→「204天神方面」→ソラリア
 西鉄を語る会20th
柏原9201 天神協和ビル→「51柏原営業所」→薬院二丁目
 山田全自動さんトークショー
早良4933 薬院大通→「17陽光台」→飯倉二丁目
 某所

  
タグ :西鉄バス


Posted by ちょんびん at 21:20Comments(0)行程表

2018年04月28日

岳間荒平集落での歓待


今回、荒平集落にお邪魔したのですが、事前に運営が連絡を入れていたところ、
当日朝に集落内放送で「西鉄の路線バスがやってくるぞ」という告知がなされたそうで、
ありがたいことにたくさんの方にお出迎えをいただきました。

そして運転士さんへの花束贈呈もあったりして。



こんな感じでバスを眺める方々。



だんだん復活祭が地域振興との親和性を見せ始めております。
これをちゃんとしたマネタイズ込みのコラボイベントにできていないのは当方の力不足です。

もともと西鉄バスの路線があった地域の方、
廃止になった路線の道路にバスを走らせてみたい方のご連絡をお待ちしております。
どれだけご要望にお応えできるかは未知数ですが、各地の観光協会観光連盟関係の方、
集客や地域アピールの手段として、バスマニアを呼んでみませんか笑。



ちょっとバス路線が元気だった時代の記憶を思い起こしていただくため、
バス車内に座っていただいて記念撮影。
そのまま岩野くらいまで走れれば、もっとよかったんでしょうけどねー。



ありがたいことに、公民館で歓待いただきまして、



参加者はお座敷で昼食タイム。



特産のお茶のふるまい。ありがとうございます。
こういうの飲むと、ああ美味しい日本茶ってほっこりするなあと思うのですが、
カフェインだかなんだか、利尿作用のある含有成分に過剰反応する体質のため、
このあと休憩ごとに尿意を解消することに追われます。



地元の銘水をつかった焼酎もご紹介しておきます。「岳間」。



食事風景。



旬の筍のおいしいことおいしいこと。



とまあ、前掲記事で公民館内からバスを撮った写真があったのは、
こうやって歓待をいただいたからなのでした。改めて現地の方々にお礼申し上げます。感謝。

■前掲記事「荒平巡回」
記事のURL: http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2041712.html



そして地元の方々がご覧になっているものに関しては、次の記事に引っ張ります。

■次の記事 多久岩野路線バスの記憶
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2041709.html
※29日朝公開予定です。それまではTOPページにアクセスします。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)久留米