地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年06月20日

戸井手


新宮よりの回送を見送ります。このあと津屋崎で折り返して、26Aの天神方面となります。



戸井手。新宮駅前への「5」も朝便は回送で送り込み。



光陽台や新宮駅への系統は福間駅へ寄るのですが、天神方面は右折しまして、



平日の朝だけ(帰り便は夕方だけ)運行される独自区間が26Aに存在するのです。



日祝は走りません。基本が通勤通学需要想定だからでしょう。



戸井手から向かって左側の線、グリーンタウン入口と福間小入口が独自区間のバス停です。



わずかな区間ではありますが、こういう独自部分をひとつずつ乗っていって、
完乗という自己満足が成されていきます。理由は必要ありません。衝動が湧くか湧かないかです。



津屋崎側バス停。



都心側の交差点。



ということで26Aが来まして、若いマニアさんがひとり、未乗区間をひとつクリアです。



お見送り。



右折した先が、独自区間です。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)宗像